JALカード CLUB-A ゴールドカード

ビジネスに旅行に飛行機をよく利用する方にオススメ!JALカード CLUB-A ゴールドカード

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
JALカード CLUB-A ゴールドカード
ポイントサービス名 ショッピングマイル・プレミアム(自動付随):100円=1マイル
ポイント最大還元率 4.00%
年会費(初年度) 16,000円(税別)、19,000円(税別)、28,000円(税別)
年会費(二年目以降) 16,000円(税別)、19,000円(税別)、28,000円(税別)
ETC年会費(初年度) 無料
ETC年会費(二年目以降) 無料
対応電子マネー

JALカード CLUB-Aゴールドカードは、JAL CLUB-Aカードに提携カード会社のゴールドサービスを兼ね備えたカード!

JALカードCLUB-Aゴールドカードは、JALカードの中でも人気の高い「JAL CLUB-Aカード」に、ゴールドカードのサービスが兼ね備わったカードです。

JAL CLUB-Aゴールドカードは、JAL CLUB-Aカードと比較して年会費が高いため、その点ばかりが注目されがちです。

しかし、JAL CLUB-Aゴールドカードは魅力がたくさん詰まった一枚となっています。

今回は、JAL CLUB-Aゴールドカードの魅力を徹底解説します!

JAL CLUB-Aゴールドカードのカードブランドは選べる?年会費は?

JAL CLUB-Aゴールドカードは、様々なカードブランドと提携しています。

カードを申し込む際は、提携ブランドの中から好きなブランドを選ぶことができます。

また年会費は、選択するカードブランドによって異なります

<年会費(税抜)>

VISA・マスタ-・JCB・JALカードSuica・TOKYU POINT ClubQ・OPカード
本会員:16,000円 家族会員:8,000円
アメリカン・エキスプレス・カード
本会員:19,000円 家族会員:8,000円
ダイナースカード
本会員:28,000円 家族会員:9,000円

JAL CLUB-Aカードでは選べなかった、「ダイナース」や「アメリカン・エキスプレス・カード」も選択できるようになっています。

ご自身のライフスタイルにぴったりのカードブランドを選べるのも、嬉しいポイントですね。

ショッピングマイル・プレミアムが自動付帯、マイルが貯めやすい

JAL CLUB-Aゴールドカードは、日常のお買い物やレストラン、旅行、電気・ガス・水道などの公共料金や、携帯電話の支払いなど、様々な場面でのクレジット払いに利用することができます。

通常、JAL CLUB-Aゴールドカード以外の一般的なJALカードで支払いをすると、「200円=1マイル」が貯まります

日々のお買い物でさらにマイルを貯めたい場合には、カード年会費に3,000円(税別)をプラスして、「JALカード ショッピングマイル・プレミアム」に入会し、「100円=1マイル」、つまり通常の2倍マイルを貯めるコースを選択することも可能です。

実はJAL CLUB-Aゴールドカードには、カード年会費の中に「ショッピングマイル・プレミアム」の年会費もすでに含まれているため、JAL CLUB-Aゴールドカードで支払いをするだけで、いつでも「100円=1マイル」の還元率で、マイルをドンドン貯めていくことができます。

年会費の面で見てみると、

<JALカード CLUB-A(VISA)の場合>

本会員:10,000円(本会員年会費)+3,000円(ショッピングマイル・プレミアム)=13,000円

<JALカード CLUB-Aゴ-ルド(VISA)の場合>

本会員:16,000円(ショッピングマイル・プレミアム年会費込み)

JAL CLUB-Aカードに年会費をたった3,000円追加するだけで、マイル高還元率のカードを所有することができます。

フライトで貯める!ボーナスマイルはどれくらいもらえるの?

JALカードには、それぞれのカードのグレードによって、フライトで貯まるボ-ナスマイルが設定されています。

JAL CLUB-Aゴールドカードの場合、以下の通りです。

< 獲得ボーナスマイル一覧 >

・入会後はじめての搭乗で、入会搭乗ボーナス5000マイル

・入会搭乗ボ-ナス獲得年の翌年以降、毎年初回搭乗ボーナス2000マイル

・搭乗ごとのボーナスフライトマイル25%プラス

JAL CLUB-Aゴールドカードに入会後1回、翌年にも1回飛行機に乗れば、フライトマイルが7000マイル貯まりますので、余裕で羽田−伊丹の特典航空券(片道)に交換できる計算となります。

CLUB-Aゴールドカードで、カードラウンジが利用できる!

CLUB-Aゴールドカードを持っていれば、空港にある提携カード会社の会員専用ラウンジを利用することができます。

羽田や成田、伊丹や関西国際空港、新千歳などの主要空港をはじめ、地方空港にもカードラウンジがあれば、利用することができます。

ラウンジ内には、化粧室、喫煙室の他、フリードリンクサ-ビスや無線LAN、新聞・雑誌が完備されています。

旅行や出張など、出発前にラウンジでゆったりとした時間を過ごすことができれば、快適な旅のスタ-トとなりそうですね。

ただしJALユーザーに人気のサクララウンジは、上級会員専用ラウンジのため、残念ながらCLUB-Aゴールドカードを保有しているだけでは、利用することができません

サクララウンジを利用したい場合、羽田空港のみ、かつ入室料が3,000円(税別)かかりますが、事前予約サービスを利用すれば、入室することができます。

JAL CLUB-Aゴールドカードは、会員限定サ-ビスが充実

JALビジネスクラス・チェックインカウンターを利用できる

JAL CLUB-Aゴールドカード会員は、国際線を利用する際、JALビジネスクラス・チェックインカウンターを利用することができます

通常、エコノミークラスのチェックイン窓口は混雑していることが多いため、海外旅行へ出発する際、長い行列に並ぶことなくスムーズに手続きすることができます。

対象運賃は正規料金以外にも、割引のエコノミークラス運賃や特典航空券も対象のため、海外出張の多いビジネスパーソンにもオススメです。

ただし同伴者がいる場合、同伴者もCLUB-Aカード以上を保有していないとビジネスクラス・チェックインカウンターの利用はできないこと、他社運航のコードシェア便でのカウンター利用ができないことに注意が必要です。

JAL CLUB-Aゴールドカードの国内&海外旅行保険が充実している

JAL CLUB-Aゴールドカード会員は、JALカードに付帯されている充実した旅行保険を利用することができます。

CLUB-Aカードの保険は、選択するカードブランドによっても異なりますが、

「傷害死亡保険=5,000万円〜1億円(海外旅行)/5,000万円(国内旅行)」

「傷害後遺障害=150万円〜1億円(海外旅行)/150万〜5,000万円(国内旅行)」

「傷害・疾病治療保険=150〜300万円(海外旅行)」

「傷害入院日額=10,000円/日(国内旅行)」

「賠償責任=2,000万円〜1億円(海外旅行)」

「救援者費用(年間限度額)=150万円〜400万円(海外旅行)」

など、短期旅行には十分すぎる補償内容となっています。

さらに、JAL CLUB-Aゴールド会員限定サービスとして、

・JALカード海外航空便遅延お見舞金制度(国際線の出発遅延、欠航、パスポート紛失などに対してお見舞金が支払われる制度)

・ショッピング保険(商品の盗難や破損などを補償する保険)

・JALカードゴルファー保険(ゴルフプレー中の損害賠償・傷害を補償する保険)

を利用することもできます。

旅行に行く度に保険に加入する面倒がない上、カードを保有しているだけで補償を受けることができ、さらには海外旅行での心配事もまとめて補償してくれる、コストパフォーマンスに優れたカードと言えるでしょう。

JALの会員誌や、オリジナルカレンダーがもらえる

JAL会員誌「アゴラ」は、定期購読する読者もいるほど人気の情報誌です。

通常、定期購読する場合、JAL普通カード会員は約3,500円の年間購読料を支払う必要がありますが、JAL CLUB-Aゴ-ルド会員は無料購読することができます。

さらに毎年JALからカレンダーが送られてくるサービスもありますので、利用しない手はないですね。

JALビジネスきっぷ、JALパック、JALホテルなど会員限定の割引がある

JAL CLUB-Aゴールド会員であれば、当日でも予約・変更ができる割引航空券「JALビジネスきっぷ」を利用することができます。

また、お得なパッケージツアーのJALパックや、JAL系列のホテル宿泊費がお得になるサービスもあります。

JALグローバルクラブ(JGC)に入会するなら、JAL CLUB-Aゴールドが良い?

JALグローバルクラブ(JGC)とは、1年間のJALグループ便およびワンワールドアライアンス加盟航空会社便に搭乗した回数や、搭乗で貯まるポイント(FLY ON ポイント)の条件を満たした方のみが入会できる、JALのお得意様専用クラブです。

JGC会員は、サクララウンジを無料で利用できたり、空港で専用カウンターや保安検査場の専用レーンを利用できたりするので、ビジネスパーソンの憧れのステイタスとも言われています。

JGCに一度でも入会すると、JALカード会員であり続ける限り半永久的にJGC会員のステイタスを保有することができるので、1年間だけ搭乗実績を積み上げられるのであれば、狙ってみてはいかがでしょうか。

JGCの注意点としては、保有するJALカードのグレードが「JAL CLUB-Aカード」以上となっています。

もしJALカード(一般)を持っている方がJGCを狙うのであれば、カードの切り替えが必要となります。

JGCは、CLUB-A以上で入会可能となっているものの、充実したサービスの恩恵を受けられることもあり、ゴールドを選択される方も多いようです。

JAL CLUB-Aゴールドカードのメリットとデメリットは?

メリットは、「カードのサービスが充実している」という点でしょう。

通常のJAL CLUB-Aカードのサ-―に加え、ゴールド会員としてのステイタス、ラウンジ利用、マイルの高還元率など、JALカード(一般)では得られないメリットがたくさんあります。

デメリットは、やはり「年会費が高い」という点です。

JAL CLUB-Aゴールドカードの年会費は、CLUB-Aカード+ショッピングマイル・プレミアムの合計年会費と比較すると約3,000円高くなります。

そのため、「飛行機にそこまで乗らない」、「マイルを貯めることが目的」ということであれば、CLUB-Aカードにショッピングマイルを付帯した方が良さそうです。

まとめ

JAL CLUB-Aカードと、JAL CLUB-Aゴールドカードは、見た目も似ていることから、あまり違いが分からないという方も多いと思います。

しかし、ゴールドカードのサービスメリットがあること、保険内容が充実していること、カードラウンジが利用できることなどを正しく理解することで、本当に必要な内容を見極め、ご自身にぴったりの一枚を選択することができます。

ビジネスパーソンにとっては、痒い所に手が届く一枚となっているJAL CLUB-Aゴールドカードを、あなたの旅のパートナーとして検討してみてはいかがでしょうか?

JALカード CLUB-A ゴールドカードの概要

ポイントサービス名 ショッピングマイル・プレミアム(自動付随):100円=1マイル
ポイント最大還元率 4.00%
年会費(初年度) 16,000円(税別)、19,000円(税別)、28,000円(税別)
年会費(二年目以降) 16,000円(税別)、19,000円(税別)、28,000円(税別)
ETC年会費(初年度) 無料
ETC年会費(二年目以降) 無料
対応電子マネー
利用限度額 各提携カードにより異なる
キャッシング限度額 各提携カードにより異なる
ショッピング限度額 各提携カードにより異なる
最短発行日 約3週間
国内旅行傷害保険 最高5,000万円
海外旅行傷害保険 最高5,000万円
ショッピング保険 年間300~500万円(購入日から90日間補償)
紛失盗難補償制度 紛失・盗難の届け日を含め60日前にさかのぼり規定に基づいて補償
申込資格

20歳以上で、本人に安定した収入のある方(学生を除く)

JALダイナースカードは原則として27歳以上で、安定継続収入のある方

記事検索

カード検索

カード絞り込み検索

新着記事

PAGE TOP