クレジットカード

電車の旅行ならフリー切符!北海道・東北・東海などの電車がお得!フリーパスも必見!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

季節にもよりますが、日本のあちらこちらで、フリー切符は販売されています。

フリー切符の種類を大別してみると、
・1日乗り放題
・3~7日間などロングで乗り放題
・土日祝乗り放題
などなど、巡るエリアによって条件はさまざま。

乗り放題パスがあれば、いちいち切符を買う手間もなし!
立ち寄り施設の割引券が付いていたり、旅行の計画も立てやすいですね。

お得&特典満載のフリー切符を紹介しますので、参考にしていただければと思います。

2022年~23年【北海道&東日本パス】7日間乗り放題でゆっくり巡る


JR北海道とJR東日本から7日間乗り放題パスが発売されます!
発売期間と利用期間は春・夏・冬の3シーズン。
【北海道&東日本パス】大人11,330円、子ども5,660円 7日間有効

シーズン 利用期間 発売期間
春シーズン 2022年3月1日~4月22日 2022年2月20日~4月16日
夏シーズン 2022年7月1日~9月30日 2022年6月20日~9月24日
冬シーズン 2022年12月10日~2023年1月10日 2022年12月1日~2023年1月4日

販売箇所/JR北海道・JR東日本の主な駅および主な旅行会社
フリー路線/JR北海道線・JR東日本線・青い森鉄道線・IGRいわて銀河鉄道線・北越急行線の普通・快速列車の普通車自由席、JR東日本のBRT(バス高速輸送システム)※ほか特例あり

また、次のオプション券も合わせれば旅もスピードアップ!
【北海道&東日本パス北海道線特急オプション券】大人6,110円、子ども3,050円 1日間有効

シーズン 利用期間 発売期間
春シーズン 2022年3月1日~4月22日 2022年2月20日~4月22日
夏シーズン 2022年7月1日~9月30日
※8月1日~19日を除く
2022年6月20日~9月30日
冬シーズン 2022年12月10日~2023年1月10日
※12月28日~1月6日を除く
2022年12月1日~2023年1月4日

販売箇所/JR北海道・JR東日本の主な駅および主な旅行会社
フリー路線/「北海道&東日本パス」と併用することで、北海道新幹線「新函館北斗~新青森間」の立席(空いている席)と、北海道内の在来線の特急列車の普通車自由席が乗り降り自由。
1枚の「北海道&東日本パス」に対して併用できる枚数に制限なし。
詳細はJR東日本、JR北海道のホームページ。リリースはこちら

AIRDOひがし北海道のフリーパス・きた北海道フリーパス

AIRDOひがし北海道フリーパス(5日間)

AIRDO航空機を利用して北海道に来られた方限定のプランです。
また、ひがし・きた共に、旭川空港⇔旭川駅の連絡バスの割引券があります。

販売期間:2022年3月31日まで
利用期間:2022年4月5日まで
価格:大人16,380円、子ども8,190円
U25限定価格:12歳以上25歳以下12,680円
有効期限:5日間

販売箇所 到着便
新千歳空港駅 新千歳空港到着便
旭川駅 旭川空港到着便
帯広駅 帯広空港到着便
釧路駅 釧路空港到着便
北見駅・網走駅 女満別空港到着便

AIRDOきた北海道フリーパス(4日間)

発売期間:2022年3月31日まで
利用期間:2022年4月4日まで

価格:大人13,150円、子ども6,570円
U25限定価格:12歳以上25歳以下10,520円
有効期限:4日間

販売箇所 到着便
新千歳空港駅 新千歳空港到着便
旭川駅 旭川空港到着便

更にホームぺージでは、割引券情報があります。「AIRDO北海道プランのホームページ」を確認しましょう。

東海地方はフリー切符天国!?電車以外も乗り放題のプランも登場

【青空フリーパス】普通列車タイプ

東海地方でまず、おすすめしたいフリー切符が「青空フリーパス」です。
土曜・休日・年末年始にフリー区間内の快速・普通列車の普通車自由席が乗り降り自由になる、1日フリーパスです。
1日限定ですが、日帰り旅行で楽しみたい時にはうってつけと言えるでしょう。
発売期間:通年
利用期間:土曜・休日及び年末年始(12月30日~1月3日)

価格:大人2,620円、子ども1,310円
有効期限:1日間
青空フリーパスの詳細はこちら

 

【富士山満喫きっぷ】普通列車普通車自由席用

その名の通り、富士山をおもいっきり満喫できるフリーパス「富士山満喫きっぷ」。
対象区間内のJR、私鉄(普通車自由席)、バス、ロープウェイ、船(一般室)に乗車できる1日限定フリーパスです。

発売期間:通年
利用期間:通年

価格:大人3,120円、子ども1,560円
有効期限:1日間
富士山満喫きっぷの詳細はこちら

【JR東海&16私鉄乗り鉄☆たびきっぷ】普通列車普通車自由席用

JR東海の在来線・16私鉄が乗り放題になるお得なフリーパス「JR東海&16私鉄乗り鉄☆たびきっぷ」を知っていましたか?
土・日・祝日の連続する2日間限定ですが、大人:8,620円、子供:4,040円で下記の路線に乗り放題です。

発売期間:通年
利用期間:通年※4月27日~5月6日、8月10日~19日、12月28日~翌年1月6日は利用不可

価格:大人8,620円、子ども4,040円
有効期限:2日間(土休日の連続する2日間、平日利用不可)
JR東海&16私鉄 乗り鉄☆たびきっぷの詳細はこちら

四国地方はフリー切符天国!?切符の内容は?プランは?

【四国フリーキップ】フリー切符で四国地方を一周!年末年始も使える優れもの

四国地方を一周できる「四国フリーキップ」で四国観光を楽しまれてはいかがでしょうか?
発売期間:通年
利用期間:通年

価格:大人16,440円、子ども8,220円
有効期限:3日間


四国フリーきっぷの詳細はこちら

【バースデイきっぷ】誕生月の連続する3日間がお得!

発売期間:2022年3月31日
利用期間:2022年4月2日まで

価格:大人9,680円、子ども4,840円(グリーン車:大人13,240円、子ども6,620円)
有効期限:3日間

誕生日を迎えたら、四国地方の電車で四国観光をしてみては?
と言うのも、JR四国では誕生月の連続する3日間乗り放題の「バースデイきっぷ」を販売しているからです。

先ほど紹介した四国フリーキップよりもお得。バースデイキップ限定で「グリーン車」も用意されています。
バースデイきっぷの詳細はこちら

クレジットカード×フリー切符がお得!ポイントが稼げるおすすめクレカは?

フリー切符を現金で購入するのは非常にもったいない!
クレジットカードで購入すれば、カードに応じてポイントやキャッシュバックを受けられますし、貯まったポイントは後から利用できます。

【JREカード】切符購入でポイント3倍にアップ!駅ビル利用時もポイントUP


そこでまず、おすすめしたいのが「JREカード」です。
フリー切符を含め切符や定期券、SuicaチャージをJREカードで行うと通常「1,000円=5JREポイント」のところ、3倍の「1,000円=15JREポイント」にアップするところです。
貯まったJREポイントは、加盟店で「1ポイント=1円」で利用できますし、景品交換にも使えます。

また、関東・東北地方の駅中・駅ビルを利用する方はJREカードが絶対に欠かせません。「JRE POINT加盟店・優待店」で利用するとポイントアップし、最大で「3.5%」のポイント還元率。しかも優待店は拡大中!
JR東日本でお得なクレジットカードを是非、あなたも作成してみましょう。
※切符や定期券のポイント3倍の対象商品は、下記のViewプラスに限定されます。

【Orico Card THE POINT】高還元率のポイントが魅力的|


もう1枚、紹介したいのが「Orico Card THE POINT」です。Orico Card THE POINTの魅力は「ポイント還元率」にあります!

その還元率は「100円=1ポイント」であり、仮にあなたが1万円のフリー切符を購入すると「100ポイント」貯まります。しかも入会から半年はポイントが2倍!ポイントは電子マネーや他社のポイントにも交換でき、ANAやJALのマイルにも交換できます。

iDとQUICPay両方が搭載されているので、荷物で両手がいっぱいになっている時もかざすだけで支払いが完了できます。もちろん、iDやQUICPayで決済した分もポイントがつくので安心してください。

まとめ

いかがでしたか?
北は北海道、南は九州地方まで各地域ごとに様々なフリーパスがあります。
中にはJRの普通列車だけでなく、私鉄やバス、そして観光スポットとタッグを組んだお得なプランまでも登場します。
その上、フリーパスがあることで観光スポットや対象店舗で割引や優待が受けられるのも魅力的なポイントです。
あなたがもし、電車を利用した観光を検討しているなら、各地域ごとに用意されたフリーパスを存分に活用してお得な旅を満喫しましょう。

PAGE TOP