ETCカード

2021年~2022年【ETC乗り放題】ETC限定の高速道路割引「周遊パス・フリープラン・ドラ割(ドラぷら)」が続々登場!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

速旅のドライブプランが復活しました!高速道路料金が40~50%も割引になります!
手続き自体は、申し込むだけ。インターネットとETCカードがあれば、たった5分ほどで申し込み完了です。

使わないと損ですね!

2021~2022年の高速道路ETCの周遊パス・フリープラン(東日本はドラぷら・ドラ割)、自動車やバイクの乗り放題定額プランの紹介から、簡単にできる申し込み方法、そしてお得で使いやすいクレジットカードまで紹介します。
事前申込が必要で、ETCが付いてない車は利用できません。
また、申込みにはETCカードが必要になりますのでご注意ください。

⇒即日発行できるETCカードはこちら!

ドラ割「ウィンターパス2022」

目的地となるゲレンデまでの1往復分の高速道路料金がお得。さらに、リフト料金の割引や宿泊施設も割引となるプランです。
また、当日の解約でも手数料がかからないとはうれしい。

ウィンターパス2022

対象期間 2021年12月3日~2022年4月4日(月)のうち、連続する最大3日間※2021年12月25日~2022年1月3日を除く
対応車種 ETCの普通車・軽自動車等
首都圏発着エリア6プラン 首都圏発着エリアから目的地エリア(湯沢・沼田・水上、白馬・志賀・妙高、菅平・軽井沢、蔵王、猪苗代・磐梯、那須・塩原)への1往復が対象。対象プラン詳細はこちら
仙台発着エリア3プラン 仙台発着エリアから目的地エリア(安比・八万平、夏脂、猪苗代・磐梯)への1往復が対象。対象プラン詳細はこちら
新潟発着エリア3プラン 新潟発着エリアから目的地エリア(湯沢、白馬・志賀・妙高、猪苗代・磐梯)への1往復が対象。対象プラン詳細はこちら
申込方法 新潟観光ドライブパス2021の公式サイトから申し込みできます

⇒ウィンターパス2022の公式サイトはこちら

新潟観光ドライブパス2021


土日祝日を含む連続する最大2日間、平日・休日問わず連続する最大3日間。新潟県内全域、長野県北信濃エリアと福島県会津エリアが乗り降り自由になります。

新潟観光ドライブパス2021

対象期間 2021年11月12日~30日(火)のうち、連続する週末型2日間、前日型3日間
対応車種 ETCの普通車・軽自動車等(二輪車含む)
新潟・北信濃・会津プラン 連続する週末型2日間で「普通車:5,800円」「軽自動車:4,600円」/前日型3日間「普通車7,600円」「軽自動車:6,100円」。対象エリアはこちら
新潟周遊プラン(関東出発) 連続する3日間の首都圏出発コース「普通車:11,000円」「軽自動車:8,800円」/川越・花園出発コース「普通車:10,000円」「軽自動車:7,900円」。対象エリアはこちら
申込方法 新潟観光ドライブパス2021の公式サイトから申し込みできます

⇒新潟観光ドライブパス2021の公式サイトはこちら

西日本観光周遊ドライブパス


連続する最大2~4日間、対象となる高速道路が定額で乗り放題になります。
エリアは4つ。関西地域の3プラン、中国地域の4プラン、四国地域の2プラン、九州地域の4プランで、全13プランです。

【関西地域プラン】西日本観光周遊ドライブパス

対象期間 2021年11月8日~12月20日(月)のうち、連続する2日間
対応車種 ETCの普通車・軽自動車等(二輪車含む)
滋賀・京都・若狭プラン 連続する2日間で「普通車:6,000円」「軽自動車:4,800円」。対象エリアはこちら
京都・兵庫プラン 連続する2日間で「普通車:6,000円」「軽自動車:5,000円」。対象エリアはこちら
和歌山・奈良プラン 連続する2日間で「普通車:6,300円」「軽自動車:5,000円」。対象エリアはこちら
申込方法 西日本観光周遊ドライブパスの公式サイトから申し込みできます

⇒西日本観光周遊ドライブパスの公式サイトはこちら

【中国地域プラン】西日本観光周遊ドライブパス

対象期間 2021年11月8日~12月20日(月)のうち、連続する2~4日間
対応車種 ETCの普通車・軽自動車等(二輪車含む)
中国プラン 連続する3日間で「普通車:9,300円」「軽自動車:7,400円」/4日間で「普通車:10,500円」「軽自動車:8,400円」。対象エリアはこちら
岡山・鳥取・出雲プラン 連続する2日間で「普通車:5,600円」「軽自動車:4,500円」。対象エリアはこちら
広島・島根プラン 連続する2日間で「普通車:5,300円」「軽自動車:4,200円」。対象エリアはこちら
広島・山口プラン
連続する2日間で「普通車:6,500円」「軽自動車:5,200円」。対象エリアはこちら
申込方法 西日本観光周遊ドライブパスの公式サイトから申し込みできます

⇒西日本観光周遊ドライブパスの公式サイトはこちら

【四国地域プラン】西日本観光周遊ドライブパス

対象期間 2021年11月8日~12月20日(月)のうち、連続する2~3日間
対応車種 ETCの普通車・軽自動車等(二輪車含む)
四国プラン 連続する2日間で「普通車:6,000円」「軽自動車:4,800円」/3日間で「普通車:6,900円」「軽自動車:5,500円」。対象エリアはこちら
四国プラン(JB本四高速セット) 連続する2日間で「普通車:9,800円」「軽自動車:7,800円」/3日間で「普通車:10,400円」「軽自動車:8,300円」。対象エリアはこちら
申込方法 西日本観光周遊ドライブパスの公式サイトから申し込みできます

⇒西日本観光周遊ドライブパスの公式サイトはこちら

【九州地域プラン】西日本観光周遊ドライブパス

対象期間 2021年11月8日~12月20日(月)のうち、連続する2~4日間
対応車種 ETCの普通車・軽自動車等(二輪車含む)
九州プラン 連続する3日間で「普通車:7,900円」「軽自動車:6,300円」/4日間で「普通車:8,900円」「軽自動車:7,100円」。対象エリアはこちら
熊本・佐賀・長崎プラン 連続する2日間で「普通車:5,900円」「軽自動車:4,700円」。対象エリアはこちら
熊本・大分・福岡プラン 連続する2日間で「普通車:5,600円」「軽自動車:4,500円」。対象エリアはこちら
熊本・宮崎・鹿児島プラン
連続する2日間で「普通車:6,300円」「軽自動車:5,000円」。対象エリアはこちら
申込方法 西日本観光周遊ドライブパスの公式サイトから申し込みできます

⇒西日本観光周遊ドライブパスの公式サイトはこちら

岐阜県周遊ドライブプラン G割 2021


岐阜県内の高速道路(一部区間は除く)が、連続する2日間・3日間乗り放題で利用できる「岐阜県周遊ドライブプラン G割 2021」。
通常の高速道路料金より約40%お得になります。
プランは大きく2つになります。まずAプランは

岐阜県内乗り放題コース2~3日間<発着なしコース>


静岡西部・愛知東三河→岐阜プラン2日間<発着付きコース>


また、静岡県の静岡西部・愛知東三河からの「発着プラン」もありますので、周辺にお住いの方や静岡県の次は岐阜県に観光に行くぞ!と考えている方に打ってつけです。

それでは早速、対象エリアと対象期間、そして料金等を紹介しましょう。

岐阜県周遊ドライブプラン G割 2021の対象エリア/対象期間&料金

対象期間 2021年11月3日(水)~2022年3月31日(木)のうち、連続する2~3日間
対象外の期間 2021年12月27日(月)~2022年1月4日(火)、【年末年始の交通混雑期】
対応車種 ETCの普通車・軽自動車等(二輪車含む)
岐阜県内乗り放題コース(発着なし) 連続する2日間で「普通車:5,800円」「軽自動車:4,600円」/連続する3日間で「普通車:6,800円」「軽自動車:5,400円」
静岡西部・愛知東三河→岐阜プラン2日間(発着あり) 連続する2日間で「普通車:9,100円」「軽自動車:7,200円」
申込方法 岐阜県周遊ドライブプラン G割 2021の公式サイトから申し込みできます。

⇒岐阜県周遊ドライブプラン G割 2021の公式サイトはこちら!

飛騨・富山ドライブプラン


飛騨富山の高速道路が2~3日間定額で乗り放題。
また、名古屋、彦根、浜松などからの1往復がついたコースもあり。

飛騨・富山ドライブプラン の対象エリア/対象期間&料金

対象期間 2021年11月6日(土)~2022年3月31日(木)のうち、連続する2~3日間
※1月以降の出発分は12月中旬ごろから申込み開始
対象外の期間 【年末年始の交通混雑期】
対応車種 ETCの普通車・軽自動車等(二輪車含む)
A飛騨・富山周遊エリア 連続する2日間で「普通車:4,200円」「軽自動車:3,300円」
B郡上・飛騨・富山周遊エリア 連続する3日間で「普通車:7,200円」「軽自動車:5,700円」
一宮・岐阜発着コース・B周遊 連続する2日間で「普通車:8,400円」「軽自動車:6,700円」/連続する3日間で「普通車:9,400円」「軽自動車:7,500円」
彦根・名古屋発着コース・B周遊 連続する2日間で「普通車:9,300円」「軽自動車:7,400円」/連続する3日間で「普通車:10,400円」「軽自動車:8,300円」
豊田・岡崎・浜松発着コース・B周遊 連続する2日間で「普通車:10,100円」「軽自動車:8,000円」/連続する3日間で「普通車:11,100円」「軽自動車:8,800円」
申込方法 飛騨・富山ドライブプランの公式サイトから申し込みできます。

⇒飛騨・富山ドライブプランの公式サイトはこちら!

ドライブtoあいち2021


首都圏を始め、愛知県近辺にお住まいの方が愛知県観光、例えば名古屋城、国宝犬山城、トヨタ産業技術記念館等を観光したい、または旅行を楽しみたいと思いましたら「ドライブtoあいち 2021」を活用しましょう。

このプランは、対象の高速道路を定額で周遊でき、なおかつ愛知県内の人気の観光施設(102ヶ所)の入場、ショッピング、食事で使える「お買い物券(5,000円または3,000円)」がセットになったプランです。

A~Fまで8つのコース詳細は⇒こちら

ドライブtoあいち 2021の対象エリア/対象期間&料金

対象期間 2021年11月3日(水)~12月26日(日)連続する2~3日間
対象期間注意事項 2022年2月28日(月)まで実施予定。2022年1月以降の出発分については、2021年12月上旬(予定)より申込みの受付を開始
対応車種 ETCの普通車・軽自動車等(二輪車含む)
A【首都圏発】首都圏エリアから出発【3日間】 お買物券5,000円で「普通車:15,200円」「軽自動車:13,100円」/お買物券3,000円で「普通車:13,200円」「軽自動車:11,100円」
B 静岡・富士出発プラン3日間<発着付き> お買物券5,000円で「普通車:12,200円」「軽自動車:10,700円」/お買物券3,000円で「普通車:10,200円」「軽自動車:8,700円」
C 浜松出発プラン2日間<発着なし> お買物券5,000円で「普通車:9,600円」「軽自動車:8,700円」/お買物券3,000円で「普通車:7,600円」「軽自動車:6,700円」
D 松本・諏訪出発プラン3日間<発着なし> お買物券5,000円で「普通車:11,200円」「軽自動車:10,000円」/お買物券3,000円で「普通車:9,200円」「軽自動車:8,000円」
E 福井・石川・富山西部出発プラン3日間<発着なし> お買物券5,000円で「普通車:12,100円」「軽自動車:10,600円」/お買物券3,000円で「普通車:10,100円」「軽自動車:8,600円」
F 長浜・八日市出発プラン2日間<発着なし> お買物券5,000円で「普通車:10,200円」「軽自動車:9,200円」/お買物券3,000円で「普通車:8,200円」「軽自動車:7,200円」
G 津・松坂出発プラン2日間<発着なし> お買物券5,000円で「普通車:8,100円」「軽自動車:7,500円」/お買物券3,000円で「普通車:6,100円」「軽自動車:5,500円」
H美濃・中津川出発プラン2日間<発着なし> お買物券5,000円で「普通車:7,500円」「軽自動車:7,000円」/お買物券3,000円で「普通車:5,500円」「軽自動車:5,000円」
申込方法 ドライブtoあいち 2021の公式サイトから申し込みできます。

⇒ドライブtoあいち 2021の公式サイトはこちら!

静岡ドライブプラン


静岡県内の高速道路が定額で乗り放題となるETC車限定の「速旅『静岡ドライブプラン』」。
静岡県内の高速道路(一部区間を除く)が連続する2日間乗り放題となります。
首都圏や長野、愛知、三重の各エリアから出発の方には、静岡県までの往復の高速道路料金をセットにしたプランも用意。通常の高速道路料金より30%以上お得になります。

静岡ドライブプランの対象エリア/対象期間&料金

対象期間 2021年11月3日(水)~2022年2月28日(月)連続する2日間
対象期間注意事項 2021年12月末の出発分まで受付中。2022年1月以降の出発分については、2021年12月中旬(予定)より申込みの受付予定※2021年12月27日(月)~2022年1月4日(火)【年末年始の交通混雑期】は申し込み不可
対応車種 ETCの普通車・軽自動車等(二輪車含む)
A静岡・山梨県域周遊プラン<発着なし 連続する2日間で「普通車:8,200円」「軽自動車:6,900円」
B 富士山周遊プラン<発着なし> 連続する2日間で「普通車:5,400円」「軽自動車:4,400円」
C 首都圏発⇒富士山周遊プラン<発着付き> 連続する2日間で「普通車:7,100円」「軽自動車:5,800円」
D 静岡県域周遊プラン<発着なし> 連続する2日間で「普通車:6,100円」「軽自動車:4,900円」
E 長野発⇒静岡県域周遊プラン<発着付き> 連続する2日間で「普通車:9,100円」「軽自動車:7,400円」
F 首都圏発⇒静岡県域周遊プラン<発着付き> 連続する2日間で「普通車:9,200円」「軽自動車:7,500円」
G 愛知発⇒静岡県域周遊プラン<発着付き> 連続する2日間で「普通車:8,600円」「軽自動車:7,000円」
H三重発⇒静岡県域周遊プラン<発着付き> 連続する2日間で「普通車:10,300円」「軽自動車:8,400円」
申込方法 静岡ドライブプランの公式サイトから申し込みできます。

⇒静岡ドライブプランの公式サイトはこちら!

信州めぐりフリーパス2021


長野県内の高速道路が2~3日間定額料金で乗り放題!
首都圏や名古屋から出発し、長野県までの1往復がセットになったプランも。

信州めぐりフリーパス2021の対象エリア/対象期間&料金

対象期間 2021年11月3日(水)~30日(火)のうち、連続する2~3日間
対応車種 ETCの普通車・軽自動車等(二輪車含む)
首都圏出発プラン 連続する2日間で「普通車:8,700円」「軽自動車:6,600円」/連続する3日間で「普通車:9,700円」「軽自動車:7,600円」
名古屋出発プラン 連続する2日間で「普通車:10,000円」「軽自動車:8,000円」/連続する3日間で「普通車:11,000円」「軽自動車:9,000円」
周遊プラン 連続する2日間で「普通車:5,600円」「軽自動車:4,600円」
申込方法 信州めぐりフリーパス2021の公式サイトから申し込みできます。

⇒信州めぐりフリーパス2021の公式サイトはこちら!

ググっとぐんまフリーパス(首都圏出発プラン)


首都圏出発エリアから群馬県内の周遊エリアまでの1往復に加え、周遊エリア内の高速道路が乗り降り自由となるプラン。群馬県内約50箇所の観光施設などの入場料割引特典が付いています。

信州めぐりフリーパス2021の対象エリア/対象期間&料金

対象期間 2021年11月3日(水)~30日(火)のうち、連続する2日間※日帰りも可能
対応車種 ETCの普通車・軽自動車等(二輪車含む)
首都圏出発プラン 連続する2日間で「普通車:6,100円」「軽自動車:4,900円」
申込方法 ググっとぐんまフリーパスの公式サイトから申し込みできます

⇒ググっとぐんまフリーパスの公式サイトはこちら!

東北観光フリーパス


連続する最大2日間(土日祝を含む)または最大3日間(曜日は問わない)に、対象エリア内の高速道路が定額で乗り降り自由。プランは東北エリアの周遊と、首都圏発着の東北エリア周遊大きく分けて2つあります。

周遊プランは3種類

【東北6県周遊プラン】

期間 普通車 軽自動車など
2日間 7,600円 6,100円
3日間 10,700円 8,100円

【北東北周遊プラン】

期間 普通車 軽自動車など
2日間 7,100円 5,600円
3日間 8,700円 7,100円

【南東北周遊プラン】

期間 普通車 軽自動車など
2日間 6,100円 4,600円
3日間 7,600円 6,100円

首都圏発着プランは2種類

首都圏発着エリア内から周遊エリアまでの1往復と対象エリア内の周遊を組み合わせたプランです。
周遊エリアは上のMAPと同じです。
【東北6県周遊プラン(首都圏発着)】

期間 普通車 軽自動車など
3日間 16,000円 12,800円

【南東北周遊プラン(首都圏発着)】

期間 普通車 軽自動車など
2日間 10,500円 8,400円
3日間 13,500円 10,800円

東北観光フリーパス/対象期間&料金

対象期間 (2日間型・土日祝含む連続)2021年11月5日(金)~12月20日(月)
(3日間型・曜日は問わない連続)2021年11月5日(金)~12月23日(木)
※日帰り利用も可能
対応車種 ETCの普通車・軽自動車等(二輪車含む)
申込方法 東北観光フリーパスの公式サイトから申し込みできます

⇒東北観光フリーパスの公式サイトはこちら!

北海道冬トクふりーぱす


プランは、道北プラン、道東プラン、道南プランの3つです。
ドラ割だけでもお得なところ、今回は7つの特典も見逃せません。
①シーニックバイウェイ北海道の各ルート施設で、日帰り入浴割引等の特典・サービス
②対象のプリンスホテル、アパホテルで特別宿泊プラン
③道内アウトレットで買物・食事券やクーポンをプレゼント
④対象レンタカー会社のレンタカーが限定価格
⑤道内スキーリゾートでリフト1日券の割引ほか
⑥指定のSA・PAで1,000円以上(税込)利用で100円引き
⑦道内の飲食店でサービスが受けられる「地域寄り道特典」

北海道冬トクふりーぱす/対象期間&料金

対象期間 2021年11月19日(金)~2022年4月4日(月)のうち、連続する2~3日間
※年末年始含め平日・休日を問わず利用可能
対応車種 ETCの普通車・軽自動車等(二輪車含む)
3プラン共通料金 連続する2日間で「普通車:6,100円」「軽自動車:4,900円」/連続する3日間で「普通車:77,100円」「軽自動車:5,700円」
申込方法 北海道冬トクふりーぱすの公式サイトから申し込みできます

⇒北海道冬トクふりーぱすの詳細と申込みはこちら

セットでお得!宿泊セットドライブプラン

このプランは「高速道路周遊パス(約50%割引)」と提携宿泊施設の支払いに使える「宿泊商品券」がセットになったプランです。

申込み方法は簡単。対象の宿泊施設に予約し、それからドライブプランに申し込むだけ。申込み確認書をプリントアウトして登録したETCカードでお出かけすればOK!

対象エリアは
○東京・千葉エリア
○伊豆・箱根エリア
○長野・山梨エリア
○遠州・三河エリア
○伊勢志摩・紀伊エリア
○北陸・近江エリア
〇飛騨・美濃エリア
と分かれており、更に
かんぽの宿×速旅プラン」「ダイワロイヤルホテルグループ×速旅プラン」も用意されています。

宿泊施設によって申込み期限が違いますので、早めに対象の宿泊施設を予約しましょう。

2021ツーリングプラン

二輪車で対象エリアの高速道路が乗り放題になる周遊プラン「2021ツーリングプラン」が登場です。

利用期間は「2021年11月8日~30日(火)」プランごとに「連続する最大2~3日間」が対象エリアの全18コースで乗り放題になります。
対象車両はETC無線通信により高速道路を走可能な二輪車です。

首都圏・中京圏・関西・四国・九州。それぞれのプランを見ていきましょう。

首都圏コース

①関越道・東北道コース 2日間 3,000円
②東北道・常磐道コースミニ 2日間 2,500円
③東北道・常磐道コースワイド 3日間 5,100円
④東関東道・館山道コース 2日間 2,500円
⑤首都圏 東名・中央道コースミニ 2日間 2,500円
⑥首都圏 東名・中央道コースワイド 2日間 3,900円

⇒首都圏コースの詳細と申込みはこちら

中京圏コース

⑦中京圏 東名・中央道コース 2日間 3,600円
⑧伊勢道コース 2日間 3,100円
⑨東海北陸道・北陸道コース 3日間 5,100円
➉中央道・東海北陸道コース 2日間 2,000円

⇒中京圏コースの詳細と申込みはこちら

関西コース

⑪名神・北陸道・京都縦貫道コース 2日間 3,600円
⑫中国道・山陽線・播担道コース 2日間 3,100円
⑬阪和道コース 2日間 2,500円

⇒関西コースの詳細と申込みはこちら

四国コース

⑭香川・徳島・高知コース 2日間 3,100円
⑮愛媛・高知コース 2日間 3,100円

⇒四国コースの詳細と申込みはこちら

九州コース

⑯熊本・佐賀・長崎コース 2日間 3,100円
⑰熊本・大分・福岡コース 2日間 3,100円
⑱熊本・宮崎・鹿児島コース 3日間 4,600円

⇒九州コースの詳細と申込みはこちら

ETCカード&車載器が無い方お断り!高速道路周遊パス・定額はETCが必須!

高速道路周遊パス・定額乗り放題のためにETCを用意!


これまで各地域で利用できる周遊パスを紹介していきましたが、全員が全員、利用できるわけではございません。
「ETCカード」「ETC車載器(セットアップ済み)」この2点がないと利用できないのです。
「でも、高速道路のPA・SA、それに料金所でフリーパスのチケットか何かを購入できるのでは?」残念ながらフリーパスやチケットなどの媒体はありません。

また申し込みの際には必ず、ETCカード情報の入力が必要で、持っていないとお得なプランを利用できないのです。

こんなに簡単?!5分で終わるインターネット申込

「高速道路の周遊パスは確かにお得で魅力的だけど…申し込み方法が面倒では?」そんな心配する必要はありませんよ!
インターネットと手元にETCカードを用意しておけば、早い方ですと5分以内に完了します。
それではその手順を簡単に解説していきます。

まずはプランを選択

利用したいドライブパスのホームページに移動し、自分がどのプランに申し込むかを選択しましょう。
選択が完了しましたら、次のページに「利用約款及び個人情報の取り扱いについて」の項目が出てきますので、問題なければ、
・利用約款および個人情報の取り扱いについて同意する
・お申し込み前に、周遊エリア・利用日程を確認しました
この2点にチェックを入れて次のページに進みましょう。

利用開始日&個人情報の入力

利用開始日を設定する項目があります。ここで間違えると、せっかくの周遊プランが無駄になるため、最後にもう一度確認しておきましょう。
次に個人情報の入力を求められます。入力内容は下記の通りです。
・利用車種
・名前
・居住都道府県
・電話番号
・メールアドレス
・ETCカード番号
・ETCカード有効期限
・アンケート
これらの項目の入力が完了し、後は最終確認して送信すれば終了です。
後程、申し込みを確認したというメールが届きますので、必ず確認しましょう。
そこには、申し込み内容・注意点・利用者情報が記載されているため、万一、異なった内容であれば修正が必要になります。
そして何より、修正のためにはメールに記載されている申込番号が必要ですので、メールはとっておきましょう!

周遊パス×クレジットカードでお得が加速!おすすめクレジットカードとは?

最短でETCカードを発行するならセゾンカード!


「いますぐETCカードを発行したい!」と思ったら、セゾンカード
セゾンカードでは各地域にある「最短即日カード発行対応のセゾンカウンター」受取にすることでその日のうちにクレカを受け取れます(19:30以降の申し込みは翌日扱いです!!
クレジットカードを「店頭受取」、ETCカードは「発行しない」で申込み、審査に通り店頭でクレジットカードを受け取った時に店頭でETCカードの発行をお願いしましょう!
⇒ セゾンカードのお申込みはこちら
⇒ 即日発行・スピード発行のおすすめETCカードはこちら!

高速道路でお得なイオンカードと当日発行できるイオンカード

イオン E-NEXCO passカード


高速道路でお得なクレジットカード「イオン E-NEXCO passカード」。最短5分でスマホアプリにクレジットカードが作れます。ETCカードは最短翌日発行となります。
⇒ETCカードを即日発行で作れるセゾンカウンターやイオン店舗
このカードは、イオンカードの特典をそのままに、高速道路で利用できる各特典を用意した優れものです。
・NEXCO東日本エリアのSAやPA内でのショッピング時、WAON POINTが2倍貯まる
・WAON POINTをE-NEXCOポイントに交換可能(交換レートは、WAON POINT1,000→E-NEXCOポイント500)
⇒ イオンカード E-NEXCOpassの申し込みはこちら

イオンカードセレクト&イオンカード(WAON一体型)ならクレカもETCカードも即日発行


イオンカードセレクトイオンカード(WAON一体)はセゾンカード同様、クレジットカードとETCカードの即日発行が可能になりました。
イオンカード(WAON一体型)は最短5分でスマホアプリにクレカが作れます。
ただし、ETCカードは最短翌日発送となりますので、即日欲しい方はカウンター受け取りで!
即日発行する方法は非常に簡単で、通常通りWebで申し込みます。
入力画面を進めていくと、【カード付帯サービスのお申込み】という項目が出ますので、
ETCカードは【申込みません】を選択
クレカは【店舗で受け取ります】を選択⇒受け取る店舗を選択
③無事、審査に通り店舗でクレカを受け取ったらその場でETCカードを申込む
これでOKです。ただし、受け取りができる店舗は限られていますし、申し込み当日受取ができるのは18時までです。
なので最低でも17時には申し込みを完了させる必要があります。
カードの審査が終わると通知メールが届くので、そこに記載されている店舗に行きましょう。
重要なのは、即日発行できるクレジットカードはイオン系列でしか利用できない「仮カード」ですが、一緒に即日発行できるETCカードは正規のものだということです。
この時利用したETC料金はイオンカード申込時に銀行口座を設定していれば「毎月10日締め」「翌月2日払い」で銀行口座より引き落としされます。
銀行口座を設定していない場合は、後日払込用紙が郵送されます。
⇒ イオンカードセレクトの詳しい説明はこちら
⇒ イオンカードセレクト(WAON一体)の詳しい説明はこちら

楽天カードはマストカード?!加盟店利用で更なるお得を実現!


楽天カード」は、楽天市場のみならず、実店舗や私達のカーライフを支える便利なクレジットカードです。
通常、楽天カードのポイント還元率は1%ですが、加盟店で利用するとポイントが2~3倍にアップ!
また、ガソリンスタンド大手「ENEOS」も加盟店契約を結んでいるため、常時ポイントが2%貯まりますので、実質、2円/L引き。
便利な楽天カードを1枚、所有してみてはいかがでしょうか。
楽天カードETCカードの詳細はこちら

高速道路の周遊プラン×クレジットカードでお得な旅を!

いかがでしたか?
高速道路では確かに、休日割引・深夜割引などのETC割引があるものの、利用するたびに料金がとられますよね?
しかし、周遊プランに申し込めば期間中、高速道路を乗り放題できますし、プランの中には各地で利用できる特典まで。
高速道路を休日、または長期休暇で利用を検討しているなら、高速道路の周遊プランを申し込んでみてはいかがでしょうか。

PAGE TOP