マイル

沖縄旅行にマイルで行くならJALとANAどっち?徹底検証!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

綺麗な海や豊かな自然、アクティビティやグルメ、ちょっとした外国感も味わえる沖縄に行って思いっきりリゾートしたい!
と考えている人は多いはず。

でも飛行機代や宿泊費を考えるとけっこうお金がかかりますよね。

ならば、飛行機のチケットはマイルで確保するしかありません!!
今回の記事ではANAとJALのマイルを使う沖縄行き特典航空券について徹底リサーチしています。

マイルで行くことを考えていた方も、「マイルが貯まったらいつか沖縄へ……」と考えているだけではいけません!
国内特典航空券の中でも常に争奪戦と言われる沖縄チケットも、予約の仕方次第で確実に手に入れることができます!
ANA、JALどちらのマイルがお得か気になっている方はもちろん、すでにマイルを貯めている方も、賢くお得に沖縄行きの特典航空券を手に入れましょう!

特典航空券の必要マイル数は何で決まるの?

ANAとJALのマイレージプログラムでは、特典航空券の交換に必要なマイル数の設定基準が少々異なります。
まずは各社の必要マイルの決まり方を知りましょう。

ANAは時期(シーズン)と距離(区間)で決まります

ANAは1年を「ローシーズン(L)」「レギュラーシーズン(R)」「ハイシーズン(H)」の3つに区分。閑散期のローシーズンは少なめ、ハイシーズンの混雑期には必要マイル数を多めに設定しています。
さらに同じシーズン内でも飛行距離(区間)で必要マイル数は異なるので、発着空港によっても必要なマイル数は違ってきます。

ANAシーズンチャート

L
(ローシーズン)
2020年
1/6~2/29
4/1~4/23
12/1~12/24
2021年
1/5~2/28
4/1~4/27
12/1~12/24
2022年
1/4~2/28
R
(レギュラーシーズン)
2020年
3/1~3/12
5/11~8/6
8/24~11/30
2021年
3/1~3/11
5/10~8/5
8/23~11/30
2022年
3/1~3/10
H
(ハイシーズン)
2020年
1/1~1/5
3/13~3/31
4/24~5/10
8/7~8/23
12/25~12/31
2021年
1/1~1/4
3/12~3/31
4/28~5/9
8/6~8/22
12/25~12/31
2022年
1/1~1/3
3/11~3/31

※シーズンチャート対象期間はキャンペーンなどで変更になる場合があります。2022年4月以降のシーズンチャートは2021年3月頃に決定予定。

ANA必要マイルチャート

マイレージ(1区間=片道) L(ローシーズン) R(レギュラーシーズン) H(ハイシーズン)
0~300マイル区間 5,000 6,000 7,500
301~800マイル区間 6,000 7,500 9,000
801~1,000マイル区間 7,000 9,000 10,500
1,001~2,000マイル区間 8,500 10,000 11,500

JALは距離による3つの区間で決まります

JALはシーズン分けがなく、年間を通じて時期による必要マイル数の変動はありません。
関係するのは距離のみで、全国の路線を3つの区間に分けて、「A区間」「B区間」「C区間」の順に必要マイル数が多くなっていきます。

JAL必要マイル区間

区間 特典交換必要マイル数(1区間=片道、2区間=往復)
A区間 1区間: 6,000 2区間:12,000
B区間 1区間: 7,500 2区間:15,000
C区間 1区間:10,000 2区間:20,000

JALグループ国内線 特典航空券 必要マイル早見表」はコチラ

特典航空券交換に必要なマイル数:ANAは時期×距離、JALは距離

沖縄へマイル特典で行くならどっちがお得?

では次にANAとJALの沖縄までの必要マイル数を見ていきましょう。

現在、沖縄への直行便は、ANAは19路線で1日49便、JALは8路線1日29便あります。ただし特典航空券はすべての区間(路線)で設定されているわけではなく、さらに設定区間でも特典航空券を利用できる便や席数は決まっています。※HPの画面上で一般販売の席に空きがあっても、特典航空券での利用は不可という場合があるので注意しましょう。

【ANAの場合】
ANAで沖縄(往復)に行く場合の必要マイル数は次の表のとおりです。

発着空港 ローシーズン レギュラーシーズン ハイシーズン
札幌・仙台・新潟 17,000マイル 20,000マイル 23,000マイル
東京・名古屋・静岡 14,000マイル 18,000マイル 21,000マイル
大阪より西 12,000マイル 15,000マイル 18,000マイル

※大阪より西は広島・岩国・松山・高松・福岡・熊本・長崎・宮崎・鹿児島
※東京は羽田・成田、大阪は伊丹・関空・神戸
※小松と富山は乗り継ぎ便のみで4区間とカウントするため(L)17,000マイル(R)20,000マイル(H)23,000マイル

東京近郊から沖縄までANAマイルの特典航空券を利用する場合、ローシーズンなら往復(2区間)で必要になるマイル数は1人あたり14,000マイル
大阪より西(広島・岩国・高松・松山・福岡・宮崎・熊本・長崎・鹿児島)での発着なら、レギュラーシーズンでも往復15,000マイルと少なめです。

【JALの場合】
JALで沖縄(往復)に行く場合の必要マイル数は次の表のとおりです。

区間 特典交換必要マイル数(1区間=片道、2区間=往復)
A区間 1区間: 6,000 2区間:12,000
B区間 1区間: 7,500 2区間:15,000
C区間 1区間:10,000 2区間:20,000

JALで沖縄への特典航空券が設定されている地域は以下の通り。
A区間=奄美大島・沖永良部・与論・北大東・南大東・久米島・宮古・石垣宮古島・石垣島離島
B区間=東京・大阪・名古屋・福岡・小松・岡山

JALの場合はANAのように複雑ではなく年間を通じてどこからでも15,000マイルと考えればいいので簡単です。

詳しくは「JALグループ国内線 特典航空券 必要マイル早見表

ANAとJALの各地から沖縄までの必要マイル数を比較

一目でわかるように主要空港からの沖縄往復に必要なマイル数を並べてみましょう。
沖縄⇔札幌・仙台
ANA L:17,000 R:20,000 H:23,000
JAL 直行便なし
沖縄⇔東京・名古屋
ANA L:14,000 R:18,000 H:21,000
JAL 15,000
沖縄⇔大阪・福岡
ANA L:12,000 R:15,000 H:18,000
JAL 15,000

発着空港にもよりますが、ローシーズンはANAレギュラーシーズンは大阪より東の空港はJALハイシーズンはどの空港からもJALのほうが少ないマイル数で特典航空券を利用できます。

沖縄本島から、さらに宮古島・石垣島まで移動する場合は少し注意が必要です。
ANAは特典航空券エリアに沖縄の離島航路(宮古島・石垣島)が含まれていて、東京から離島まで最小17,000マイルで行くことができます。
一方、JALは沖縄⇔離島間の特典航空券が別途必要でマイルも別計算になります。
東京⇔沖縄⇔石垣島の旅程の場合、ANAは17,000~23,000マイルで交換できますが、JALでは21,000~27,000マイルが必要です。

国内特典航空券の予約開始日も重要なポイント!

次に特典航空券の取りやすさについて考えてみましょう。

沖縄に限ったことではありませんが、特典航空券が最も取りづらいのはGWや夏休み期間。連休や年末年始もほぼ争奪戦になります。
それはANAでもJALでも同じことです。
沖縄への特典航空券を確実に手に入れるためには、できれば予約開始日早々に予約することが大切になってきます。

じつはANAとJALでは国内特典航空券の予約開始日が異なります。

ANAは年に2回(夏・冬)の運行ダイヤ期間ごとに予約開始時期が設定されることになっていて、特典航空券も約半年前から搭乗日前日まで予約ができます
運航ダイヤの発表(特典航空券の予約開始日※開始時間はそのつど発表)は以下のとおりです。
●夏ダイヤ(3月最終日曜日~10月最終日曜日の直前の土曜日搭乗分)=1月下旬頃
●冬ダイヤ(10月の最終日曜日~翌年3月の最終日曜日の直前の土曜日搭乗分)=8月下旬頃

JALの特典航空券の申し込みは、搭乗日の330日前の9時30分(日本時間)から搭乗日前日までです。

ANAの国内特典航空券の予約開始は年に2回、約半年前から
JALの特典航空券の予約開始は330日前からできます

マイルの特徴で判断しよう!あなたはANA派?JAL派?

ここ数年のANAとJALの沖縄への特典航空券の予約状況を見る限り、ANAは便数が多いにもかかわらずJALより空席が少なく確保しづらい傾向にあります。
実際、「ANAの特典航空券は取りづらい」という声を聞いたことがある方も多いと思います。
でもどちらのマイルがより確実に特典航空券を利用した沖縄旅行を可能にするか、さらにはどちらの特典航空券にお得さを感じるかは、実際にはあなた次第です。

ではもう一度、ANAとJALの沖縄行き特典航空券の特徴をおさらいしてみましょう。

●ANA
・レギュラーシーズンやハイシーズンの必要マイル数は割高
・ローシーズンは少ないマイル数で利用できる
・沖縄への特典航空券を利用できる路線や便数が多い(直行便で行ける)
・人気で取りにくいことがある
・特典航空券は普通クラスのみでプレミアムクラスは利用できない

●JAL
・シーズンによる必要マイル数の変動がないので、年末年始やGWなどチケット代が高くなる混雑期はとくにお得感がある
・沖縄への特典航空券の路線や便がANAより少ない
・予約開始日が早いので、予定を早く決められる人は予約を取りやすい
・1区間1名2,000マイル追加でクラス Jも利用できる(クラス Jの設定のない路線・便もあり)

どうですか?
あなたにとってどちらのマイルを貯めるのがいいのか、判断できましたか?

ここまで読んでいただいて、「次の旅行は特典航空券で沖縄に!」という気分になった方も多いはず!
例えば東京近郊から沖縄までANAマイルの特典航空券を利用するならローシーズンであれば1人当たり14,000マイル、JALならいつでも15,000マイルで行けるのです!
ただし、マイルは特典航空券を利用する人数分が必要で幼児や子供、高齢者でも割引はありません。

4人家族であれば14,000×4=56,000マイルが必要になります。
仕事や旅行で国内線を利用している程度では、なかなか貯まらないマイル数です。

そこで大切になってくるのがマイルを貯めるためのカード選びです。

ANAマイル、JALマイルが貯まるおすすめクレカをピックアップ

沖縄旅行への特典航空券を手に入れるためにも、マイルはどんどん貯めたいもの。それにはマイルがより効率的に貯まるクレジットカードを持つことです。おすすめ厳選カードをご紹介します!

【アメリカン・エキスプレス・カード】ANAもJALもフルに活用!どっちのマイルを貯めるのがいいか迷うならこれ!

ANAのマイルを貯めるならANAカード、JALのマイルならJALカードというのが鉄則ですが、この記事を読んでも「どっちを貯めるのがいいか決められない」とか「できることなら両方集めて状況に合わせてマイルを使いたい」という人もいるはす。
そんな人におすすめなのが【アメリカン・エキスプレス・カード(以下、アメックス)】です。
アメックスのポイントはANAマイルにもJALマイルにも交換することができるのです!

さらにポイントプログラム「メンバーシップ・リワード・プラス」に登録すれば、ポイントを通常よりも有利なレートでANAやJALのマイルに交換可能です。

●マイルへの交換レート

通常の場合
JALマイル:3,000ポイント=1,000マイル
ANAマイル:2,000ポイント=1,000マイル

「メンバーシップ・リワード」加入の場合
JALマイル:2,500ポイント=1,000マイル
ANAマイル:1,000ポイント=1,000マイル

特典航空券に必要なポイントが貯まった時点で、自分にとってANAとJALどちらの特典航空券がよりお得感があるかを判断してからマイルに交換するばOK。
ポイントの有効期限が無期限(通常は最大3年)になるのもメリットです。

年会費は少々高めですがアメックスならではの特典やサービス、補償は他のカードのゴールドカードに負けない充実度。普段の生活にはもちろん、優雅な旅を楽しむための要素が満載です。
例えば国内外29空港の空港ラウンジの利用はカード会員と同伴者1名まで無料。さらに国内外1,200カ所以上の空港VIPラウンジ利用できる「プライオリティ・メンバーシップ」にも無料で登録できます。

【アメリカン・エキスプレス・カード】の詳細

年会費 12,000円(税別) 家族カード6,000円(税別)
ETC年会費 無料/新規発行手数料850円(税別)
ポイント最大還元率 0.5%
ポイント カードご利用代金100円につき1ポイント
メンバーシップ・リワード・プラス 年間3,000円(税別)

※ANA、JAL以外にもヴァージン アトランティック航空、エールフランス- KLM航空、エミレーツ航空、フィンランド航空などのマイルにも交換可能

【ANAアメリカン・エキスプレス・カード】ANAマイルだけ貯めるならこれ!

ANAアメリカン・エキスプレス・カードは、ANAとアメリカン・エキスプレスが提携して発行するANAカード。
ボーナスマイルとして入会時に1,000マイル、毎年のカード継続時に1.000マイル、フライト利用で区間マイレージの+10%のマイルがもらえます。
ショッピング利用では100円で1ポイントの高還元率です。

また「ポイント移行コース」に登録すれば「1,000ポイント→1,000ANAマイル」の高レートで交換できます。さらにポイントの有効期限がなくなるので実質無期限でANAマイルを貯められるのも大きなメリット。特典航空券の予約に関してもANAカード会員は先行予約ができます

国内28空港・海外2空港でのラウンジを同伴者1名まで無料で利用できるのもうれしいところ。その他、アメックスならではの手厚いカード補償も付いています。

【ANAアメリカン・エキスプレス・カード】の詳細

年会費 7,000円(税別) 家族カード2,500円(税別)
ETC年会費 無料/新規発行手数料850円(税別)
マイル移行に伴う手数料 「ポイント移行コース」年間6,000円(税別)
ポイント最大還元率 0.75%
カード利用100円につき1ポイント(公共料金・税金などは200円=1ポイント)
※ANAグループでのカード利用(航空券、ツアー、機内販売など)はポイント1.5倍

【JALカード】JALマイルを貯めるならこれ!

JALのマイルを効率よく貯めるにはJALが発行するJALカードは不可欠。一般カードなら年会費も初年度無料、2年目以降もお手頃です。
ボーナスマイルとして入会時後初めての搭乗時に1,000マイル、毎年初回の搭乗時に1,000マイル、フライト利用で区間のフライトマイレージ+10%のマイルがもらえます。
日常の買い物や公共料金の支払いでショッピングマイルとして「200円で1マイル」貯まりますが、全国約54,000店舗の特約店での利用なら「200円で2マイル」とマイルが2倍に!

さらに「JALカードショッピングマイル・プレミアム」年会費3,000円(税別)に入会すれば、通常「100円=1マイル」のところ「100円=2マイル」に還元率がアップ!
普段あまり飛行機には乗らないという方でも十分マイルを貯めることができます。

【JALカード】の詳細

年会費 初年度無料/2年目以降2,000円(税別)
家族カード1,000円(税別)「家族プログラム」に登録(無料)すれば家族で貯めたマイルを合算できます
ポイント最大還元率 2%
マイル カード利用代金200円で1マイル
※ショッピングマイル・プレミアム(年会費3,000円(税別)に入会すれば100円で1マイル
ETC年会費 無料

さいごに

ANAとJALのマイルを使った沖縄への特典航空券について、解説してきましたが、いかがでしたか?
同じ日本の航空会社でもけっこう違いがあり、その特徴を知ることが特典航空券を確実に手に入れるための近道です。
まずは今回ご紹介した特典航空券の情報を参考に、ANAとJALのどちらのマイルがあなたにとってお得で便利か再検討してみてはいかがですか?
そして特典航空券ゲットに必要不可欠なマイルをしっかり貯めるためにも、カード選びは大切なこともお忘れなく。効率よくマイルを貯めて、そのマイルをお得に利用して楽しい沖縄旅行を実現してください!

PAGE TOP