納税

納税ちょっと待った!楽天カードで固定資産税の支払い?もっとお得で損しないクレジットカードがありますよ!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

年に4回も支払う固定資産税は、ネットからクレジットカード支払いできることをご存知ですか?場所や時間を問わずに納税できる利便性や、クレジットカードのポイントがつくことは大きな魅力です。

楽天カードなどポイント還元率の高いカードを選ぶ方もいると思いますが、実はカード支払いには決済手数料がかかるので要注意。ポイントがほとんど相殺されてしまう可能性があります。

しかし手数料がかからずポイントが総取りできる、現在唯一の方法があります。
それは「セブンカード・プラス」を使ったnanaco払いです!
固定資産税や自動車税など、税金を払う皆さんに知っていただきたいこのやり方について、詳しく解説していきましょう。

固定資産税とは?いくら支払うもの?

固定資産税は、自宅や別荘、オフィスなどの土地や家屋、償却資産などの「固定資産」にかかる税金です。

地方税なので市町村に納めますが、東京23区は特例で東京都に納税します。
納税対象者は「毎年1月1日時点で対象の固定資産を所有している人」です。
固定資産税の金額は、次の計算式で求められます。
固定資産税額=固定資産評価額×税率(基本1.4%)
(例)
・固定資産評価額:2,500万円
・税率:1.4%
このような条件の家を所有していれば、固定資産税額は2,500万円×1.4%=35万円となります。

固定資産税額は物件を購入したときの金額ではありません。実際に納税する金額は、毎年5~6月頃に届く「固定資産税の納税通知書」で確認しましょう。

固定資産税は高額になりやすいので、年4回の分割払いが基本です。
中には年1回の一括払いを選択できる自治体もあります。

固定資産税の支払い方法は、納付書による現金払いや口座振替、ペイジー払い、そしてクレジットカード払いから選択可能。好きな方法で納税します。

固定資産税をクレジットカードで支払う3つのメリット


固定資産税のクレジットカード払いには、主に3つのメリットがあります。

①銀行窓口やコンビニに行かずに、いつでもどこでも支払える
②クレジットカードのポイントが貯まってお得!
③支払い記録がカード履歴に残り、家計管理しやすい

クレジットカードなら郵便局・銀行の窓口やコンビニに行かずに、好きな場所からインターネットで納税できます。日々忙しい会社員や自営業、主婦などは特に便利でしょう。

カードで支払えば、他のショッピングと同じようにカードのポイントが貯まります。
固定資産税は金額が大きいので、その分もらえるポイントも多いですね。

またカードを利用すると、その履歴が会員ページやマイページに残ります。
いついくらの税金を支払ったか、紙の納付書がなくてもしっかり家計管理できますよ。

固定資産税をクレジットカードで支払う際の2つの注意点


一方で固定資産税をカード払いする際に、注意しておきたいことが2つあります。

①決済手数料がかかる
②納税証明書に反映されるまでに時間がかかる

固定資産税以外の税金も含め、カード払いをすると「決済手数料」がかかります。
この手数料は支払い先の自治体によって異なるので、詳しくは実際に手続きする際に確認してみてください。
東京都や大阪市の例は後ほど記載してあります。

カード払いだとその支払金額を役所で確認できるまでに時間がかかるため、納税した事実が記載される「納税証明書」にすぐ反映させることができません。

カード払いの専用サイトに、納税証明書に反映される日付が表示されるので、問題ないか確認してから手続きしましょう。

固定資産税をクレジットカードで支払う2つの方法

クレジットカードで支払う際に使うサイトは主に2種類あり、納税する自治体によって使用サイトが変わります。
固定資産税だけでなく他の地方税も同じように支払えますので、覚えておいて損はないですよ!

①各自治体の専用サイトでの支払い

東京都や大阪市など独自の「クレジットカード納税サイト」を作っている自治体は、この専用サイトを使って納税します。
ちなみに大阪市では、クレジットカードに加えてApple Payも使用できるそうですよ。

この専用サイトを利用する際は、その金額に応じた決済手数料がかかります。
例えば東京都の決済手数料は次の通りです。


画像引用:都税クレジットカードお支払サイト(東京都主税局)

大阪市の手数料体系はこちら。自治体によって多少の違いがありますね。

画像引用:大阪市税 納付サイト(株式会社エフレジ)

専用サイトで支払う際に会員登録は不要ですが、納付情報を入力する必要があります。
納税通知書や納付書を手元に用意しておくと、スムーズに手続きできますよ。

②「Yahoo!公金支払い」での支払い

納付サイトを用意していない自治体には、「Yahoo!公金支払い」というサイトから納税できます。

こちらは他の税金納付だけでなくふるさと納税にも使用できるので、一度は使ったことがある人も多いかもしれません。

このサイトから納税する際にも、所定の決済手数料がかかります。この金額は納付先の自治体によって変動します。例えば茨城県つくば市だと、次のような手数料体系です。


画像引用:茨城県つくば市 固定資産税(Yahoo!公金支払い)

こちらも会員登録不要で手続きできますが、Yahoo! JAPAN IDでログインすると、Tポイントが支払いに使えるそうです。
Tポイントを貯めている方は利用するといいでしょう。

楽天カードVSセブンカード・プラス。固定資産税の支払いでお得なのはどっち?

実際にクレジットカードを使って固定資産税を納付するとき、どのクレジットカードを使うと有利なのでしょうか?

今回は高還元率カードの代表格「楽天カード」と、決済手数料を無料化できる裏技をもつ「セブンカード・プラス」を使ったときのお得感を比較します。

固定資産税を楽天カードで支払った場合


楽天カードは、年会費無料ながら100円につき1楽天ポイントがもらえる、ポイント還元率1%のクレジットカードです。
楽天市場で使えばさらに2%ポイントがもらえるなど、楽天関連サービスを使えば使うほどポイントがザクザク貯まるのも魅力ですね。

この楽天カードを使って、東京都に固定資産税を払った場合、いくら分が還元されるのか計算してみました。

(試算)

・楽天カードのポイント還元率:1%
・支払う固定資産税:10万円
・納付サイトの決済手数料:803円

支払金額10万円×1%=1000円
1000円−803円=197円

固定資産税をカード払いしてせっかく1000円分のポイントをゲットしても、決済手数料を差し引くと197円しか残らないという結果になりました。

決済手数料は1万円当たり70円程度の自治体が多く、これを割合に直すと0.7%程度になります。つまり0.7%以上のポイント還元率があるカードを使わないと、損をしてしまう可能性が高いということです。

⇒ポイント高還元!楽天カードにいますぐ申し込む

自動車税もクレジットカード払いで!楽天カードでお得なキャンペーンも

自動車税のカード払いもメジャーになりつつあります。楽天カードでは毎年お得なキャンペーンを実施です。

2020年はすでに5月31日で終了してしまいましたが、楽天カードで自動車税を払うと、抽選で1000名に2000ポイント当たるというキャンペーンを行っていました。

他のカード会社も含めて、4月から5月ごろには自動車税のキャンペーンをチェックしておきましょう!

固定資産税をセブンカード・プラスとnanacoで支払った場合

セブンカード・プラスも年会費無料で、比較的手に取りやすいカードのひとつ。
通常のポイント還元率は0.5%で、200円につき1nanacoポイント(電子マネー)がつきます。

さらにnanacoにチャージするだけでも0.5%のポイントがもらえたり、セブン−イレブンやイトーヨーカドー、ENEOSなどで利用すればポイント還元率が1%になったりと、何かとポイントが集めやすいのが特徴です。

セブンカード・プラスを使って納税する場合は、カード払いではなくコンビニ払いで行います。ここがこの裏技のポイントです。

まずセブンカード・プラスを使って、付帯しているnanacoを必要金額分チャージします。
そしてそのnanacoと固定資産税の納付書を使って、セブン−イレブンで支払うだけです!

ではどれくらいお得になるのでしょうか?

(試算)

・セブンカード・プラスからnanacoへのポイント還元率:0.5%
・支払う固定資産税:10万円
・納付サイトの決済手数料:不要

支払金額10万円×0.5%=500円

通常nanacoで商品を購入するときは、200円あたり1ポイントがつきます。しかし税金や公共料金などは、このポイント付与の対象外なのです。

しかしnanacoにチャージする金額分はポイントがつきますし、支払い時に決済手数料はかかりません。

そのため結果的に、セブンカード・プラスからnanacoにチャージした分のポイントがまるまる受け取れるのです。

ちなみにこの裏技は、カード払いに対応していない自治体や、他の公共料金・税金の支払いでも使えます。つまりかなり万能な方法ということ!すべてこの方法で支払えば、相当な金額が節約できるでしょう。

⇒nanaco付きセブンカード・プラスにいますぐ申し込む

nanacoのチャージ上限は5万円まで。ちょっとした手間をかけよう

実はnanacoにチャージできる金額の上限は5万円まで、セブンカード・プラスからnanacoにチャージできるのは1回につき3万円まで(スマホでのモバイルチャージは29,000円まで)という制限があります。

この壁を突破する手順を伝授しましょう!

【nanacoに高額チャージする手順】

①セブンカード・プラスから2回に分けて計5万円をチャージ(この状態を「センター預かり」といいます)

②セブン銀行ATMやイトーヨーカドーやセブン−イレブンのレジで、センター預かりになっているチャージ分をnanacoに移動させる

③再びセブンカード・プラスから計5万円をチャージ

④この状態で再度レジに行き、5万円ずつ固定資産税を支払う

少し面倒なのは、nanacoへのチャージは1日当たり3万円までしかできないため、この方法は4日かけて行う必要があることです。スキマ時間を使ってセブン−イレブンに通うといいですね。

ローソンのキャンペーンでdポイントがもらえる?

大手コンビニ・ローソンでも、公共料金や税金を払うとメリットが!2020年5月4日から6月30日まで、ローソンやナチュラルローソンなどで固定資産税や自動車税などの収納代行を利用すると、1件につき抽選でdポイントもしくはPontaポイントが最大5万ポイント当たるキャンペーンが実施されていました。

こうしたキャンペーンは来年も開催されるかもしれませんので、チェックしておきましょう。

結論:固定資産税はセブンカード・プラスとnanacoでクレジットカード支払い!

年4回まとまった金額を支払う固定資産税。お得感を追求するならクレジットカード払いがおすすめです。

楽天カードなどの高還元率カードを使う手もありますが、セブンカード・プラスを使ってコンビニでnanaco払いすると、決済手数料の負担がなくなり結果的にお得になりやすいです。ぜひ一度試してみてくださいね!

※nanaco払いの納税対応は年々変化しています。あらかじめお手元のバーコードをコンビニでスキャンしていただき、支払うことができるのか、確認をお願い致します。

PAGE TOP