ETCカード

2019【ETC乗り放題】ETC限定の高速道路割引「周遊パス・フリープラン・ドラ割(ドラぷら)」が続々登場!GWにお盆や夏休み、秋休みで利用可能!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

あなたは高速道路で利用できる「周遊パス・フリープラン」「ドラ割」(ドラぷら)を知ってますか?

対象の高速道路なら何回利用しても料金が一定で乗り放題になるサービスです!当日だけでなく、プランによって2~3日間、中には1週間近い期間を一定額で乗り放題になるプランもあります。

面倒な手続きも必要なく、申し込むだけ。インターネットとETCカードがあれば、たった5分で申し込み完了です。

はっきり言って、使わないと損です!

北海道、東北、中国、西日本、九州…。

今では続々と新しい高速道路の周遊パスが登場し、自動車のみならずバイクにもその波が押し寄せています。

2019年の高速道路ETCの周遊パス・フリープラン(東日本はドラぷら・ドラ割)、自動車やバイクの乗り放題定額プランの紹介から、簡単にできる申し込み方法、そしてお得で使いやすいクレジットカードまで幅広く紹介していきます。
周遊パス・フリープラン(北・東日本はドラぷら・ドラ割)は事前申込が必要で、ETCが付いてない車は利用できません。

また、申し込みにはETCカードが必要になりますのでご注意ください。

目次

北海道《ドラ割》2019北海道観光ふりーぱす

最初に紹介するのは、北海道の主要高速道路を網羅したドラ割「北海道観光ふりーぱす」(ドラぷら)です。
2019年4月5日(金)~11月5日(火)までの期間中、プランによって最大14日間、対象の高速道路を利用できる周遊プランです。

用意されている3つのプラン「週末プラン」「ゆったりプラン」「フェリープラン」を見ていきましょう

●週末プラン
こちらのプランは、期間中の2019年4月5日(金)~11月5日(火)のうち、土日祝日等、連続する期間を最大3日間乗り放題できるプランです。

普通自動車:7,900円 軽自動車:6,300円

※土日祝日だけでなく、ゴールデンウィークやお盆休み、シルバーウィークと言った長期間の休日も利用可能です。

●ゆったりプラン
ゆったりプランは2019年4月2日(金)~11月5日(火)のうち対象期間内であれば平日・休日問わず最大6日間対象の高速道路を乗り放題できるプランです。

4日間 普通自動車:10,500円 軽自動車:8,000円
5日間 普通自動車:11,500円 軽自動車:9,000円
6日間 普通自動車:12,500円 軽自動車:10,000円

●フェリープラン
フェリープランは、車でフェリーに乗り「本州から北海道」へ旅行する方限定のプランです。

期間内であれば平日・休日問わず最大14日間対象の高速道路を乗り放題できます。

※フェリープランは周遊料金のみでありフェリー料金は含まれておりません。別途、フェリー料金が発生します。

北海道観光ふりーぱすは、上記3つのプランの中から選べますので、あなたのニーズに合ったプランがきっと見つかることでしょう。その上、こちらのプランはゴールデンウィークやお盆休みと言った、長期休暇も利用できるのはありがたいことです。

北海道にお住まいの方や近隣の方でしたら週末プラン。旅行や観光でレンタカーを利用する、またはマイカーをフェリーに載せて北海道を満喫したいなら「ゆったりプラン」や「フェリープラン」がおすすめですよ。

対象エリアは?

北海道観光ふりーぱすの対象エリアは、下記に紹介するエリアが対象です。

●道央自動車道(E5)
・大沼公園IC~苫小牧東IC
・苫小牧東IC~千歳恵庭JCT~札幌JCT
・札幌JCT~深川JCT~士別剣淵IC

●道東自動車道(E62)
・千歳恵庭JCT~帯広JCT
・帯広JCT~本別JCT
・本別JCT~阿寒IC

●深川留萌自動車道(E62)
・深川JCT~留萌大和田IC

●札幌自動車道(E5A)
札幌JCT~小樽IC

●日高自動車道(E63)
・苫小牧東IC~日高厚賀IC

このように、北海道の主要高速道路を周遊できますので、札幌市内に限らず小樽や余市観光。更には旭川や帯広方面の観光にも活躍します。

あなたも高速道路を利用した観光を楽しむなら、周遊プランは絶対外せませんよ!

《ドラ割》2019東北観光フリーパス

東北地方の高速道路や有料道路を利用するなら、東北観光フリーパスを見逃すのは御法度ですよ!
①2019年4月5日(金)~2019年4月25日(木)
②2019年5月8日(水)~2019年8月8日(木)
③2019年8月20日(火)~12月25日(水)
のうち、連続する最大2~3日間、対象の東北地方の高速道路を周遊できます。

このフリーパスは3種類に分かれています。

●北東北3県周遊プラン
北東北の高速道路・有料道路のみ利用できる周遊プラン。


・2日間(週末):普通車 7,000円 軽自動車 5,500円
・3日間(全日):普通車 8,500円 軽自動車 7,000円

●南東北3県周遊プラン
南東北の高速道路・有料道路のみ利用できる周遊プラン。


・2日間(週末):普通車 6,000円 軽自動車 4,500円
・3日間(全日):普通車 7,500円 軽自動車 6,000円

●東北6県周遊プラン
南東北・北東北の高速道路・有料道路どちらも利用できる周遊プラン。


・2日間(週末):普通車 7,500円 軽自動車 6,000円
・3日間(全日):普通車 10,500円 軽自動車 8,000円

上記を見て分かるように「東北観光フリーパス」だからと言って、東北6県周遊プランを選ばなければ、東北地方全ての高速道路を利用できるわけではありません。
かと言って、利用する地域がなければ、その分安く抑えられますので、他の周遊プランのように無駄がありません。
さて、次の項目では肝心の対象エリアについて解説していきましょう。

2019東北観光フリーパスに東北中央道開通記念プランが新登場!対象エリアは?料金は?

2019東北観光フリーパスより新しく「東北中央道開通記念プラン」が登場しました。

東北道を始め、東北中央道で新たに開通した「南陽高畠IC~山形上山IC」も対象のため、今まで遠回りしなければいけなかったルートも周遊プランで思う存分楽しめます。

1.東北中央道開通記念プラン2日間型
連続する土曜、日曜、祝日の最大2日間が利用できます。

2.東北中央道開通記念プラン3日間型
曜日は問わず、連続する最大3日間が利用できます。
ただし、2019年東北観光フリーパスと同様の日程のため、ゴールデンウィーク期間やお盆、年末の利用はできません。

・2日間:普通車 3,800円 軽自動車 3,000円
・3日間:普通車 4,900円 軽自動車 3,900円

料金は普通車でも5,000円以内で収まりますので、お財布に優しい周遊プランです。

もしあなたが、東北道や東北中央道を利用する機会がありましたら、新しく誕生した東北中央道開通記念プランを利用しましょう。

⇒《ドラ割》東北観光フリーパスの公式サイトはこちら!

2019新潟観光ドライブパス&レンタカー限定コース

新潟観光ドライブパスが2019年になり、新たな乗り放題区間を加えパワーアップしました!

2019年の新潟観光ドライブパスの乗り放題プランは、大きく分けて3つあります。

〇新潟・北信濃・会津周遊プラン


※実施期間は2019年7月1日(月)~12月5日(木)まで
※ただし、2019年8月9日(金)~19日(月)(お盆期間)、NEXCO東日本が定めた日にちは利用不可

〇新潟周遊プラン(関東出発)

※実施期間は2019年7月6日(金)~12月5日(木)まで
※ただし、2019年8月9日(金)~19日(月)(お盆期間)、NEXCO東日本が定めた日にちは利用不可

〇新潟周遊プラン(北陸出発)

※実施期間は2019年7月6日(金)~12月5日(木)まで
※ただし、2019年8月9日(金)~19日(月)(お盆期間)、NEXCO東日本が定めた日にちは利用不可

更に!これらのプランに加えてレンタカー限定のプラン「新潟周遊プラン(レンタカー限定コース)」も新しく追加されました。

使い方は他のプランと少々異なりますので、順を追って説明します。

新潟周遊プラン(レンタカー限定コース)

1.商品を扱うレンタカー店にレンタカー&ETCカードを予約しましょう。あなたが持っているETCカードは利用できません。
レンタカー限定コース取り扱い店舗はこちら

2.取り扱い店頭で、店舗スタッフにレンタカー限定コースの利用希望を申し出、申込用紙に必要事項を記入しましょう。

3.レンタカー&ETCカードの貸出を受けたら期間中、周遊エリア内が乗り放題。

4.最後に、レンタカー会社へレンタカー・ETCカードを返却して完了です。
※もし、周遊エリア外を走行した場合、店頭で別途支払いましょう。


※実施期間は2019年7月1日(月)~12月5日(木)まで
※ただし、2019年8月9日(金)~19日(月)(お盆期間)、NEXCO東日本が定めた日にちは利用不可
このように「新潟周遊プラン」と「レンタカー限定コース」を追加し、更にお得なプランになりました。新潟方面への観光、または大地の芸術祭に足を運ぶ方はパワーアップした新潟観光ドライブパスを活用してみましょう。

新潟観光ドライブパスの公式サイト・お申し込みはこちら

《ドラ割》高速etc乗り放題〜2019信州めぐりフリーパス〜

信州は国宝「松本城」や真田家ゆかりの城「上田城」そしてリゾートスポット「軽井沢」などなど、挙げるとキリがない観光スポットです。

このフリーパスには4つのプランが用意されており、出発地点によってプランを選ぶことができるので、お得に信州の観光スポットを巡っちゃいましょう!

期間は、どのプランも2019年5月8日(金)~2019年11月25日(月)です。

●首都圏出発プラン

2日間:普通車 8,500円 軽自動車 6,500円
3日間:普通車 9,500円 軽自動車 7,500円
●名古屋出発プラン

2日間:普通車 9,500円 軽自動車 7,500円
3日間:普通車 10,500円 軽自動車 8,500円
●静岡出発プラン

2日間:普通車 9,500円 軽自動車 7,500円
3日間:普通車 10,500円 軽自動車 8,500円
●周遊プラン

2日間:普通車 5,500円 軽自動車 4,000円
※期間は、どのプランも2019年5月8日(金)~2019年11月25日(月)です。
※ただし2019年8月9日(金)~2019年8月19日(水)は利用できません。

「首都圏出発プラン」「名古屋出発プラン」「静岡出発プラン」には出発エリアから周遊エリアまでの1往復料金と、「周遊エリア」乗り放題料金が含まれています。

もちろん、「周遊プラン」のみ選ぶこともできるのでお住まいの場所によってお得になるプランを選んでください。

SA・PA&観光施設のお得情報をチェック!

周遊プランには、対象のエリアで利用できるお得な特典がつきものです!もちろん、こちらのプランも信州で利用できるお得なプランを多数用意されています。観光施設だけでなくSA・PA、そして大型ショッピング施設「軽井沢・プリンスショッピングプラザ」の駐車場無料サービスまで用意する贅沢ぶりです!

その他の特典は、どれも魅力的ですので出発前には必ずチェックし、高速道路だけでなく観光施設でもお得に過ごしましょう。

速旅(はやたび)飛騨・富山ドライブプラン

富山県や岐阜県の飛騨市方面を利用する方におすすめは、「速旅(はやたび)飛騨・富山ドライブプラン」です。

このプランを使うと、2019年6月27日(木)~12月1日(日)の期間中、連続する最大2~3日間「東海北陸道」「北陸道」「能越道」の対象区間が乗り放題で利用できます。

岐阜県や愛知県にお住まいなら、周遊エリアまでの往復料金が含まれる乗り放題プランも利用可能です。

このプランを活用すれば、ショッピングなら福岡ICから「三井アウトレットパーク 北陸小矢部」に足を運べますし、観光なら黒部ICから「黒部峡谷トロッコ電車」や白川郷ICから「白川郷合掌造り集落」にも使えます。

それでは早速、周遊エリアと発着場所付きのプランを紹介します。

周遊エリア内乗り放題コース

富山県、または岐阜県の飛騨エリアにお住まいなら「周遊エリア乗り放題コース」をおすすめします。

このプランを活用することで、富山県や岐阜県の飛騨エリアを走る対象の高速道路が最大3日間乗り放題です。

料金は「普通車4,200~7,100円」「軽自動車3,300~5,600円」ですので、対象区間の近隣にお住まいなら地元の観光スポット巡りやドライブに活用してはいかがでしょうか?

発着つき 周遊エリア内乗り放題コース

あなたが愛知県や岐阜県から、富山県へ観光またはショッピングに足を運ぶなら、周遊エリアまでの往復料金がセットの「発着つき 周遊エリア内乗り放題コース」が良いでしょう。

このプランはまず、対象の発着エリアからスタートし周遊エリアに向かいます。その後、周遊エリアから発着エリアのICで降りることで往復料金がお得になり、なおかつ周遊エリアで乗り放題できる画期的なプランです。

料金は発着エリアごとに異なりますが、普通車は8,000~10,400円、軽自動車は6,400~8,300円で利用できます。

ただ、ETC1枚につき各コースそれぞれ5回まで利用できますが6回目以降、別のETCカードが必要です。

また、周遊エリア外の高速道路の利用は別途、料金が発生しますので気を付けましょう。

※2019年8月9日(金)~16日(金)は利用不可

「速旅(はやたび)飛騨・富山ドライブプラン」公式サイト

2019速旅(はやたび)快走G割!岐阜県周遊ドライブプラン

岐阜県を走る高速道路を利用するなら「速旅(はやたび)快走G割! 岐阜県周遊ドライブプラン」の見逃しはいけません!

こちらは2019年6月27日(木)~12月1日(日)の期間中、最大3日間「中央道」「東海北陸道」「東海環状道」「東名高速道路」「名神高速道路」等々、岐阜県を走る主要高速道路が乗り放題になるプランです。

更にプランによっては、周遊エリアまでの「往路」「復路」を含んだ発着プランまで用意します。

もしこのプランがあれば、合掌造りの建築物が並ぶ世界遺産「白川郷」そして、旅の疲れを癒してくれる「下呂温泉」

または織田信長の居城「岐阜城」と言った、岐阜県内の主要観光スポット巡りに最適な、高速道路ICで快適に旅行や観光を楽しめます。

ではどのようなプランなのか?一緒に見ていきましょう。

周遊エリア内乗り放題コース

岐阜県内、または岐阜近辺にお住いでしたら「周遊エリア内乗り放題コース」がおすすめです。

岐阜県内の対象の高速道路を、連続する最大3日間、定額で利用できるプランです(日帰りも可能です)。

先ほど紹介した高速道路の他にも、有料道路の「中部縦貫道」の一部区間も利用できるのは嬉しいポイントです。

気になる岐阜県周遊ドライブプランコースの料金は「普通車:5,300~6,300円」「軽自動車:4,200~5,000円」です。

近辺や県内にお住いの方でしたら、周遊エリア内乗り放題コースを選択し、地元の観光スポットや名物をお得に楽しんでみましょう。

金沢・富山エリア発着 岐阜県周遊コース

あなたが「金沢」「富山」にお住まいなら、周遊エリアまでの往復料金がプラスされた「金沢・富山エリア発着 岐阜県周遊コース」が良いでしょう。

こちらは連続する最大2日間、周遊エリアまでの往復料金&乗り放題ができるプランです(日帰りも可能です)。


このプランは上図のように、往路は対象の発着エリアからスタートし、岐阜県の周遊エリアへ移動。

周遊期限内は周遊エリア内が乗り放題であり、復路は発着エリア内で降りることで、対象エリアまでの往路・復路の料金を含み、なおかつ定額料金で利用できるプランです。

ただし、注意点として発着エリア内のIC以外からのプラン利用はできず、定額料金が無効になる。または別途料金が発生します。

ですがその注意点さえ守ればどなたでも手軽に利用できますので、金沢や富山にお住まいなら利用してみましょう。


金沢・富山エリア発着 岐阜県周遊コースの料金は「普通車:7,800円」「軽自動車:6,200円」です。

また、2つのプランには、対象のSA・PAで利用できるクーポンがプレゼントされます。こちらに内容が記載されていますので、一緒に利用してみましょう。

※2019年8月9日(金)~16日(金)は利用不可

「速旅(はやたび)快走G割! 岐阜県周遊ドライブプラン」公式サイト

京都・若狭路・びわ湖・はりま路ぐるっとドライブキャンペーン2019

近畿地方の観光スポットを楽しむなら「京都・若狭路・びわ湖・はりま路ぐるっとドライブキャンペーン2019」がおすすめです。

このプランの魅力は何と言っても、京都、若狭路、びわ湖等を通る高速道路が乗り放題で使え、なおかつ兵庫県の一部の高速道路も乗り放題に対応しているところです。

期間は、2019年7月12日(金)から2019年12月1日(日)まで使えるため、夏休みやシルバーウィーク、年末前のドライブにも最適ですね!
※2019年8月9日(金)から2019年8月18日(日)は利用不可能

街並み全てが観光スポットの京都、世界が認める美しい海が広がる若狭路。そしてドライブスポットに最適のびわ湖や、神戸・姫路城と言った観光スポットを揃える兵庫県にも対応していますので、存分に観光やドライブを楽しめます。

プラン内容は「2日間ぐるっとプラン」「3日間ぐるっとプラン」の2種類が用意されています。

2日間のプランは滋賀県・京都府・大阪府等を走る高速道路が対象ですが、3日間のプランなら兵庫県の高速道路まで乗り放題です!

例えば、下図の3日間プランエリアで、休日は3,180円お得!平日は5,050円もお得に!

その他にも、申込完了後に送信される専用URLからは、対象のPA/SAで使える割引クーポンも発行できます。関西地区の観光、ドライブに最適の周遊プランですのであなたも利用してみてはいかがでしょうか?

京都・若狭路・びわ湖・はりま路ぐるっとドライブキャンペーン2019公式サイトはこちら!

阪神高速ETC乗り放題パス2019

大阪府・兵庫県内を走る「阪神高速道路」では、2019年7月6日(土)~12月15日(日)の土日祝、ETC乗り放題パスを実施します。

このプランを活用すると、事前に設定された対象区間「東地区」「西地区」そして阪神高速全線の「全地区」を含む3種類の中から、選んだ地区が1日限定で乗り放題になります。

●阪神高速(東地区)

●阪神高速(西地区)

●阪神高速(全地区)

東地区のみ利用:普通車:1,090円 軽自動車等:940円
西地区のみ利用:普通車:1,090円 軽自動車等:940円
全地区利用:普通車:1,650円 軽自動車等:1,390円

あらかじめセットアップ済みのETC2.0車載器を利用していると、阪神高速ETC乗り放題パス2019が更に割引になります。

東地区のみ利用:普通車:1,040円 軽自動車等:890円
西地区のみ利用:普通車:1,040円 軽自動車等:890円
全地区利用:普通車:1,570円 軽自動車等:1,320円

※受付期間は2019年6月28日(金)10:00 ~ 12月15日(日)利用前まで。10月以降の利用に関する受付については、9月中旬以降にホームページで改めてお知らせされます。
※各設定日につき、先着4,000名様

このように、阪神高速道路を利用する方にとって非常に便利かつ、お得な周遊プランです。
ただし注意点として「回数制限」があります。
期間中、1枚のETCカードで最大「10回まで」申込可能であり、11回目以降は利用できませんので別のETCカードを用意しましょう。

また申込後、都合によりキャンセルしたい時は「利用予定日前日の24時前(例:7月13日(土)のキャンセル→7月12日(金)23:59:59まで)」までです。

キャンセル時間を過ぎるとキャンセル不可能になりますので注意しましょう。

阪神高速ETC乗り放題の詳細はこちら

ぶらり中国ドライブパス 2019

続いて紹介するのは中国地方の高速道路を定額で利用できる「ぶらり中国ドライブパス 2019」です。

このドライブパスは「周遊」「発着型」(往復+周遊セット)2つのプランに分かれており、それぞれ違った特徴を持っています。

●中国5県周遊プラン

ひろしま・しまね周遊プラン

周遊プランは中国地方5県楽しめる「中国5県周遊プラン」そして、広島県・島根県を走る高速道路を周遊できる「ひろしま・しまね周遊プラン」があります。

「中国地方を思いっきり楽しみたい!」なら5県周遊プラン、広島県・島根県のみ楽しみたいなら「ひろしま・しまね周遊プラン」等、利用したい高速道路を選択すると最大3日間、指定のエリア内であれば定額で利用できます。

下図は発着型の利用可能エリアです。

⇒ エリアマップ拡大



一方、発着型プランは中国地方近郊を発着点とし、発着点からの往復&中国地方の高速道路を定額で利用できるプランです。滋賀をはじめとする京都・兵庫・四国・九州、多数の地域から発着できるため、遠方から中国地方へ向かう際に役立ちます。

「休日2日間プラン」は土曜、日曜、祝日のうち、連続した最大二日間で利用できるプランです。
「全日3日間プラン」は曜日に関係なく、連続した最大三日間で利用できるプランです。

実施期間は2019年7月12日(金)~12月1日(日)まで使えるため、お盆休みやシルバーウィークで利用したり、土日を利用したドライブに大活躍します。
※2019年8月9日(金)~18日(日)は利用不可能

詳しい発着場所や料金についてはこちらをご覧ください。お得なプランですので是非活用していきましょう。

四国まるごとドライブパス!2019

次に紹介するのは「四国まるごとドライブパス!2019」です。
こちらのプランは発着地点から出発し、周遊エリア内へ進みます。周遊エリア内に入れば、期間中であれば定額料金で高速道路を楽しめるお得なプランです。

発着地点は、滋賀・京都・大阪、または兵庫・岡山、そして広島・山口東部、福岡・山口西部の4種類の発着点から選択可能です。

定額かつ最大4日間の周遊を四国内で楽しめるドライブパスは「2019年7月12日(金)~12月1日(日)」まで利用できます。※ただし、89日~18日は利用不可

詳しい発着場所や料金についてはこちらをご覧ください!

ぎゅぎゅっと九州まんきつドライブパス2019

※以下の内容は2019年のものです。2020年の公式情報が公開され次第掲載いたします。お待ちください!

九州地方の高速道路、北は門司から南は鹿児島まで存分に利用したいなら「ぎゅぎゅっと九州まんきつドライブパス2019」が良いでしょう。

このプランの良い所は、門司IC~鹿児島ICまで走る九州自動車だけでなく、佐賀県や長崎県、そして大分県や宮崎県と言った、九州全てをカバーしているところです。

更に、九州地方の一部を利用したい、例えば九州地方北部や南部と言った、乗り放題に使いたい地域を選べるのも強みです。

例えば、長崎県でしたらハウステンボス、大分県でしたら湯布院等の温泉街。熊本県の熊本城や、鹿児島県等々…このプランを利用すれば観光スポット巡りも簡単です。

●A:熊本・佐賀・長崎プラン

●B:熊本・福岡・大分プラン

●C:熊本・宮崎・鹿児島プラン

●D:九州全域乗り放題プラン

料金は九州全域乗り放題プランで「普通車:8,000円」「軽自動車(二輪車含む):6,400円」

その他のプランは、普通車で5,500円~6,200円、軽自動車は4,400円~5,000円で利用できます。

期間は2019年7月12日(金)~9月16日(月・祝)までとなりますので、九州地方を存分に楽しむなら、ぎゅぎゅっと九州まんきつドライブパス2019を利用しましょう。

ぎゅぎゅっと九州まんきつドライブパス2019公式サイトはこちら!

2019ググっとぐんまフリーパス 首都圏出発プラン&周遊プラン

※以下の内容は2019年のものです。2020年の公式情報が公開され次第掲載いたします。お待ちください!

群馬県とNEXCO東日本がタッグを組み、誕生したのが「ググっとぐんまフリーパス」です。

2019年4月1日~2019年9月30日のうち、連続する最大2日間で利用可能であり、あなたの好みに合わせて「首都圏出発プラン」「周遊プラン」の2つから選べます。

ググっとぐんまフリーパス 首都圏出発プラン

初めに紹介するのは「首都圏出発プラン」です。

首都圏出発プランは、対象の首都圏出発エリア+周遊エリアがセットになったプランであり、周遊エリアへの往路、そして帰宅時の復路まで料金に含まれています。

常磐道・圏央道・東北道・関越道の一部が首都圏出発エリアに含まれているため、群馬県の近くにお住いの方には打ってつけのプランです。

「GW期間:2019年4月26日(金)~ 5月7日(火)」「お盆期間:2019年8月9日(金)~ 8月19日(月)」は利用不可能ですが、その他の期間は殆ど利用できます。

軽自動車等:4,800円 普通車:6,000円

首都圏から群馬県へ観光やドライブを楽しみたい方へおすすめのプランです。

ググっとぐんまフリーパス 周遊プラン

周遊プランは、群馬県の対象の周遊エリアのみに限定したプランであり、周遊エリア近くにお住まいの方におすすめのプランです。

首都圏出発プランと同じく「GW期間:2019年4月26日(金)~ 5月7日(火)」「お盆期間:2019年8月9日(金)~ 8月19日(月)」は利用できませんが、その他は問題なく利用できます。

軽自動車等:2,400円 普通車:3,000円
ググっとぐんまフリーパスの観光地&SA・PA優待特典も見逃せない!割引や景品等を受けられます

ググっとぐんまフリーパスは、周遊プランの他にも観光地やSA・PAで優待特典受けられます。

1.周遊エリアの観光施設で割引や景品をプレゼント。
2.SAやPAエリアで軽食やドリンクの優待特典を受けられます。
3.軽井沢・プリンスショッピングプラザ 当日駐車場無料サービス

等々、対象の高速道路を周遊できるプランだけでなく、観光スポットでお得になる特典達を多数揃えています。

⇒《ドラ割》ググっとぐんまフリーパスの公式サイトはこちら!

東富士五湖道路全通30周年記念 富士河口湖レジャー共通券ドライブプラン


※以下の内容は2019年のものです。2020年の公式情報が公開され次第掲載いたします。お待ちください!

東富士五湖道路の全通30周年を記念し「東富士五湖道路全通30周年記念 富士河口湖レジャー共通券ドライブプラン」が発表されました。

スマートフォン・タブレット端末を利用できる方限定ですが、期間は「2019年1月7日(月)~2019年9月30日(月)」まで利用でき、なんと!周遊プランの他に「富士河口湖レジャー共通券3,000円分(500円×6)」も付帯します。

レジャー共通券が使える施設の一例ですが、共通券を利用することで入場料や飲食代と言った料金が割引されます。

ただ「河口湖オルゴールの森美術館(共通券引換時間:9:30~18:00(最終入館17:30))」「山梨県立富士山世界遺産センター(共通券引換時間:8:30~17:00(最終入館16:30)【無休】)」でレジャー共通券を入手しませんと使えませんので、場所や引き換え時間を覚えておきましょう。

それではいよいよ、東富士五湖道路全通30周年記念 富士河口湖レジャー共通券ドライブプランの発着先や周遊先を紹介します。

まず紹介するのは「東京・高井戸エリア発着&横浜町田・八王子~裾野・一宮御坂周遊エリア」です。

東京 高井戸方面や東名川崎等から発着し、横浜町田・八王子~裾野・一宮御坂と言ったスポットを周遊エリアに指定しています。

もちろん、発着エリア無しで周遊エリアのみのプランも用意しています。

気になる料金は、発着エリアを含めると3日間で「普通車:6,700円」「軽自動車:6,000円」で周遊エリアのみなら「普通車:5,900円」「軽自動車:5,300円」で使えます。

富士河口湖方面や東名高速、中央道等を利用するなら「東富士五湖道路全通30周年記念 富士河口湖レジャー共通券ドライブプラン」がおすすめです。

※ただし「2019年4月26日~5月6日(ゴールデンウィーク期間)」「2019年8月9日~8月16日(お盆期間)」は利用できません。

⇒東富士五湖道路全通30周年記念 富士河口湖レジャー共通券ドライブプランの公式サイトはこちら!

東富士五湖道路全通30周年記念 河口湖オルゴールの森ドライブプラン

※以下の内容は2019年のものです。2020年の公式情報が公開され次第掲載いたします。お待ちください!

もう1つ、東富士五湖道路全通30周年記念として用意しているのが「東富士五湖道路全通30周年記念 河口湖オルゴールの森ドライブプラン」です。

こちらもスマートフォン・タブレット端末を利用できる方限定ですが、2019年1月7日(月)~2019年9月30日(月)の期間中、周遊エリアの乗り放題の他に「河口湖オルゴールの森」の入館券、または入館券+ドリンクセット・入館券+スペシャルランチセットが用意されています。

入館券+スペシャルランチセットを選択すると、季節によってメニューは異なるものの上図のように豪華ランチを、富士山を眺めながら優雅にいただけます。

周遊コースは「東富士五湖道路全通30周年記念 富士河口湖レジャー共通券ドライブプラン」と同じあり、周遊エリアだけのプランも用意されています。

気になる「東富士五湖道路全通30周年記念 河口湖オルゴールの森ドライブプラン」の料金は、2日間で5,300円~9,700円になります。

周遊エリアの乗り放題だけでなく、河口湖オルゴールの森の鑑賞券、そしてプランによってはカフェ・豪華ランチを堪能できます。

乗り放題で観光や帰省を検討されるのも良いですが、スペシャルランチセットプランを選択し、大切な方や恋人との大事な一時に利用してはいかがでしょうか?

※ただし「2019年4月26日~5月6日(ゴールデンウィーク期間)」「2019年8月9日~8月16日(お盆期間)」は利用できません。

⇒東富士五湖道路全通30周年記念 河口湖オルゴールの森ドライブプランの公式サイトはこちら!

2018山梨高速etc乗り放題〜やまなしドライブプラン

※以下の内容は2018年のものです。公式情報が公開され次第掲載いたします。お待ちください!

このプランは、山梨県を走る対象の「中央道」「中部横断道」が定額料金で乗り放題になるプランです。

更に!山梨県近辺、例えば「首都圏」や「名古屋」から対象の周遊エリアまでの往復料金もセットになったプランも用意されています。

更に更に、往復料金がセットになった発着プラン限定で、富士山周辺の高速道路に絞ったプランまであるのです。

〇やまなしドライブプラン:首都圏発着・山梨県周遊

〇やまなしドライブプラン:名古屋発着・山梨県周遊

〇やまなしドライブプラン:山梨県周遊

また、ドライブプランには観光施設や対象のSA・PAで割引やサービスを受けられるクーポンが付帯しています。

口頭では、割引や特典は受けられませんので必ず、申込完了メールを印刷、またはスマホやタブレット端末に表示してから利用しましょう。

※実施期間は2018年7月1日(日)~2018年11月30日(金)まで
※ただし、2018年8月10日~8月16日(お盆期間)、NEXCO中日本が定めた日にちは利用不可

山梨ドライブプラン公式ページ・申込みはこちら

2019速旅(はやたび)静岡ドライブプラン

※以下の内容は2019年のものです。2020年の公式情報が公開され次第掲載いたします。お待ちください!

富士山や浜松城、ショッピングスポットとして有名な御殿場アウトレット等々、観光スポットや名物が盛りだくさんの静岡県!

静岡県を高速道路を利用して観光スポットを巡りたい!または、ドライブや家族サービスで利用するなら「静岡ドライブプラン」がおすすめです。

このプランは高速道路を連続した2日間、定額料金で利用できるプランです。

料金は普通車・軽自動車に分かれており最大2日間、普段利用するよりも安く使えます。

では、対象エリアはどこか?周遊エリアはどこか?続いての項目で詳しく紹介します。

静岡ドライブプラン|首都圏発着エリア①&②

首都圏発着プランは、上図のA、またはB区間から出発し周遊先へ移動。

そして帰宅する場合は、出発地と同じ区間で降りるプランです。

Aは主に東京・八王子方面、Bは神奈川県方面になりますので、利用する方は場所を間違わないようにしましょう。

間違えると普通車で700円、軽自動車で600円も差が出ますよ!

静岡ドライブプラン|名古屋・尾張・三重発着プラン

次に名古屋・尾張・三重の発着プランを見ていきましょう。

こちらも首都圏発着プランと同じく、対象のICからスタートし、周遊エリア内で最大2日間利用可能。

そして帰宅時も、選んだプランのICで降りれば良いので首都圏発着プランと同じように使えます。

静岡県周辺にお住まいの方でしたら、普段通りに高速道路を使うよりもお得に静岡県内を楽しめます。

静岡ドライブプラン|周遊エリア乗り放題プラン

もし、静岡県内、または近隣にお住まいの方でしたら「周遊エリア乗り放題プラン」がおすすめです。

このプランは、発着エリアなしで上図の周遊エリアが乗り放題になります。

発着がないため料金もリーズナブルであり、最大2日間が「普通車:6,400円」「軽自動車:5,200円」で利用できます。

ただし、周遊エリアから外れると別料金が発生しますので注意しましょう。

静岡ドライブプランでの注意点は?

静岡ドライブプランを利用するなら、以下の3点に注意しましょう。

・期間中、利用できない日にちがあります

・ETCカード1枚につき5回までしか申込できない

・NEXCO中日本が提供する周遊プランを同時に使えない

まず、利用できない期間として「2018年8月10日~8月16日(お盆期間)」「2018年9月18日~10月6日(東名集中工事期間)」「2018年12月22日~2019年1月6日(年末年始)」の合計3つの期間が利用不可です。

※ただし、東名集中工事期間は「土日祝」のみ利用可能。

そして、意外と見落としがちなのが申込できる回数です。

ETCカード1枚につき5回までのため、6回からは別のETCカードで申し込みましょう。

また、NEXCO中日本が提供する周遊プランとの同時申し込みも不可能です。

これらのポイントを、申込前に確認しておきましょう。

静岡ドライブプラン公式ページ・申込みはこちら!⇒ https://hayatabi.c-nexco.co.jp/drive/detail.html?id=81

【お買物券セットプラン】東名高速全線開通50周年記念 SA・PAお買物券付きドライブプラン

※以下の内容は2019年のものです。2020年の公式情報が公開され次第掲載いたします。お待ちください!

東名高速道路50周年を記念したドライブプラン「【お買物券セットプラン】東名高速全線開通50周年記念 SA・PAお買物券付きドライブプラン」が登場です!

このプランは「2019年4月1日(月)~2019年9月30日(日)」まで開催されており、特徴として高速道路周遊パスと一緒に「SA・PAお買物券」がセットで使えます。

セット内容として「高速道路周遊パス」+「SA・PAお買物券5,000円分(1,000円券×5枚)」が用意されており、お買物券を利用するためには下記のSAで引き換えましょう。

1.新東名高速道路 浜松サービスエリア(SA)上り線 コンシェルジュカウンター

引換時間:9:00~19:00(平日)/ 8:00~19:00(土日祝)

2.東名高速道路 浜名湖サービスエリア(SA)上下集約 コンシェルジュカウンター

引換時間:8:00~19:00(平日)/ 8:00~20:00(土日祝)

3.東名高速道路 足柄サービスエリア(SA)下り線 コンシェルジュカウンター

引換時間:7:00~19:00(平日)/ 7:00~19:00(土日祝)

これらのSAで引き換えることで、セット内容のお買物券を利用できます。

【お買物券セットプラン】東名高速全線開通50周年記念 SA・PAお買物券付きドライブプランの周遊エリアは?

さて、肝心の周遊プランの対象エリアですが、こちらのドライブプランでは2つのプランを用意しています。

ご覧の通り、東名高速全線開通50周年記念 SA・PAお買物券付きドライブプランでは2つの周遊先を用意しており、首都圏から発着される方や中京圏から発着される方におすすめのプランです。

料金も3日間利用でき、なおかつお買物券が付属して「普通車:15,000円」「軽自動車:13,000円」です。

もし「金土日」の利用を検討しているなら「金土日出発限定」のプランを使いましょう。

こちらを選択すると、本来の金額より3,000円お得です。

「2019年4月26日~5月6日(ゴールデンウィーク期間)」「2019年8月9日~8月16日(お盆期間)」のみ利用不可能ですが、東名高速道路を利用して観光や帰省等を考えているなら、【お買物券セットプラン】東名高速全線開通50周年記念 SA・PAお買物券付きドライブプランを活用しましょう。

2018三重県高速etc乗り放題〜みえ旅ドライブプラン

※以下の内容は2018年のものです。公式情報が公開され次第掲載いたします。お待ちください!

三重県は観光スポット「伊勢神宮」「鳥羽水族館」日本百名城に選ばれた「津城跡」

そしてグルメでは「松坂牛」や「伊勢エビ」を揃えており、観光&食事に困らない素晴らしいスポットです。

もしあなたが、魅力満載の三重県へ行くなら迷わず「みえ旅ドライブプラン」を活用しましょう。
このプランは、愛知県名古屋市から伸びる「東名阪道」や「新名神」三重県の「伊勢湾岸道」や「伊勢道」

更に「紀伊道」までもが対象となる、三重県を思う存分満喫できるプランです。

もちろん「三重県の主要スポットだけ楽しみたい!」と言う方のために「三重県南部周遊プラン」も用意しています。
三重県域周遊コースが普通車4,700円、軽自動車が3,800円。

三重県南部周遊コースが普通車3,800円、軽自動車が3,000円となっています。

周遊エリアまでの料金は発生するものの、一度周遊エリア内に入れば2日間限定で乗り放題です!

期間は「2018年7月1日(日)~2018年11月30日(金)」までのため、三重県へ観光に行くなら迷わず「みえ旅ドライブプラン」を活用しましょう。
※ただし、2018年8月10日~8月16日(お盆期間)は利用不可です。

みえ旅ドライブプラン公式サイトはこちら!

佐賀・長崎ドライブパス2018

※以下の内容は2018年のものです。公式情報が公開され次第掲載いたします。お待ちください!

佐賀・長崎方面へお出かけの際は、是非とも「佐賀・長崎ドライブパス」を利用しましょう。

こちらのドライブパス、他のプラン同様に対象の発着エリア~周遊エリアまでの往復料金が含まれ、なおかつ周遊エリアを定額で利用できます。

では初めに、周遊エリアがどこなのか?見ていきましょう。

○佐賀・長崎乗り放題プラン

もし、佐賀・長崎に住んでおり、地元の高速道路を何度も利用するなら「佐賀・長崎乗り放題プラン」がおすすめです。

一部利用できない期間があるものの、最大3日間利用可能です。もちろん、休日だけ利用したい方のために2日間だけのプランも用意しています。

料金も普通車で5,000円以内に収まる、リーズナブルな料金に設定されています。

ですが!ここで終わらないのが、この周遊プランの素晴らしいポイントです。

続いて紹介するプランは、近隣の地域から発着できる魅力的なプランですので、あなたも一緒に見ていきましょう。

※これより紹介するプランは全て、ここで紹介した「佐賀・長崎周遊エリア」を利用できます。
○福岡発着プラン

○北九州・大分発着プラン

○熊本発着プラン

○宮崎・鹿児島発着プラン

○山口発着プラン

広島発着プラン

このように佐賀・長崎だけの周遊プランに留まらず、広島県や福岡県、そして鹿児島県まで発着&周遊プランを用意しています。

各プランでは、対象の発着エリアから目的の周遊エリアまでの往復料金、そして佐賀・長崎の周遊がセットです。

注意点として、発着エリア以外のICを利用する、または周遊エリア以外のICで降りると別料金が発生!

とは言え、対象エリアから外れなければ上記金額内で収まりますので、佐賀・長崎へ行きたい!と思いましたら、こちらの周遊プランを活用しましょう。

公式サイト:https://www.michitabi.com/roundtour/kyushu2018/

知らなきゃ大損!バイクの高速道路定額プラン「2019ツーリングプラン」

高速道路の定額プランは、自動車に限らずバイクにも普及しています。指定された高速道路が乗り放題で期間は2019年4月26日(金)~11月30日(土)となっています。

北海道 道南・道北コース/3日間/6,000円
※10/31で終了
道南・道東コース/3日間/6,000円
※10/31で終了
首都圏 関越道・上信越道コース/3日間/5,000円 東北道・常磐道コース/3日間/7,500円
東関道・館山道コース/2日間/2,500円 東名・中央道・中部横断道コースミニ
2日間/3,000円
東名・中央道・中部横断道コースワイド
2日間/4,000円
中京圏 東名・中央道コース/3日間/5,000円 伊勢道コース/2日間/3,000円
東海北陸道・北陸道コース/3日間/5,000円 中央道・東海北陸道コース/2日間/2,500円
関西 名神・北陸道・京都縦貫道コース/2日間/3,500円 中国道・山陽道・播但道コース/2日間/3,000円
阪和道コース/2日間/2,500円
四国 香川・徳島・高知コース/2日間/3,000円 愛媛・高知コース/2日間/3,000円
九州 熊本・佐賀・長崎コース/2日間/3,000円 熊本・大分・福岡コース/2日間/3,000円
熊本・宮崎・鹿児島コース/3日間/4,500円

いかがでしょうか?

休日や長期休暇で首都高近郊の高速道路の利用を検討しているなら、使わないのがもったいないほどお得なプランです。

⇒バイク(二輪車)向けETC割引プランの公式サイトはこちら!

2019高速道路乗り放題!全国の高速道路を定額で利用しましょう

セットでお得!宿泊セットドライブプラン<2019年>

このプランは「高速道路周遊パス(約50%割引)」と提携宿泊施設の支払いに使える「宿泊商品券」がセットになったプランです。

申込み方法は簡単。対象の宿泊施設に予約し、それからドライブプランに申し込むだけ。申込み確認書をプリントアウトして登録したETCカードでお出かけすればOK!

対象エリアは
○江戸・武蔵・箱根
○信州・甲州
○伊勢志摩・紀伊
○遠州・知多・伊豆
○北陸
○飛騨・美濃
と分かれており、更に
上諏訪温泉×速旅プラン」「かんぽの宿×速旅プラン」「ダイワロイヤルホテルグループ×速旅プラン」「休暇村×速旅プラン」も用意されています。

宿泊施設によって申込み期限が違いますので、早めに対象の宿泊施設を予約しましょう。

50%OFF!日本旅行の「ドライブパック」で旅行をお得に楽しむ!

もう1つ、あなたに紹介したいドライブプランは、日本旅行が展開するドライブプランです。

このドライブプランの特徴は「高速道路料金」&「宿泊料金」がセットになっていることです。

例えば「東京・神奈川発着」の場合、高速道路料金と共に、伊豆や浜名湖、富士・河口湖の主要スポットの宿泊先のプラン。

「名古屋発着」の場合は、飛騨高山・白川郷プラン、南信州プラン。伊豆・静岡・箱根プランまで幅広く用意されています。

その上、日本旅行が独自に用意した「周遊パス」だけのプランもあります!

これらのプランを選択すると、高速道路・宿泊先を別々に予約するよりも40~50%割引、中には50%以上の割引率を実現するプランまで出てくるのです。

そして「道の駅特典」まで利用できますので、あなたがもし、対象地域に宿泊予定であれば日本旅行が用意するプランを利用してみましょう。

⇒ドライブパックの公式サイトはこちら!

ETCカード&車載器が無い方お断り!高速道路周遊パス・定額はETCが必須!

高速道路周遊パス・定額乗り放題のためにETCを用意!


これまで各地域で利用できる周遊パスを紹介していきましたが、全員が全員、利用できるわけではございません。

「ETCカード」「ETC車載器(セットアップ済み)」この2点がないと利用できないのです。

「でも、高速道路のPA・SA、それに料金所でフリーパスのチケットか何かを購入できるのでは?」

残念ながらフリーパスやチケットなどの媒体はありません。

また申し込みのために必ず、ETCカードの情報を入力が必要であり、持っていないとお得なプランを利用できないのです。

そのため、高速道路周遊パス・定額料金を楽しむなら必ずETCを用意しておきましょう。

こんなに簡単?!5分で終わるインターネット申込


「高速道路の周遊パスは確かにお得で魅力的だけど…申し込み方法が面倒では?」

そんな心配する必要はありませんよ!

インターネットと手元にETCカードを用意しておけば、早い方ですと5分以内に完了します。

それではその手順を簡単に解説していきます。
※今回は「京都・若狭路・びわ湖ぐるっとドライブパス2017」を例に解説していきます。

まずはプランを選択


初めに、京都・若狭路・びわ湖ぐるっとドライブパス2017のホームページに移動し、自分がどのプランに申し込むかを選択しましょう。

選択が完了しましたら、次のページに「利用約款及び個人情報の取り扱いについて」の項目が出てきますので、問題なければ、

・利用約款および個人情報の取り扱いについて同意する。
・お申し込み前に、周遊エリア・利用日程を確認しました。

この2点にチェックを入れて次のページに進みましょう。

利用開始日&個人情報の入力


ページが移動すると次に、利用開始日を設定する項目が出現します。

ここで間違えると、せっかくの周遊プランが無駄になるため、最後にもう一度確認しておきましょう。

次に個人情報の入力を求められます。入力内容は下記の通りです。

・利用車種
・名前
・居住都道府県
・電話番号
・メールアドレス
・ETCカード番号
・ETCカード有効期限
・アンケートこれらの項目の入力が完了し、後は最終確認して送信すれば終了です。

後程、申し込みを確認したというメールが、あなたのメールボックスに届きますので、必ず確認しましょう。

そこには、申し込み内容・注意点・利用者情報が記載されているため、万一、異なった内容であれば修正が必要になります。

そして何より、修正のためにはメールに記載されている申込番号が必要ですので、メールはとっておきましょう!

周遊パス×クレジットカードでお得が加速!おすすめクレジットカードとは?

最短でETCカードを発行するならセゾンカード!


「いますぐETCカードを発行したい!」

と思ったら、セゾンカード

セゾンカードでは各地域にある「最短即日カード発行対応のセゾンカウンター」受取にすることでその日のうちにクレカを受け取れます(19:30以降の申し込みは翌日扱いです!!

クレジットカードを「店頭受取」、ETCカードは「発行しない」で申込み、審査に通り店頭でクレジットカードを受け取った時に店頭でETCカードの発行をお願いしましょう!

⇒ セゾンカードのお申込みはこちら
⇒ 即日発行・スピード発行のおすすめETCカードはこちら!

高速道路でお得なイオンカードと当日発行できるイオンカード

イオン E-NEXCO passカード


イオンヘビーユーザーのマストアイテム「イオンカード」そのイオンカードから高速道路でお得なクレジットカード「イオン E-NEXCO passカード」が登場です!

このクレジットカードは、イオンカードの特典をそのままに、高速道路で利用できる各特典を用意した優れものです。
・NEXCO東日本エリアのSAやPA内でのショッピング時、ときめきポイントが2倍貯まる
・ときめきポイントをE-NEXCOポイントに交換可能(交換レートは、ときめきポイント1,000→E-NEXCOポイント500)

ただし即日発行はできませんのでご注意ください!!

⇒ イオンカード E-NEXCOpassの申し込みはこちら

イオンカードセレクト&イオンカード(WAON一体型)ならクレカもETCカードも即日発行


イオンカードセレクトイオンカード(WAON一体)はセゾンカード同様、クレジットカードとETCカードの即日発行が可能になりました。

即日発行する方法は非常に簡単で、通常通りWebで申し込みます。入力画面を進めていくと、【カード付帯サービスのお申込み】という項目が出ますので、

ETCカードは【申込みません】を選択
クレカは【店舗で受け取ります】を選択⇒受け取る店舗を選択
③無事、審査に通り店舗でクレカを受け取ったらその場でETCカードを申込む

これでOKです。

ただし、受け取りができる店舗は限られていますし、申し込み当日受取ができるのは18時までです。なので最低でも17時には申し込みを完了させる必要があります。

カードの審査が終わると通知メールが届くので、そこに記載されている店舗に行きましょう。

重要なのは、即日発行できるクレジットカードはイオン系列でしか利用できない「仮カード」ですが、一緒に即日発行できるETCカードは正規のものだということです。

この時利用したETC料金はイオンカード申込時に銀行口座を設定していれば「毎月10日締め」「翌月2日払い」で銀行口座より引き落としされます。もし銀行口座を設定していない場合は後日、あなたが登録した住所に払込用紙が郵送されます。

指定された支払方法で払込をすれば大丈夫ですので、心配無用ですよ!

⇒ イオンカードセレクトの詳しい説明はこちら
⇒ イオンカードセレクト(WAON一体)の詳しい説明はこちら

楽天カードはマストカード?!加盟店利用で更なるお得を実現!


CMや雑誌などでお馴染みの「楽天カード」ですが、楽天市場のみならず、実店舗や私達のカーライフを支える便利なクレジットカードです。

通常、楽天カードのポイント還元率は1%ですが、加盟店で利用するとポイントが2~3倍にアップ!

また、ガソリンスタンド大手「ENEOS」も加盟店契約を結んでいるため、常時ポイントが2%貯まりますので、実質、2円/L引きを実現しています。

便利な楽天カードを1枚、所有してみてはいかがでしょうか。

楽天カードETCカードの詳細はこちら

dポイントがNEXCO中日本SA/PAで大活躍!dポイントが貯まる・使える!


NEXCO中日本のSA/PAではdポイントを貯める&使うことができます。⇒対象店舗一覧

「1dポイント=1円」で利用できますので、SA/PA内の店舗でお菓子や飲み物、お土産の購入に使うのも良いですし、レストランや喫茶店で使うのも良いでしょう。もちろん「100円=1dポイント」貯まるため、高速道路でもポイントを逃さず獲得できます。

※券売機、自販機、GS、特設販売店、宝くじ、金券類と言った一部店舗でdポイントが利用できません。

高速道路の周遊プラン×クレジットカードでお得な旅を!

いかがでしたか?

高速道路では確かに、休日割引・深夜割引などのETC割引があるものの、利用するたびに料金がとられますよね?

しかし、周遊プランに申し込めば期間中、高速道路を乗り放題できますし、プランの中には特典まで用意されています。

また、クレジットカードで紹介したように、適したカードを選べば高速道路でお得、または各地で利用できる特典で更なるお得を実現できます。

もし、あなたが高速道路を休日、または長期休暇で利用を検討しているなら、高速道路の周遊プランを申し込んでみてはいかがでしょうか。

カード絞り込み検索

記事検索

カード検索

カード絞り込み検索

新着記事

PAGE TOP