クレジットカード

家族カードも年会費無料!タダなのにポイント還元がお得な家族のクレジットカード3選

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

家族カードを作りたい!
でも本当に便利なの?
デメリットはあるのかな?

そんなあなたに、家族カードのメリットやデメリットを整理した上で、おすすめの家族カードをご紹介します。

結論からいうと家族カードは、コストをほとんどかけずにお得なサービスを受けられる便利なサービスです。
カード選びで大切な条件は、年会費無料、ポイント還元率の高さ、そして普段の使い勝手。
どの家族カードを作ろうか考えながら読んでみてくださいね。

家族カードとは?発行できる家族は夫婦だけじゃない?

通常のクレジットカードを作成した人のことを「本会員」と呼びますが、この本会員の家族が作成できるカードが「家族カード」です。
ちなみに、家族カードを作成した人は「家族会員」と呼ばれます。

中には家族カードがないクレジットカードもありますが、よく名前を聞くクレジットカードならたいてい家族カードが作成可能です。

家族カードが発行できる対象者は、基本的に以下のように決まっています。

【家族カードの対象者】
・生計を同一にする配偶者、親、子ども
・子どもは18歳以上

同居していない親でも、カード本会員と生計が同一ならば家族カードを作成することができます。
一人暮らし中の成人した子どもに家族カードを与えるのも、よくある使いみちです。

一方で、生計を同一にする子どもでも、中学生や高校生に家族カードを持たせることはできません。
18歳未満がカードを持てないのは、通常のカードと同じですね。

カード会社によっては、「本会員が未成年者の場合は、家族カードを作成できるのは配偶者のみ」など、その他の条件がついているところもあります。
詳しくは作成したいカードの規約を確認するといいでしょう。

家族カードはメリットがいっぱい!

家族カードを作成するメリットはたくさんありますが、主に次の3つに集約できます。

メリット①専業主婦や学生、無職でもカードが持てる!

家族カードの作成にも入会審査があります。
しかし本会員の審査に比べたらかなりハードルが低く、家族カードの対象者であれば基本的に審査に通るというのが通説です。

そのため専業主婦や無職、フリーター、学生など、一定額の収入がないためにカードを作りにくい職業の方も、比較的カードが作りやすくなるのです。

ちなみになぜ審査のハードルが下がるのかというと、本会員が安定した一定額以上の収入を得ているから。
カード会社にも「カード会員を増やしたい」という思惑があるので、家族カードを発行しやすくしているのではないでしょうか。

メリット②家族全員でポイントを貯められて、年会費も割安!

家族カードで買い物をした場合、その代金に対してもポイントが付与されます。
家族がそれぞれ行動してカード払いをしていると、本会員が一人で買い物をしているときよりも、多くのポイントを集めやすくなります。

(例)ポイント還元率1%のカード(1ポイント=1円相当)を持っていた場合の比較

A.夫が本会員、家族カードは未発行の場合

夫のカード利用額:月10万円
家族分:なし

月間獲得ポイント数…10万円×1%=1,000ポイント(1,000円相当)
年間獲得ポイント数…1,000円×12ヶ月=12,000ポイント(12,000円相当)

B.夫が本会員、配偶者、長女、次女(ともに大学生)

夫のカード利用額:月10万円
妻のカード利用額:月10万円
長女のカード利用額:月3万円
次女のカード利用額:月2万円

月間獲得ポイント数…(10万円+10万円+3万円+2万円)×1%=2,500ポイント(2,500円相当)
年間獲得ポイント数…2,500ポイント×12ヶ月=30,000ポイント(3万円相当)

家族全員でカードを使うと、ポイントがザクザク貯まってお得ですね。

それから、年会費でもお得な点があります。
まず年会費無料カードなら家族カードも無料で作成可能です。

さらに年会費有料のカードでも、家族会員だと年会費が割安になることが多いです。
例えば、ステータスの高いゴールドカードで有名な「アメリカン・エキスプレス®・ゴールド・カード」の年会費は、このようになります。

・本会員:29,000円(税別)
・家族会員:1枚目は無料、2枚目以降は12,000円(税別)

本会員なら税込3万円以上かかるのに、家族なら1人は無料で持てます。
家族カードとはいえゴールドカードが無料で作成できるなんて、なかなかお得ですよね。

メリット③海外旅行傷害保険などの付帯サービスが利用できる

家族カードを持っていると、カードに付帯されている「海外旅行傷害保険」などの付帯サービスも、本会員とほぼ同様に受けられます

例えば海外旅行保険が付帯されているカードを家族も持っていると、家族で海外旅行に行って万一のことがあったときに、家族分も保険金が下りるようになるのです。
海外旅行保険に別途加入する必要がなくなるので、保険料の節約にもつながりますよ。

なおこの旅行傷害保険の対象になるのは、「そのカードで旅行代金や行き帰りの交通費を支払っている場合」という条件がついているカードも多いです(これを「利用付帯」といいます)。

もし直近で利用する予定がある方は、公式サイトなどで付帯条件を確認してみてくださいね。

家族カードのデメリットも知っておこう

家族カードは比較的メリットが多いですが、デメリットになりうることもありますので2つ紹介しておきます。

デメリット①本会員の利用可能額以上は使えない

本会員と家族会員がカードを利用できる金額は、本会員のカード利用可能額の範囲内まで。
この利用可能額を超えると、前月分の支払いが終わって数日経つまで、家族全員がカードを使えなくなってしまいます。

「子どもや親に家族カードを渡しておいたら、利用可能額いっぱいまでカードを使われてしまい、予定していたカード引き落としができなくなった」という事例もあります。
くれぐれも、ご利用は計画的に!

デメリット②家族のカード利用額が合算、利用履歴が共有される

家族カードを利用した代金は、本会員や他の家族会員と合算で支払います。
本カードや家族カードごとに支払いを分けることはできません。
また、カードの利用履歴は家族内で共有され、利用状況を一括で管理できます。つまりバレバレになります。

この二つの特徴については、メリットともデメリットとも言えるでしょう。
家族全体のカード利用額を一括で管理できることは便利だ、と捉える方にはメリットに。
家族に利用履歴を知られたくないし、自分の利用分は自分の口座から直接支払いたい、という方にはデメリットになります。

この特徴を知った上で、家族カードを作るかどうか決めるのがおすすめです。

家族カードも年会費無料で作れる!おすすめクレジットカード3選

では本会員と家族会員が共に年会費無料でカードを作れる、人気のクレジットカードを3つご紹介します。
日々の生活で使いやすく、メリットもたくさんあるカードばかりなので、ぜひチェックしてみてくださいね。

ちなみに家族カードの申込みは、基本的に本会員がマイページや申し込みフォームから申し込み手続きをします。
家族が勝手に申し込むことができない仕様になっています。

家族カードのおすすめ①楽天カード

楽天カードは会員数が非常に多い人気クレジットカードのひとつです。
その魅力はなんといっても、ポイントがザクザク貯まりやすいこと!
家族と一緒にポイントを有効活用できる、おすすめの一枚ですよ。

申し込み対象・家族カードを発行できる枚数

楽天カードの家族カードを申し込めるのは、「生計を同一にする配偶者、親、子ども(18歳以上)」の方。
生計を同一にする同性パートナー(LGBT)もお申し込みが可能です。
発行できる枚数は「5枚まで」となっています。

なお、すでに楽天銀行カードや楽天カードアカデミーなどを持っている方は、家族カードに申し込めませんのでご注意ください。

使えるカードブランド

家族カードのカードブランドは、本会員のカードと同じブランドになります。
例えば本会員のカードがVISAなら、家族カードもVISAで発行されるということです。

ちなみにカードデザインも本会員カードと同じものになりますよ。

発行方法は二通り

楽天カードの家族カードは、本会員のカードと同時作成する場合と、すでに本会員が楽天カードを持っている場合とで、発行方法が変わります。

家族カードの申し込みページには上記のように入り口が二つありますので、本会員と同時作成するなら左側を、すでに本会員がカードを持っているなら右側をクリックしてください。

左側は楽天カードの新規申し込みページへ、右側は楽天の会員サイト「楽天e-NAVI」につながっています。

ポイント還元率・お得な制度

楽天カードは利用額100円につき1ポイントがつく、ポイント還元率1%のカードです。
年会費無料カードで還元率1%は高いといえます。

さらに楽天市場など、他の楽天サービスでカードを使うと、ポイントが2倍3倍とアップしていくので、楽天グループのサービスをよく使う方ならさらにおすすめです。

また家族カードで集めたポイントは集めた本人が利用できますが、50ポイント以上・1ポイント単位で他の家族に移すこともできます。
家族間でポイントを分け合えるのも便利ですね。

保険などの付帯サービス

楽天カードには「海外旅行傷害保険」や、ハワイで使える「楽天カード・ハワイラウンジサービス」、WiFIレンタルやレンタカーの優待サービスなどが付帯しています。

このうち海外旅行傷害保険は家族会員も、ハワイラウンジは同行者も利用できます。
単身での海外出張や友人との旅行だけでなく、家族旅行でも活用できますね。

家族カードのおすすめ②イオンカードセレクト

イオンカードセレクトも、本会員・家族会員とも年会費無料で使える便利なカードです。
日頃からイオンやイオンモール、ダイエー、マックスバリュ、まいばすけっとなどを利用する方は、さらにお得に利用できちゃいます。

申し込み対象・家族カードを発行できる枚数

イオンカードセレクトの家族カードに申し込めるのは、「生計を共にする配偶者・親・子供(18歳以上で高校生を除く)」です。

作成できる家族カードは3枚まで。
既に解約されている家族カードも含みますのでご注意ください。

ちなみにイオンカードには55歳以上が作成できる「G.Gマーク付きイオンカード」がありますが、55歳以上の家族ならG.Gマーク付き家族カードも発行できます。

使えるカードブランド

イオンカードセレクトのカードブランドは、VISA、MasterCard、JCB。
家族カードは、本会員と同じカードブランドになります。
もし本会員がカードブランドを変更した場合には、家族カードのブランドも変更されるそうです。

ちなみに家族カードで発行されるのは、イオンカード(WAON一体型)。
イオン銀行のキャッシュカード機能は付いていないカードです。

発行方法

イオンカードセレクトの家族カードは、会員ページ「イオンスクエア」から申し込みます。
申し込みから審査までオンラインで完結しますので、とても便利ですね。

ポイント還元率・お得な制度

イオンカードセレクトは、200円(税込)ごとに1ポイントが貯まる、ポイント還元率0.5%のカードです。
しかしイオンやイオンモールなどのイオングループ対象店舗で利用すると、200円につき2ポイントが貯まるので、1%還元が受けられます。

さらに毎月20・30日の「お客さま感謝デー」は、買い物代金が5%OFF!

もちろん家族カードも同じようにポイントが貯まります。
イオングループのお店を使う方なら、家族みんなで持っておきたいカードですよね。

保険などの付帯サービス

イオンカードセレクトには、海外旅行傷害保険などの保険サービスは付帯しておりません。
家族カードも同様です。

ただ国内・海外問わず利用できますし、万が一盗難・紛失のトラブルにあったときには、「クレジットカード盗難保障」が適用されます。
海外でも安心して利用できますね。

家族カードのおすすめ③リクルートカード

リクルートカードは、知る人ぞ知る高還元率の年会費無料カードです。
「じゃらん」や「ホットペッパー・ビューティー」などリクルートのサービスを使う方はもちろん、それ以外の方も一枚作っておいて損はないですよ。

申し込み対象・家族カードを発行できる枚数

リクルートカードの家族カードに申し込めるのは、「本会員と生計を同一にする配偶者・親・子供(高校生を除く18歳以上)」です。
もし本会員が学生の場合、家族カードの発行はできないのでご注意ください。

発行できる家族カードの枚数は、JCBカードだと8枚まで、Visaカードなら19枚まで。
他のカードよりも相当多くの家族カードを作成できるので、大家族でも安心です!

使えるカードブランド

リクルートカードのカードブランドは、VISA、MasterCard、JCBから選べます。
家族カードは自動的に本会員と同じブランドになりますよ。

発行方法

リクルートカードの家族カードを作成するには、本会員のマイページから申し込みます。
リクルートIDを手元に用意して、ログイン画面に進むとスムーズです。

ポイント還元率・お得な制度

リクルートカードのポイント還元率は、驚異の1.2%。
年会費無料カードの中ではかなり高い水準です。

家族カードで利用した分ももちろんポイントの対象になりますので、家族全員でザクザク貯められますね。

なお貯めたポイントは「リクルートポイント」になり、じゃらんnetやホットペッパーなどのサービスで使えます。

またリクルートIDにPonta会員IDを登録すれば、ローソンなどで使える「Pontaポイント」に交換することも可能。
日常生活で使うなら、定期的にPontaポイントに換えておく方が便利かもしれません。

保険などの付帯サービス

リクルートカードには、海外旅行時に利用できる「海外旅行傷害保険」などの付帯サービスを利用できます。
家族カードでの利用条件は、詳しくはカード会社のサイトでご確認ください。

またリクルートカードは本会員・家族会員とも、カードで購入した商品を破損・盗難された場合に、損害額を保障してもらえる「ショッピング保険」を付帯しています。
国内・海外問わず、購入日より90日間保障がついているので、安心して買い物できますね。

まとめ

家族カードは、本会員の家族だからこそ使える、お得で便利なクレジットカードです。
中でもおすすめなのは、ポイント還元率が高くて使い勝手のよいカード。
家族みんなでお得な生活を満喫してはどうでしょうか?

PAGE TOP