電子マネー

知らないの!?iD決済×クレジットカードでお得を実感!おすすめクレカ紹介

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

iD決済でおすすめのクレジットカードはどれか迷っている方に朗報です!この記事では、iD決済を120%満足&お得になるクレジットカードを紹介します。

iD決済とは、クレジットカードを利用したポストペイ(後払い)方式のキャッシュレス決済です。クレジットカードに紐づくため、iDで決済した分はクレカの明細で確認できます。SuicaやICOCA、nanacoやWAONのように事前にチャージする必要がありません。

クレジットカードにiDの機能がついてる一体型やスマートフォンのGoogle Pay、Apple Payに登録して利用するスマート決済型の2つがあります。

支払いはとても簡単。レジで「iD決済します」と店員さんに伝え、iD決済対応店舗の専用端末にクレジットカードやスマートフォンをかざすだけで完了です。

キャッシュレス決済に欠かせないiDを使いこなすためにこれより、iD決済におすすめのクレカを紹介していきます。

【三井住友カード】8月31日まで!ApplePayでiD支払いすれば2,000円分がタダ!

期間限定ですがお得なキャンペーンを開催しているのが「三井住友VISAカード」です。

しかも対象のカードは幅広く、25歳までのデビュープラス、超定番のクラシック、女性向けのアミティエ、20代限定のプライムゴールド、そしてゴールドカードと5種類もあります。

iPhoneの「ウォレット」アプリから三井住友VISAカードを登録し、キャンペーンに登録後、iD決済に使うだけ。利用金額の2,000円分が値引きされます。

更に、「セブンイレブン」「ファミリーマート」「ローソン」「マクドナルド」でApplePayのiDを利用するとポイントが合計10倍に!

どのカードも年会費が初年度無料です。このチャンスに便利なスマート決済を体験してみませんか?

【dカードゴールド】iD付帯&ポイント還元率が最大10%!ドコモユーザー必見のクレジットカード


もしあなたが「docomo」ユーザーなら、ドコモが発行する「dカードゴールド」を発行しましょう。

dカードゴールドは、年会費10,000円+税と高額ながら、クレジットカード本体にiD機能が付帯している便利な1枚です。

そのため、クレジットカードが届いたその日から、iD決済を堪能できます。更にカードが届く前に、審査が通ればスマホにiD登録することで一足先にiD決済が可能なのです!

しかもdocomoユーザーが「待ってました!」と感じる嬉しい特典が勢揃いです!

・100円=1dポイントが貯まる(加盟店で1dポイント=1円で利用できます)

・dカードゴールドで購入したスマートフォン、携帯電話を3年間、最大10万円まで補償。
※ただし、補償を受けるなら「docomo」が定める店舗での購入が必須です。

・ドコモのスマートフォン、携帯電話料金、ドコモ光の支払いが10%ポイント還元
(例)毎月1万円ですと「1,000dポイント」還元

・海外旅行傷害保険が最高1億円

等々、docomoユーザーに手厚い補償とお得を提供します。

当然、iD決済でも「100円=1dポイント」の高還元率は変わりませんので、便利で使い勝手の良いdカードゴールドを存分に活用しましょう。

【イオンJMBカード(JMB WAON一体型)】JALマイル&WAONポイントが貯まる|イオン利用者待望のクレジットカード


イオングループをいつも利用しているなら「イオンJMBカード(JMB WAON一体型)」を発行しましょう。

イオンJMBカード(JMB WAON一体型)は「200円=1JALマイル」貯まり、毎月5日・15日・25日の「お客さまわくわくデー」は「200円=2JALマイル」にアップ!

その上、毎月20・30日「お客様感謝デー(5%OFF)」や、55歳以上限定で毎月15日に開催される「G.G感謝デー(5%OFF)」も利用できます。

無論、イオンJMBカード(JMB WAON一体型)を、スマートフォンのiD決済に登録できますので、スマホ1台あればイオングループで財布無しでもショッピングを楽しめ明日。

年会費無料ながらJALマイルが貯まり、イオングループでお得になるクレジットカードを発行してみては?

【dカード】iD決済が即日使える!特約店でポイントアップ&割引を実現


続いて紹介するのは、ドコモが発行する「dカード」です。

dカードの魅力や特徴を簡潔に紹介すると、下記の3点が挙げられます。

1.100円=1dポイントが貯まる高還元率クレカ

2.ローソン、ノジマ電機等、優待店舗でポイントアップや割引を受けられる

3.最短5分で審査が完了するため、審査通過後にスマートフォンに登録すれば即使える

dカードで貯まるdポイントは、dポイントが使える店舗で「1dポイント=1円」で使えますので、携帯料金やショッピング、各種支払いで貯まったポイントで支払い可能。

そしてローソンでは、上記のように実質5%お得になるキャンペーンを展開しており、他店でもポイントアップや割引を用意しています。

更に「dカードをすぐ使いたい!」そんなあなたのために、即日利用できるサービスが使えます。

最短5分で審査が完了し、無事通過すればAndroidなら「おさいふケータイ」iPhoneなら「Apple Pay」にdカード情報を登録することで、スマートフォンによるiD決済が可能になります。

ポイント還元率が高く、iD決済を即日利用したい方におすすめの1枚です。

iD決済の疑問を解消!使える店舗は?Apple Payとの紐付とは?

iD決済は限度額がある?限度額はいくらまで?


iD決済はもともと、後払い方式を採用しているため紐づけした「クレジットカード本体」の限度額が、あなたが使うiD決済の限度額になります。

例えば、Aカードの限度額が「50万円」の場合、iD決済に登録すると「50万円」がそのまま限度額になります。

ですがiD決済分として別枠があるわけではありません。iD決済に利用しているクレカで様々な支払いをし、利用限度額になると紐付したiDも使えなくなります。

数枚のクレジットカードを持っているなら、別のクレジットカードに紐付すれば良いですが、1枚だけでしたら利用金額に十分注意しましょう。

iDが使える店舗はどこ?利用できる店舗の見分け方は?

iDが使える店舗の見分け方として「iDマーク」があるかどうか、確認しましょう。

iDマークは、上図のようにシンプルなデザインが店頭、またはレジ前に提示されています。

もし店頭、レジ前で確認できればiD決済が使えますので存分に活用しましょう。

ちなみに、セブンイレブンやファミリーマート等の大手コンビニチェーン、イオングループやセブン&アイHDと言った大手ではホームページに決済方法が記載されていますので、利用前に確認するのも良いでしょう。

iD決済とApple Payは何が違う?おさいふケータイとの違いは?

「iD決済とApple Pay、それにおさいふケータイがあるけど何が違うの?」

確かに、iD決済以外にiPhoneなら「Apple Pay」Android端末なら「おさいふケータイ」がありますね?

実は3種類の決済方法、どちらも構造や仕組みは同じであり、違いはサービス名だけです。

そもそも、iD/Apple Pay/おさいふケータイの3種類は、Sonyが提供する非接触ICカード技術「Felica(フェリカ)」を利用しています。

あなたが使うSuicaやnanaco、ホテルのカードキーの殆どがこの技術を利用しており、無論スマートフォンでも活躍中です。

つまり技術的な面は同じであり強いて違いを挙げるなら、各社が提供するサービスに違いがあるだけです。

そのため「iD決済」が使える場所でしたら、同じ構造や仕組みを持つApple Pay、またはおサイフケータイが使えますので覚えておきましょう。

まとめ

いかがでしたか?

iD決済に使うクレジットカードを、ただ闇雲に選ぶと、残念ながらお得を実感できません!

しかしこの記事で紹介したクレジットカードを選ぶことで、あなたのiDライフをお得にし、なおかつ各クレジットカードで使える特典達を味わえるでしょう。

したがって、iDを使いたいだけで雑に選ばず、お得を実感できるクレジットカード、またはあなたのニーズを満たすクレカを発行しましょう。

カード絞り込み検索

記事検索

カード検索

カード絞り込み検索

FPコラム

アンケート調査

PAGE TOP