ビックカメラSuicaカード

ビックカメラ・コジマ・ソフマップで高ポイント!ビックカメラSuicaカード

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
ビックカメラSuicaカード
ポイントサービス名 ビックカメラのビックポイントと、JRE POINTの2種類が貯まる。
ポイント最大還元率 11.5%(ビックカメラでSuica支払)
年会費(初年度) 無料
年会費(二年目以降) 一度も使わないと翌年477円(税別)

ビックカメラSuicaカードは初年度年会費無料!翌年度も実質無料で利用可能


ビックカメラSuicaカードは、ビックカメラのポイントカード&Viewカード(Suica)、2つの機能が付属したクレジットカードです。

2つの機能を持ちながら、発行手数料は無料であり、年会費も初年度無料で利用できます。

2年目以降は年会費「477円(税抜)」が発生するものの、年1回でも利用すれば年会費は無料となります。

もちろん、利用金額に制限はなく例え、缶ジュース1本をビックカメラSuicaカードで購入しても翌年の年会費は無料になります。

そのため、ビックカメラSuicaカードは初年度のみならず翌年も実質無料で利用できるのです。

入会&利用キャンペーンも実施中!2019/1/31まで!

最大8,000ポイントもらえるお得なキャンペーンが行われています!
キャンペーンについて詳しくはビックカメラSuica公式ページをチェック!

ビックカメラSuicaカードは家族カードの発行不可能!ETCカードの年会費は?


ビックカメラSuicaカードで家族カードを発行したい!と思っても、残念ながら家族カードはありません

ETCカードは発行可能ですが、利用回数や金額にかかわらず「年会費:477円(税抜)」が発生するため、維持費を少しでも抑えたい方は年会費のかからないETCカードを発行しましょう。

ビックカメラSuicaカードはポイント還元率が高い!?通常利用でもお得に使える優れもの

ビックカメラSuicaカードでViewポイント&ビックカメラポイントが貯まる

ビックカメラSuicaカードを利用するごとに、ポイントが貯まります。

他のクレジットカードでは1つのポイントのみ、貯まるのが多い中、ビックカメラSuicaカードは「Viewポイント」「ビックカメラポイント」両方が貯まるのです!

気になる還元率は、通常ショッピングや公共料金等の支払い「1,000円」につき「Viewポイント:2ポイント(5円相当)」「ビックカメラポイント:5ポイント(5円相当)」

つまり、1,000円につき実質10円相当のポイントが貯まりますので、ポイント還元率は1%になります。

クレジットカードのポイント還元率0.5%が多い中、裏技を使わなくても1%の還元率を実現できるのは素晴らしいポイントです。
※ポイント有効期限は、獲得した日より2年間になります

ビックカメラSuicaカードで切符&定期券購入でポイント3倍!

ビックカメラSuicaカードは、切符や定期券と言った「Viewプラス」に対応した商品に強い1枚です。

と言うのも、対象の商品をビックカメラSuicaカードで購入すれば、ポイント還元率が3倍の「1.5%」にアップするからです。

対象は下記に紹介する商品になります。

・乗車券、特急券、回数券、定期券
・特別企画乗車券
・携帯電話等による「えきねっと」からのライナー券予約
・Suica定期券、Suicaカード
・ビューカードによるSuica入金(チャージ)
・オートチャージ
・モバイルSuica、またはSuicaアプリケーション(チャージ、オートチャージ、モバイルSuica特急券、モバイルSuica定期券、モバイルSuicaグリーン券)
・JR東日本国内ツアー

このように、ポイントアップする商品が多数用意されています。

また、Suicaチャージ&オートチャージも対象のため、Suicaを利用する方もお得にポイントが貯められるでしょう。

特急券や回数券、高額な定期券も対象ですので、ビックカメラSuicaカードを作成したら存分に交通系の商品に活用していきましょう。

※ポイント3倍になるのは「Viewポイント」のみです

ビックカメラSuicaカード×ビックカメラでポイント還元率11.5%を実現


ビックカメラSuicaカードで最もポイント還元率の高い使い方は「ビックカメラ」で利用することです。

しかし、ただ単に利用してはビックカメラポイント10%のみとなります。

そこであなたに、覚えていただきたいのが「Suicaチャージ」&「Suica支払い」の合わせ技です。

先に紹介したように、Suicaへチャージするとポイント還元率が3倍の1.5%にアップします。

その上、ビックカメラポイントが10%還元のため、合わせると11.5%のポイント還元率を実現するのです。

11.5%にする方法は非常に簡単ですので、一緒に見ていきましょう。

①:支払い前に購入代金分をSuicaへクレジットチャージします
②:チャージが確認できましたら後は、Suicaで支払えば完了です
③:最後に、Suicaでの支払いになっているか確認し、問題なければ11.5%のポイントを獲得です

このように、難しい方法ではなくどなたでも簡単にできます。

もしビックカメラでショッピングを楽しむ際には、上記の方法を活用していきましょう。

ビックカメラSuicaカードをWEB明細登録で毎月20ポイントGET


ビックカメラSuicaカードの利用明細を紙明細ではなく、WEB明細にすることをおすすめします。

理由として、WEB明細にするだけで毎月、Viewポイントが「20ポイント」プレゼントされるからです。

もちろん、WEB明細登録以外に他のサービスへの加入や登録は一切不要。

登録するだけで毎月20ポイントプレゼントされますので、ビックカメラSuicaカードを作成したらWEB明細を利用しましょう。

ビックカメラSuicaカード×Apple Payで常時1.5%ポイント還元率を実現

また、ビックカメラSuicaはApple Payと相性がとてもいいのです。

Apple Payに登録すれば財布からクレジットカードを出さずに、iPhoneやApple Watchで簡単に決済できます!

とは言え、登録したビックカメラSuicaカードをそのまま利用すると「ビックカメラポイント:0.5%」「JREポイント:0.5%」合計1%のためお得感が薄れます。

そこでおすすめしたいのが、Apple Payの中でビックカメラSuicaカードのSuicaにクレジットチャージし、決済する方法です。

ビックカメラSuicaカードは先に紹介したように、Suicaへクレジットチャージすると「1,000円=15JREポイント」ポイント還元率が3倍にアップします。

つまりSuicaチャージ→Suica払いをApple Payの中で行うと、常に1.5%のポイント還元率を実現できます。

登録方法・使い方は至って簡単です。

・Apple PayにビックカメラSuicaカードを登録
・登録が完了したら「Walletアプリ経由」でSuicaにクレジットチャージを行う
・すると、ポイントの変動はなく常に「1,000円=15ポイント(通常の3倍)」の還元率を実現
・後はチャージした金額で支払えばOKです。

このように利用すれば、財布やクレジットカードを持たなくとも簡単に決済できますしポイントもお得に貯まります。

Suicaで支払える店舗であれば、この方法を大いに活用できますので存分に使っていきましょう。

ビックカメラの店舗ではビックカメラSuicaカード単体、Suica払いがおすすめ!

「ビックカメラの店舗なら、さっきの方法を利用しなくてもポイント還元率11.5%になるのでは?」

と思いたいところですが、Apple Payの支払いでは11.5%になりません。

残念ながらApple Payの場合、どの支払方法でも適用される「ビックカメラポイント:0.5%」「JREポイント:0.5%」になるのです。

しかし、先に紹介したApple Pay内の「Suicaチャージ→Suica支払い」を利用すれば、チャージ分の1.5%、ビックカメラポイント10%が獲得できます。

また「ビックカメラSuicaカード」を利用すれば、間違いなく11.5%を実現します。

したがって、ビックカメラの店舗で決済する場合、ビックカメラSuicaカードを使うか、Apple PayのSuica払いを利用しましょう。

Viewカード間でポイント移行・合算できる「移行サービス」を実施


ビックカメラSuicaカードに限らず、Viewカードを所有している夫婦、または家族であればポイントを移行・合算できる「移行サービス」が利用できます。

例えば、夫婦間で別のViewカード(例:夫はビックカメラSuicaカード、妻はルミネカード)を利用している場合、お互いの利用シーンによって効率よくポイントを貯められます。

嬉しいことに100ポイント以上から1ポイント単位で移行・合算できますので、夫婦や家族でViewカードを利用しているなら、移行サービスを上手に使ってみましょう。

ビックカメラSuicaカードはViewカードの特典&優待も利用可能


ビックカメラSuicaカードがあれば、Viewカードの特典や優待を利用できます。

この特典や優待は、飲食店のみならずホテルやレンタカー、カラオケやショッピング等、幅広く用意されています。

では、その特典の数々を一部抜粋して紹介していきます。

●カラオケ・ダイニング
・ビッグエコー:「一般料金よりルーム料金30%OFF」もしくは、「ドリンクバー付・飲み放題コース 会計総額より10%OFF」

●ホテル
・JR東日本ホテルズ:宿泊基本料金が最大20%割引、直営レストラン・バー 基本料金最大10%割引、チャックアウト12時まで無料
・東急ホテルズ:10%OFF

●レンタカー・バス
・駅レンタカー:基本料金より10%OFF
・ジェイアールバス関東:乗車日当日の東京駅~名古屋駅間の夜行バスの乗車券を発売窓口で購入。ビューカードで支払うと、片道普通運賃(当日の割引運賃を除く)より10%割引

●ショッピング
・ロッテ免税店 銀座:「VIPシルバーカード」を即時発行。商品購入時に提示すると最大10%OFF。また、2万円以上買物をすると、1,000円分のギフト券をプレゼント。

等々、この他にもビックカメラSuicaカードで割引や特典がある店舗が数多くあります。

Viewありがとうクーポンの見逃しNG!

ビックカメラSuicaカードの利用明細と共に、送付されるのが「Viewありがとうクーポン」です。

このクーポンは、記載されている店舗で利用すると割引やプレゼント、またはドリンクなどのサービスを受けられます。

記載されている店舗は毎回ランダムですが、時にはスターバックスやドトールと言った、有名店舗のクーポンが出ていることもあるのです。

ビックカメラSuicaカードを発行した後、Viewありがとうクーポンの見逃しは絶対にNGですよ。
※ビックカメラSuicaカードをWEB明細にしている場合、マイページのVIEW’s news上に掲載されています

ビックカメラSuicaカードに国内・海外旅行傷害保険が付帯!

ビックカメラSuicaカードは実質、年会費無料ながら国内・海外旅行傷害保険が付帯されています。

国内は最大1,000万円、海外は最大500万円の旅行傷害保険が付帯しています。

国内に限り、旅行代金や旅行の交通費をビックカメラSuicaカードで支払わないと保険を利用できない「利用付帯」ですが、海外は支払いをビックカメラSuicaカードでなくても適用される「自動付帯」です。

国内・海外どちらも、いつトラブルに巻き込まれるか分かりませんし、急に体調を崩すこともあります。

そうなっても、ビックカメラSuicaカードなら保険が付帯していますので、もしもの事態に対応するカードを探しているならおすすめですよ。

不正利用時も安心!ビックカメラSuicaカードは全額補償


ビックカメラSuicaカードに限らず、クレジットカードはいつでも第三者に狙われています。

盗難に限らず、インターネット上からあなたのカード情報を狙ってくることもあり、もし情報が流出したら不正利用される危険性があります。

もしビックカメラSuicaカードが不正利用されても、慌ててはいけません。

カード会社に届ければ、届け日より60日前にさかのぼり、その日以降に不正利用された分を全額補償してくれるからです。

もちろん、自己負担は一切ありませんので、不正利用された際も安心ですね。

ビックカメラSuicaカードは即日で仮カードの発行可能

ビックカメラSuicaカードそのものを即日発行することは不可能ですが、「仮カード」であれば、即日発行できます。

仮カードは発行した店舗のみ(ビックカメラ・コジマ)で利用できるカードであり、限度額や機能に制限はありますが、ビックカメラSuicaカードと同じように利用できる優れものです。

対象のビックカメラ店舗に足を運び「本人確認書類」「銀行キャッシュカード」を持参し、必要書類に記載すれば完了です。

店頭で仮審査が発生し、問題なければ即日仮カードが発行され利用できます。

仮カード発行から約2週間後、ビックカメラSuicaカードが指定の住所に届きます。

以上のように、ビックカメラSuicaカードは即日で仮カードを発行できますので、すぐにビックカメラでショッピングを楽しみたいなら発行してみましょう。
※仮審査、本審査で通過できない場合、仮カードの発行及びビックカメラSuicaカードは発行されません。

ビックカメラSuicaカードのデメリットは?

ビックカメラSuicaカードに定期券がない


ビックカメラSuicaカードは非常に魅力的なクレジットカードですが、交通系クレジットカードながら「定期券」が搭載できません

「Suica」のみ利用できますが、定期券が必要な場合、別に定期券を作る必要があります。

定期券購入時、先にも紹介しましたが3倍の「1.5%」にポイントアップしますので、お得に定期券は購入可能です。

しかし、一体型にできないため財布やカードケースのスペースをとってしまうのはデメリットと言えるでしょう。

ビックカメラSuicaカードにショッピング保険がない

もう1つデメリットを挙げるなら「ショッピング保険」が付帯されていないところです。

ショッピング保険があると、偶然の事故による損害、または盗難や火災等によって商品が盗まれた・破損した場合に補償してくれます。

期限や補償額、自己負担額はクレジットカード会社によって異なりますが、あるとないとでは安心感が違います。

しかし、ビックカメラSuicaカードにはショッピング保険がないのは痛いポイントです。

もし、国内や海外で購入した商品を補償するショッピング保険を利用したいなら、他のクレジットカードをおすすめします。

まとめ

ビックカメラSuicaカードは、交通系クレジットカードの中で最も優秀な1枚と言えます。

切符や定期券、Suicaへのチャージでもポイントアップし、ビックカメラで利用すればなんと11.5%のポイント還元率を実現するのです。

その上、Viewカードが持つ特典や優待を、ビックカメラSuicaカードでも同様に利用できるのは大きな強みです。

そのため、もしあなたが電車でお得なカードを探している、またはビックカメラでお得にショッピングを楽しみたいならビックカメラSuicaカードを強くおすすめします。

ビックカメラSuicaカードの概要

ポイントサービス名 ビックカメラのビックポイントと、JRE POINTの2種類が貯まる。
ポイント最大還元率 11.5%(ビックカメラでSuica支払)
年会費(初年度) 無料
年会費(二年目以降) 一度も使わないと翌年477円(税別)
キャッシング限度額 顧客による
ショッピング限度額 顧客による
最短発行日 約10日間(土日祝日含む) ※郵送の場合、約2週間
国内旅行傷害保険 最大1,000万
海外旅行傷害保険 最大500万
申込資格 日本国内にお住まいで、電話連絡のとれる満18歳以上の方。 未成年の方は親権者の同意が必要。ただし、高校生の申し込みは不可。

カード検索

カード絞り込み検索

新着記事

PAGE TOP