クレジットカード

海外旅行保険は楽天カード!キャッシュレスサービスや保険の使い方、利用付帯の条件がまるわかり!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る


楽天カード

連休を利用して友人と海外旅行!

旅行会社のおすすめ保険に入ろうとしたら、一緒に行く友人が、

「あれ? 保険付きのクレジットカード持ってないの?」と。

海外旅行に不慣れな私、クレジットカードに保険が付いていることさえ知らなかった!

たしかに海外旅行保険付きのクレカがあれば、わざわざ海外旅行保険に入る必要ないかも ?

でも、海外で病気になると数百万円もとられることがあるっていうけど、クレカの海外旅行保険だけで足りる?

たまにしか行かない海外旅行のために高い年会費を払うのもイヤだし。

そんな海外旅行初心者の方におすすめなのは、年会費無料で補償内容にも優れた楽天カード。ただし、海外旅行保険を使うには押さえておかないといけないポイントがあるんです。

ここでは、海外旅行傷害保険付きクレカとしての楽天カードのメリット&デメリット、補償内容、保険用語、上乗せ(合算)や同行者がいる場合の裏技、家族の保険、いざというときの海外緊急連絡先について解説します。

長い記事になりますので、

⇒楽天カード最大のメリットを今すぐ知りたい方はコチラ!

⇒楽天カードを申し込んで保険を利用したい方はコチラ!

⇒まだある海外旅行保険おすすめクレカ。エポスカード楽天PINKカードライフカードセゾンブルーアメックス

目次

楽天カードの海外旅行傷害保険を徹底チェック!

楽天カードに付帯する海外旅行保険では、どの程度何をカバーしてくれるの? 補償内容をチェックしてみましょう。

楽天カードの海外旅行保険は自動付帯? 利用付帯? どう違う?

クレジットカード付帯の海外旅行保険には利用付帯と自動付帯の2つのタイプがあります。

  • 利用付帯=そのクレカでツアー代金や航空券のチケットなどの支払い決済をするなどの条件を満たさないと補償が有効にならない保険です。
  • 自動付帯=クレカ会員ならとくに事前の手続き不要で、いざというときの補償がバッチリ付きます。

楽天カードの海外旅行保険は利用付帯!
海外旅行傷害保険は海外旅行時のケガや病気、携行品の盗難や破損などの損害に対しての補償がつく保険のこと。
有効期限内の楽天カードを持っていて、なおかつ海外旅行のための決済条件を満たせば、保険が有効になります。
補償期間はカードご加入日(カード発行日)の翌日以降に日本を出発される旅行が対象で、1旅行につき最長90日間です。

保険のタイプ 利用付帯
補償の条件 利用付帯のため、出国前に海外航空券、海外パックツアー、出国空港までの交通費などの料金を支払う必要あり
保険期間 海外旅行期間中(最大90日間)
引受保険会社 三井住友海上火災

楽天カード付帯の海外旅行傷害保険/補償一覧

楽天カードの海外旅行保険の補償内容と保険金額を具体的に見てみましょう(※保証金額は最高額です)

傷害死亡・後遺障害 2000万円
傷害治療費用 200万円(1事故の限度額)
疾病治療費用 200万円(1疾病の限度額)
救援者費用等 200万円(1旅行・保険期間中の限度額)
個人賠償責任危険 2000万円(免責なし)
携行品損害 20万円(免責3000円)1品につき最大10万円
緊急医療キャッシュレスサービス あり
乗継遅延費用 なし
出航遅延・欠航・搭乗不能費用 なし
受託手荷物遅延 なし
受託手荷物紛失 なし
ショッピング保険 なし

楽天カード付帯の海外旅行傷害保険は、傷害・疾病治療費が200万円以上と手厚いのが特徴です。

傷害死亡・後遺障害の保険金も大切ですが、旅先で多いトラブルは事故や病気の治療費です。

では①~⑫の補償内容・用語を説明していきます。

保険用語ってわかりにくい! わかりやすく説明しよう!

楽天カードの補償について説明しましたが、保険用語ってよくわからない言葉がありますよね。

それではさきほど紹介した補償内容表の①〜⑬の用語について説明していきましょう。

傷害死亡・後遺障害 =〜2000万円

海外旅行中の事故によるケガが原因で事故の日を含め180日以内に死亡した場合。

<傷害とは?>

急激かつ偶然な外来からの事故による、身体に負ったケガ(骨折、やけど等)のこと。

つまり、交通事故のように予測できない外的要因によるケガのこと。

<後遺障害とは?>

海外旅行中の事故によるケガが原因で事故の日を含め180日以内に身体に後遺障害が残った場合。その後遺障害の程度に応じて80 ~ 2000万円。

医師による治療の効果や完治が医学上期待できない、被保険者の身体に残された症状が完治できないという機能の重大な障害に至ったものまたは身体の一部の欠損。

つまり完治して事故前の機能が取り戻せない機能障害のこと。

傷害治療費用=最高200万円

海外旅行中の事故によるケガ(骨折、やけど等)を負った場合の治療費。ただし、事故の日から180日以内に治療のため支出した費用で、保険会社が妥当と認めたもの。

疾病治療費用=最高200万円

海外旅行中に発病した病気の治療費、旅行中に感染して医師の診療を受けた約款所定の感染症の治療費。

救援者費用等=最高200万円

旅行中にケガ、病気による入院費、親族が現地に駆けつけた交通費、宿泊費等。

個人賠償責任危険=最高2000万円

旅行中にホテルの備品を壊してしまった、他人にケガをさせてしまった等の賠償費用。

携行品損害=20万円(免責3000円)1品につき最大10万円

旅行中にバッグを盗難された、観光中に人がぶつかってきてカメラを落としたら壊れてしまった、等。免責とは、自己負担する金額のこと。

緊急医療キャッシュレスサービス=あり

海外旅行中のケガや病気によって、病院や日本への緊急移送や現地での治療が必要な場合に、 保険会社が提携する病院でキャッシュレス、つまり現地支払いなしで診療や治療が受けられるサービス。

乗継遅延費用=なし

複数の飛行機を乗り継ぐ予定が、1つめの飛行機が遅延して次の飛行機に乗り遅れた場合。

出航遅延・欠航・搭乗不能費用=なし

飛行機の欠航や出発遅延などにより、かかった宿泊費、食事代等。

受託手荷物遅延=なし

預けたスーツケースや荷物がほかの都市に運ばれてしまうなどして到着が遅延。そのために必要になった生活必需品等の購入費。

受託手荷物紛失=なし

受託手荷物遅延で、所定の時間以上手荷物が受け取れなかった場合、紛失扱いになる。

ショッピング保険(動産総合保険)=なし

※それぞれの項目には保険の対象となる細かい条件があるので、詳しくは保険約款でご確認ください。

楽天カードの海外旅行保険を有効にする条件とは?

楽天カードの海外旅行保険は「利用付帯です。

保険を有効にするためには下記の料金を出国前に楽天カードで決済する必要があります。

利用条件があるなんて聞くと面倒くさいと感じるかもしれませんが、実はとっても簡単です。

海外航空券やツアー料金、空港までバスや鉄道料金、出国前にどれかひとつでも楽天カードで支払うだけ! しかも1円以上で保険が有効になります!

それでは保険を有効にするための支払いの対象になる交通・旅行料金の例をみてみましょう。

海外航空券・ツアー料金を支払う

航空券やツアー料金を支払えばポイントも貯まる!

  • 渡航先への航空券
  • 目的地までの乗継便の航空券
  • 旅行代理店で予約した海外パックツアー料金

自宅から出発空港までの交通費(公共交通乗用具の運賃)を支払う

公共交通乗用具とは、航空法、鉄道事業法、海上運送法、道路運送法に基づき、それぞれの事業を行う機関によって運行される航空機、電車、船舶航空法、鉄道事業法、海上運送法、道路運送法に基づき、それぞれの事業を行う機関によって運行される航空機、電車、船舶のこと。

というと難しく聞こえますが、つまり自宅から海外に出国する空港/港に到着するまでに利用する公共交通機関のこと。

次のようなものが対象になります。

<鉄道・電車>

  • 成田空港行きの成田エクスプレス乗車代
  • 自宅から空港までの乗継の一部の乗車代
  • 羽田空港に向かうための新幹線の乗車代(新幹線の特急券のみもOK)

<バス>

  • 羽田空港行きのリムジンバス乗車代
  • 自宅から最寄り駅までのバス乗車代

<タクシー>

  • 自宅から空港までのタクシー代
  • 自宅から最寄り駅までのタクシー代
  • 空港近くの駅から空港までのタクシー代

<航空機>

  • 地方空港から成田空港までの航空券代

※自家用車やレンタカーについての高速代やガソリン代などは対象外です。
※回数券、プリペイドカード、ICカードチャージ分については状況により異なります。詳しくは楽天カード保険デスク0120-456-029(フリーダイヤル、24時間・年中無休)まで問い合わせを。

自宅から出発空港までの交通費(公共交通乗用具の運賃)を支払う

大事なことなので、もう一度おさらいしましょう。楽天カードの旅行保険を有効にするポイントは…

自宅から出発空港までの交通費 または 海外旅行代金 を 出国前に支払うこと

ここに注意!
楽天トラベルやAgodaなどホテル予約サイトでとったホテルも楽天カードで支払えばOK? と思われがちですが、楽天カードの利用付帯の条件は「募集型企画旅行」。
つまり旅行会社が日程と料金などを決めて参加者を募集する旅行のこと。個人で手配したホテルは「手配旅行」になってしまうため対象外になります。

楽天カード最大のメリット!|医療費キャッシュレスサービスとは?

医療費キャッシュレスサービスって何?あると便利?

楽天カードは傷害・疾病の治療費をそれぞれ最大200万円補償

医療費キャッシュレスサービスとは旅行先で病気になった、不慮の事故でケガをしたというとき、楽天カード指定の病院なら、治療費を現地で自己負担することなく治療を受けられるサービスのこと。

海外での医療費は、ケガや病気によっては数百万円にも及ぶことがあるので、現地の自己負担がないのは、とっても助かりますね。

ただしこのサービスを利用するには、楽天カード提携の保険会社と提携している病院を使う必要があります。

楽天カードが提携する三井住友海上には、全世界に約1,600の病院ネットワークがあります。緊急時にコールセンターに電話すれば、最寄りの対応病院を教えてもらえるので安心ですね。

<事故にあったら…この手順>

楽天カード/海外旅行保険事故受付センター 81-18-888-9289(24時間受付)にコレクトコールで電話、または現地の三井住友海上の緊急医療アシスタンスサービスに連絡する。

② カードが有効かどうかをカード会社が確認。確認が取れたら病院を紹介してもらう。カード会社の営業時間外や土日祝は確認が取れないので注意!

③ 待てない場合は、まずクレカ払いか現金払いで自己負担。10万円以上の治療は診断書をもらっておくこと。(診断書代は保険対象外です)

④ 帰国後に保険金請求の手続きをする。

<保険金以上の治療費がかかった場合は…>

ほかのカードがあれば、その保険金を使いましょう。なければ自己負担で支払うことになります。

また一部でも楽天カードの保険で足りない場合は、その分の費用と海外アシスタント会社の手数料を自己負担することになります。

海外旅行先で多いこんなトラブル。楽天カードの補償は?

海外旅行中にトラブルはつきもの。紛失・盗難・病気の事例をいくつかあげてみましょう。

ニューヨークでバッグを盗まれパスポートを紛失!

海外旅行中にはなくてはならないパスポート。

貴重品とともにスリや引ったくりに盗られることはよく聞きますね。

ところでパスポートは値段が決まった商品ではないけど、保険でカバーされるのでしょうか?

パスポートの盗難等による損害の場合は、旅券の再取得費用または渡航書の取得費用が補償されます。

この場合の取得費用は、現地で負担した費用が対象で交通費や宿泊費も含まれますが、1回の事故につき5万円が限度となります。

韓国で急性胃腸炎にかかり入院!

韓国に旅行中、嘔吐と下痢の症状があったため、現地病院で診療を受けた。急性胃腸炎と診断され入院するハメに。

治療費用・入院費用で約22万円かかった。

楽天カード付帯の保険は疾病治療費の補償が最大200万円なので、この場合は保険でカバーされますね。

フランスの石畳で転倒して手首を骨折!

石畳の路上で転倒し、手首を骨折!

現地の病院で診療を受けて、帰国後も通院した。

現地での治療費用と帰国後の治療費用で約65万円かかった!

楽天カード付帯の保険は傷害治療費の補償が最大200万円なので、この場合は保険でカバー。

緊急医療キャッシュレスサービスを利用して、現地での支払いは0円!

※傷害・疾病の事例と治療費はエイチ・エス損保「ネット海外旅行保険たびとも」旅行先でのトラブル事例より

楽天カード付帯の旅行傷害保険/家族への補償は?

楽天カードには家族カードはあるの? 海外旅行保険の家族特約は?

楽天カードには海外旅行保険の家族特約はありませんが、家族が家族カード会員になれば、本会員同様の保険が利用付帯します。

<家族カード会員への補償と家族特約の違いとは?>

  • 家族カード会員への補償とは、家族が会員になっているカードに付帯する保険の補償。つまり家族自身が家族カードを持っている必要があります。
  • 家族特約とは、自分の持っているカードに付帯する家族への補償のこと。この場合、家族がカードを持っている必要はありません。

楽天カードの家族カードは年会費無料で旅行保険付き!

楽天カードの家族カードは、年会費無料で、本会員同様、最大2000万円補償の海外旅行保険がつくというコスパ抜群のカードです。

ただし本会員同様、利用付帯の条件を満たさなければなりません。

家族カード会員になれるのは、本会員と生計を同一にする配偶者、親、子ども(18歳以上、高校生不可)で最大5人までと限られています。

ネットのウソ情報に注意!

カードを2枚持ちしても保険は2倍にならない!
クレジットカードに関するサイトで、楽天カード会員が楽天カード会員の家族に紐付けした家族カードを所有すれば、保険がカード2枚分、つまり2倍になるという記事がありますが、楽天カードに確認したところ、それは事実ではありませんでした。
国際ブランドの異なる楽天カードや楽天ゴールドカードなどとの2枚持ちの場合も同様です。
2枚持ちの場合は、補償額が高い方の保険が有効!
保険の補償額を増やしたいなら、エポスカードなど年会費無料の旅行保険付帯カードの複数持ちがおすすめです。

楽天ゴールドカード/楽天プレミアムカードの家族の補償は?

楽天カードには楽天ゴールドカード、楽天プレミアムカードという上位カードがあります。

家族で海外旅行することを考えると、上位ランクのカードも検討したほうがいいのか、

では、それぞれのカードの家族への補償内容を比較してみましょう。

  楽天カード

エポスカード

楽天カード+エポスカード
会員種別 本会員 家族会員 本会員 家族会員 本会員 家族会員
年会費 無料 無料 2160円(税込) 540円(税込) 1万800円(税込) 540円
(税込)
傷害死亡・後遺傷害 2000万円(利用付帯) 5000万円
・自動付帯4000万円
・利用付帯1000万円
傷害治療費用 200万円(利用付帯) 300万円(自動付帯)
疾病治療費用 200万円(利用付帯) 300万円(自動付帯)
個人賠償責任(免責なし) 2000万円(利用付帯) 3000万円(自動付帯)
携行品損害(免責3000円) 20万円(利用付帯)

※1点または1対あたり10万円限度

50万円

・自動付帯30万円
・利用付帯20万円

※1点または1対あたり10 万円限度

救援者費用 100万円(利用付帯) 200万(自動付帯)
航空機遅延費用等 なし なし
航空機寄託手荷物遅延等費用 なし なし

※金額はすべて限度額

※引受保険会社は三井海上火災です。

楽天カードと楽天ゴールドカードの違いは?

表を見てわかるように、楽天カードと楽天ゴールドカード、またそれぞれの家族カード付帯の海外旅行保険の補償は同じです。

海外旅行に関する楽天ゴールドカードと楽天カードの大きな違いは

  • 国内空港ラウンジが年間2回無料

になることです。

ほかに楽天市場でのショッピングのポイントが最低3%から5%に増えるので、楽天市場でよく買い物をする人には楽天ゴールドカードがオトクになるかもしれませんが、海外旅行保険のためにカードを作るなら、年会費無料の楽天カードでもよいでしょう。

楽天ゴールドカードと楽天プレミアムカードの違いは?

楽天プレミアムカードは、年会費が1万800円!

それでもほかのカードのゴールドカードに相当するカードとしてはコスパは抜群。

海外旅行保険の補償は基本的には自動付帯となり、最大3000万円から最大5000万円(一部利用付帯)に増え、傷害・疾病の治療費が300万円に増額。

世界各国の空港ラウンジも使えるのでよく海外旅行や海外出張にいく人にはおすすめですが、家族や同伴者は有料になってしまうのでご注意を。

基本的には自動付帯ですが、一部は利用付帯。楽天カード同様に次の条件をクリアする必要があります。

自宅から出発空港までの交通費 または 海外旅行代金 を 出国前に支払うこと

楽天カードの旅行保険を有効にするにはとにかく「出国前」が基本なので気をつけましょう!

楽天カード付帯の海外旅行保険で補償は十分?保険金額の上乗せ・合算のウラ技は?

年会費永年無料で、最大2000万円の海外旅行保険が利用付帯!というとってもオトクな楽天カードですが、万が一のときは補償が足りないかもしれません。

万が一に備えて傷害・疾病治療費を補強しておこう

傷害死亡・後遺障害の補償額は最高2000万円まで、と十分に思える補償額。傷害・疾病治療費もそれぞれ200万円と、年会無料のカードにしては破格ですが、海外旅行中に保険金を使うケースでもっとも多いのは、傷害・疾病治療費です。

欧米など医療費が高額な国にいく場合は、傷害・疾病治療費をもっと補強しておきたいですよね。

その場合、年会費無料の他社カードの複数持ちがおすすめです。

楽天カード付帯の海外旅行保険+保険付きクレカの複数持ちが最強!

楽天カードに上乗せするクレジットカードのおすすめはこの1枚!

ズバリ、年会費永年無料で旅行保険が自動付帯のエポスカードです!

では、複数持ちした場合の補償額を見てみましょう。

楽天カードにエポスカードを上乗せ(合算)した場合


楽天カード

 + 


エポスカード

エポスカードは年会費無料で海外旅行保険が自動付帯!

楽天とエポス、2枚のカードを持っているとどんな補償内容になるでしょうか?

楽天カードとエポスカードを2枚持ちした場合の補償内容は次のように合算されます。

  楽天カード エポスカード  
楽天カード+エポスカード
付帯のタイプ 利用付帯 自動付帯 利用付帯+自動付帯
補償 補償額 複数持ちした場合の最大補償金額
傷害死亡・

後遺傷害

2000万円 500万円 2000万円(保険内容が重複した場合、高いほうが支払われる)
傷害治療費用 200万円 200万円 合算で400万円
疾病治療費用 200万円 270万円 合算で470万円
個人賠償責任(免責なし) 2000万円 2000万円 合算で4000万円
携行品損害

(免責3000円)

20万円 20万円 合算で40万円
救援者費用 200万円 100万円 合算で300万円

上の表でも説明しましたが、傷害死亡・後遺障害は金額が高いカード1枚分だけになるので、上の表の場合は楽天カードの2,000万円となります。

それ以外は傷害と疾病はもちろん、個人賠償責任や携行品、救援者費用までしっかり合算されます。

またエポスカードにも楽天カード同様、緊急医療キャッシュレス診療サービスがあるのでダブルで安心ですね。

楽天カードとエポスカードの保険を上手に使うウラ技

エポスカードの保険は条件なしの自動付帯ですが、楽天カードの保険は利用付帯。2つのカードの保険を有効にするためには注意が必要です。

楽天カードの保険を有効にするには、出国前に海外旅行のパッケージツアーや海外航空券、自宅から空港までのタクシーやリムジンバスなど公共交通機関(公共交通乗用具)の料金を楽天カードで決済することが条件となります。

<ココがポイント!>

エポスカードの保険は自動付帯なので持っているだけでOK!

楽天カードは出国前の利用じゃないと保険は無効なので、ツアーや航空機の代金は楽天カードで決済を !

旅行代金は別のカードで支払済み! 楽天カードの保険は使えるの?
楽天カードの旅行傷害保険を有効にする条件は、
自宅から出発空港までの交通費 または 海外旅行代金 を 出国前に1円以上支払うこと
なので、出国空港までの電車賃やリムジンバス代、自宅から最寄駅までのタクシー代などを楽天カードで支払えば大丈夫です!

⇒エポスカードの海外旅行保険詳細はコチラ!

⇒エポスカードの詳細はこちら

楽天カード/楽天ゴールドカード/楽天プレミアムカードの最短発行日は? 国際ブランドは選べる? 年会費は?


楽天カード

大型連休に向けて格安ツアーは前々から探していたけど、海外旅行保険のことを考えていなかった!

せっかくなら旅行保険付きの楽天カードを作りたい。でも旅行はもうすぐ。申し込みはまだ間に合うの? 年会費はいくら? 国際ブランドは何が選べるの?

楽天カード 楽天ゴールドカード 楽天プレミアムカード
会員種別 本会員 家族会員 本会員 家族会員 本会員 家族会員
年会費 無料 無料 2160円(税込) 540円(税込) 1万800円(税込) 540円
(税込)
最短発行日 約1週間〜10日間
国際ブランド Master/VISA/JCB/Amex ※カード券面種類により選べるブランドが異なります。

楽天カードの申し込みはインターネットのみ。申請後、約1週間〜10日で自宅に届けられます。

店頭発行や受け取りは行っていないので、早めに申し込みましょう。

楽天カードの緊急連絡先

カード紛失、盗難、事故にあったなどトラブルが発生した場合は次の連絡先にすぐ電話して、オペレーターの指示に従いましょう。

日本語で対応してくれるので安心ですね。

出発前・帰国後の連絡先
楽天カード保険デスク

(三井住友海上)

0120-456-029(フリーダイヤル、24時間)

※フリーダイヤルにかけられないときは、018-888-9289(24時間、通話料有料)

盗難・紛失の連絡先
楽天カードコンタクトセンター紛失・盗難専用ダイヤル

 

0120-86-6910(フリーダイヤル、24時間)

フリーダイヤルがかけられない場合は、+81-92-474-9256(日本着信)へ、コレクトコール

緊急医療アシスタンスサービス(日本語対応、24時間)
国・地域名 フリーダイヤル
アメリカ本土・ハワイ・グアム・サイパン 1-877-300-3931
シンガポール 800-810-2355
中国(北部)※1 10800-813-2784
中国(南部)※2 10800-481-2967
その他の地域 81-18-888-9998
※1 中国北部…華北地区(北京市、天津市、河北省、山西省、内蒙古自治区)、東北地区(遼寧省、吉林省、黒龍江省)、河南省、山東省

※2 中国南部…上記以外(上海市、重慶市等)

楽天カード付帯の海外旅行保険のまとめ

年会費永年無料の楽天カードのメリットをまとめてみましょう。

楽天カードの海外旅行保険のおすすめポイントはこの3つ!

  1. 年会費無料なのに最大2000万円補償の海外旅行保険が利用付帯!
  2. 年会費無料なのに傷害・疾病の補償がいい!
  3. 緊急医療キャッシュレスサービスに対応

年会費無料だから持っていて損はナシの1枚!

利用付帯といっても、自宅から空港までの交通費を出国前に決済するだけでも最大2000万円の海外旅行保険が有効に! 利用付帯のハードルも低いので、楽天カードを持つデメリットはまったくありません。

楽天カードは日本国内でのショッピングにも利用価値大なので普段使いにも便利です。

楽天カードは国内首位の人気クレカ!大量ポイントが強み!

楽天カードは2017年についに自社発行ベースのクレジットカードで始めて首位になったという大人気のカードです。

クレジットカード業界の勢力図が変わりつつある。楽天グループのカード会社、楽天カードの2017年4~9月期の取扱高は約3兆円に達し、三菱UFJニコスなど銀行系を抜き、自社発行ベースで初めて首位に立ったもようだ。強みはグループ全体で総額2000億円に及ぶポイント付与。今後カード代金のポイント払いも検討する。

楽天カード初の首位 クレジット取扱高3兆円 昨年4~9月 大量のポイント強み 2018/1/10付日本経済新聞 朝刊より抜粋

海外旅行でも国内の利用でもポイントがザクザクたまるのが魅力ですね。

家族カードにも同様の保険付き!

無料で発行できる家族カード会員にも同様の保険が付くので、家族旅行ならぜひ家族カードも作りましょう。

ただし保険を有効にするには、家族会員分の旅行代金や交通費の支払いが必要です。

同じく年会費無料のエポスカードは海外旅行保険が自動付帯ですが、家族カードは上位カードのみとなっています。

楽天カードの保険は利用付帯ですが、条件を満たす1円以上の支払いで有効になるので利用しやすいですね。

海外旅行前にぜひ1枚作ることをオススメします!

 楽天カード新規入会はこちら

 楽天ゴールドカード新規入会はこちら

 楽天プレミアムカード新規入会はこちら

カード絞り込み検索

カード検索

カード絞り込み検索

新着記事

PAGE TOP