クレジットカード

市進予備校の授業料現金払いは大損ですよ!クレジットカード払いでポイントを取り返そう!おすすめの高還元率カード3選

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

市進予備校の授業料などの各種料金は、クレジットカード払いに対応しています。キャッシング枠ではなくショッピング枠のため、授業料や講習料を納めることで、カードのポイントを貯めつつ、学力をアップし、志望校合格へとつなげることが可能です。

ここでは、国公立大学への受験対策で定評のある、市進予備校の入会から開講までの流れと、市進予備校の授業料などの3種類の納付方法。そして市進予備校の各種料金の支払いにおすすめの、高還元率クレジットカードを3枚選んで紹介します。

市進予備校・市進教育グループ

市進予備校は、株式会社市進ホールディングスが運営している、高校生以上を対象とした、市進教育グループの受験対策予備校です。2019年春には、東京大学に7名、お茶の水女子大学に9名の合格者を出しています。

市進教育グループ/ウイングネット「2019年春 主要大学合格実績」

市進予備校への入会申込み⇒授業料の支払い⇒開講までの流れ

市進予備校の入会前の事前準備

市進予備校に入会する前の事前準備として、次の4つのパターンから、市進予備校の予備知識を持つことができるようになっています。

①市進予備校の窓口
お近くの市進予備校に訪問し、窓口にて説明を受けるやり方です。市進予備校の校舎は以下のリンク先から確認してください。
「教室を探す」

②電話連絡(フリーダイヤル)
市進予備校のコールセンターに電話連絡をして、受講コースの内容などの説明をしてもらいます。
0120-80-0877(フリーダイヤル)
受付時間10:00~20:30/月~土曜日

③パンフレットを参照する
事前に市進予備校のパンフレットを参照することで、目的に沿ったコースを選択する手助けとなります。パンフレット(案内書)は次のリンク先からチェック可能です。

④市進予備校「案内書」

⑤市進予備校の体験授業
市進予備校では、希望者のための体験授業を用意しています。体験授業を受けるためには、以下のリンク先から申し込んでください。
体験授業申込みフォーム

受講の相談

事前準備に続いて、受講の相談へと進みます。受講の相談可能なものは以下のとおりです。

・学習方法
・受講できる教科
・それぞれのクラスの学業成績レベル
・学習に関することや、大学進学以降を含めた進路の相談

学力診断テスト(無料)への申し込み

市進予備校では、入会後の指導の参考のために、無料の学力診断テストを受けることを推奨しています。高校生に関しては、在学中の高校の成績表や、模擬試験の結果を提出することで、学力診断テストを受けずに入会することも可能です。

学力診断テストは、毎週土曜日、市進予備校の教室にて実施されます。学力診断テストの申し込みは、次の3パターンから選択可能です。

・入会を希望する市進予備校の窓口で申込む
・市進予備校の入会希望校舎への電話連絡
「教室を探す」
・公式サイトの「入会テスト申込フォーム」を利用する
「入会テスト申込フォーム」
公式サイトから申し込む際には、学力診断テストが実施される2日前までに手続きを完了してください。

市進予備校の入会手続き(入学時納入金の支払い)

学力診断テストを受けた後には、入会の手続きに進みます。

・入会手続きの書類
・入会時納入金の支払い(クレジットカードなど)

入会時納入金は、入会金15,000円(税抜)と初月の授業料です。クレジットカードでの納付も受け付けています。高校生のレギュラーコースの授業料を以下の表にまとめてみました。

レギュラーコース  授業数・週1回(月4回/税抜) 授業数・週2回(月8回/税抜)
高校1・2年生 80分:24,000円
120分:31,000円
80分:48,000円
120分:62,000円
高校3年生 80分:25,000円
120分:33,000円
80分:50,000円
120分:66,000円
高校卒業生 80分:26,000円
120分:35,000円
80分:52,000円
120分:70,000円

入会前の受講システムの説明

市進予備校の入会手続きが済みましたら、入会前の受講システムの説明を受けます。内容は、模擬試験などのテストの受験法や教材の使用法、クラス替えや家での学習などです。

受講開始

希望する市進予備校の教室にて、いよいよ受講開始です。志望校の合格に向けて、学業に励みましょう。

市進予備校・授業料や講習料のクレジットカードを含む3種類の納付方法

市進予備校の授業料や講習料の納付方法は、次の3種類が用意されています。

1コンビニエンスストア

市進予備校から発行される払込用紙にて、最寄りのコンビニエンスストアのレジで現金払いする方法です。支払い可能なコンビニは払込用紙を参照してください。

2口座振替

銀行などの金融機関の普通預金口座より、授業料を引き落としてもらうやり方です。入会後3ヶ月めから利用できます。そのため初月と2ヶ月めに関しては、コンビニもしくはクレジットカードのいずれかで支払うことになります。

3クレジットカード

クレジットカードにて、授業料や講習料を納める方法です。納付可能なクレジットカードは以下のとおりです。

・VISA
・MasterCard
・JCB
・アメリカン・エキスプレス
・ダイナースクラブ
・DCカード
・UFJカード
・Nicosカード

例えば後ほど紹介するアメリカン・エキスプレス・カードにて、高校3年生レギュラーコース週2回120分の授業料を支払った場合、66,000円×1.10(消費税)×1%(ポイント還元率)=726円相当のポイントを受け取ることになります。

市進予備校の入会後は、マイページにログイン後、「マイメニュー」⇒「会員登録情報の確認・変更」から、授業料のクレジットカード納付が可能です。

市進予備校の授業料の支払いにおすすめな”高還元率”クレジットカード3選

ここからは、市進予備校の授業料などの各種料金の支払いにおすすめな、高還元率のクレジットカードとして、次の3枚を紹介していきます。

楽天ゴールドカード

楽天ゴールドカードは、ゴールドカードの中でも比較的負担の少ない、年会費2,000円(税抜)にて所有できるクレジットカードです。
年に2回、羽田空港などのラウンジサービスを無料で受けられる他、パリやホノルルなどのトラベルデスクを無料で利用できるメリットがあります。

楽天ゴールドカードのポイント還元率は1%のため、市進予備校のレギュラーコース高校3年生の週2回80分の授業料の支払いで、50,000円×1.10(消費税)×1%(ポイント還元率)=550円相当の楽天スーパーポイントの受け取りが可能です。

楽天市場では最大5倍(還元率5%)、加盟店では2倍以上(還元率2%)のポイントをプレゼント。貯まったポイントは楽天市場でのショッピングや、ANAマイルなどとの交換に使うことができます。

ゴールドカードセゾン

ゴールドカードセゾンは、市進予備校の授業料の支払いに余裕を持てる、最大500万円のショッピング枠が特徴のクレジットカードです。初年度の年会費は無料、2年目からは10,000円(税抜)の年会費にて継続できます。

ゴールドカードセゾンでは、ポイントの有効期限のない「永久不滅ポイント」(還元率0.5%)を適用。西友やパルコ、無印良品やLoFtなどの加盟店の利用にて、2倍の1%にアップ。年間300万円までのショッピング安心保険が自動付帯されているのも嬉しいところです。

別途、セゾンゴールド・アソシエ・アメリカン・エキスプレス・カード(年会費2,000円・税抜)を同時に持つことで、国内で1.5倍(還元率0.75%)、海外で2倍(還元率1%)のポイントを貯めるチャンスもあります。

アメリカン・エキスプレス・カード

アメリカン・エキスプレス・カードは、アメリカ国内はもちろんのこと、JCBなどと連携していることから、日本でも使い勝手の良いクレジットカードのひとつです。
年会費は12,000円(税抜)。100円のショッピングににつき、1ポイント(還元率1%)が貯まります。市進予備校の入会時納付金などの支払い時も同様です。

年会費3,000円(税抜)の「メンバーシップ・リワード・プラス」への加入後は、加盟店で100円ごとに3ポイント(還元率3%)をプレゼント。1000ポイントを1000ANAマイルに移行することも可能です。

市進予備校の授業料などの支払いで、カードの利用限度額を広げたいときには、事前承認制度「デポジット」を使うことで、100万円単位はおろか、1000万円単位まで拡大することができるのもアメックスならではでしょう。

おわりに

ここまで、市進予備校の入会申し込みから初講義を受けるまでの解説と、入学時納付金や授業料などのクレジットカードを含む3種類の支払い方法や、おすすめの高還元率カードの紹介をしてきました。

市進予備校は、高校1年生から国公立大学の受験対策を行い、志望校の合格へつなげることを目的としています。ここでおすすめした3枚のクレジットカードで講習料などを納めることで、カードのポイントを得るとともに、合格率をアップさせることも可能です。是非、輝かしい未来をその手につかんでください。

カード絞り込み検索

記事検索

カード検索

カード絞り込み検索

FPコラム

アンケート調査

PAGE TOP