ETCカード

2018~2019年の年末年始&お正月は東北自動車道の渋滞とサヨナラ!渋滞予測で東北道を快適に走ろう!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

今年も東北道(東北自動車道)では、年末年始、またはお正月の帰宅ラッシュ時の渋滞が予想されます。

とは言え、いつどこで渋滞が発生するのか、特に発生しやすい時間帯や区間が分からないと対策のしようがありません!

そこでこの記事では、東北道がいつ渋滞が発生しやすいのか?また渋滞が発生しやすい区間や時間帯を紹介します。

一緒に渋滞予測サイトやアプリケーションも紹介しますので、しっかり予習をして渋滞に巻き込まれないようにしましょう。

年末年始の高速道路は大混雑!上下線の混雑回数は?


毎年、NEXCO東日本/NEXCO中日本/NEXCO西日本/JB本四高速/(公財)日本道路交通情報センターでは、年末年始の渋滞情報を掲載し、私達に渋滞に巻き込まれないよう注意喚起しています。

では、年末年始のどの日にちに渋滞が発生しやすいのか、最新のデータを一緒に見ていきましょう。
<<10㎞以上の渋滞予測回数>>

こちらは、2018年12月28日~2019年1月6日までの全国平均的な高速道路の渋滞予測です。

下り線を見ると、年末は「12月29日」「12月30日」に一時的に渋滞回数が多くなりますが31日、翌年1日は大きな渋滞が発生しません。

しかし、帰宅ラッシュのためか1月2日・1月3日は渋滞回数が大幅に増えてしまいます。

上り線も同様に、1月2日・1月3日に急激に渋滞回数が多くなるため、なるべくなら避けたいところです。

一方で、2019年1月4日以降は上り線のみ多少は渋滞があるものの、劇的に渋滞回数が減ります

上下線共に渋滞が発生しやすい日にちや時間帯を避けて高速道路を利用しましょう。

渋滞注意!東北道で気をつけたい時間帯や場所は?渋滞予測で混雑回避!


東北道で最も渋滞が発生しやすいのが「2019年1月2日」の上下線です。

中でも渋滞が発生しやすいのが、東北道上りの「久喜IC付近」「上河内SA付近」です。

久喜IC付近は「14時~21時(ピークは17時)」上河内SA付近は「15時~19時(ピークが17時)」に渋滞が発生しやすいため、この時間帯を外すと良いでしょう。

また、下りでも羽生PA付近で「9時~13時(ピークは11時)」にかけて渋滞が発生しやすくなります。

このように東北道にも渋滞予測が出ていますので、なるべく上記の時間帯を避けるよう心がけましょう。

東北道の年末年始&お正月もETC割引が受けられる?対象のETC割引&日程は?


東北道の渋滞と一緒に、あなたに覚えて欲しいのがETC割引です。

実は、年末年始&お正月、対象の日程であれば深夜割引や休日割引と言ったETC割引を受けられます

例えば休日割引は、2018年12月29日、30日。そして2019年1月1日~3日、5日・6日が対象日です。

残念ながら、12月31日や2019年1月4日は平日になるため休日割引が使えません

そのため深夜0時~4時に割引になる「深夜割引」やETCマイレージに登録し平日の「6時から9時」「17時から20時」が割引時間となる「平日朝夕割引」を活用しましょう。

もちろん、この他にもETC割引は多数用意されており、なおかつETCカードでお得な1枚も各社揃えています。

それらの詳しい情報は下記のページに紹介しているので、こちらも見逃さずに確認しましょう。

渋滞ラッシュを回避!渋滞情報の予測&収集おすすめサイトを紹介!

【ドライブトラフィック】リアルタイムで高速道路状況が分かる!全国対応の無料渋滞情報サイト

手軽にパソコンやスマートフォンから渋滞情報を調べるなら「ドライブトラフィック」がおすすめです。

無料で使える渋滞情報サイトながら、使い方が簡単であり内容も充実しています。

例えば渋滞情報を各地域ごとに分けて見られるだけでなく、これから起きる渋滞予測(1時間ごとに更新)まで行います。

また、工事や点検等で通行止めになっている区間や、雨や風、降雪等の天候による速度制限についても記載されています。

誰でも使いやすい渋滞情報サイトですので、出発前、またはPAやSAの休憩時にアクセスしして渋滞情報や渋滞予測を見逃さないようにしましょう。

高速道路交通情報サイト内のドラとらに表示されている規制情報はシステムの都合上、当面の間「冬タイヤ装着」の区間の規制内容が「チェーン装着」と表示されます。
今回導入された「タイヤチェーン規制」に基づく「チェーン規制」を表すものではないので、ご注意ください。

【ドラぷらアプリ】スマートフォンで渋滞情報をGET|音声でヒヤリ箇所も通知

続いて紹介するのは「ドラぷらアプリ」です。

こちらはスマートフォン専用の無料アプリであり、ドライブトラフィック同様にスマホ画面で渋滞情報や渋滞予測を確認できます。

その上、「通行止め」「片側交互通行」「チェーン規制」「その他規制」と言った細かい情報も見れる優秀なアプリです。

また冬季限定で、現在地・地域検索で気象情報が確認できるサービスも利用できます。

ライブカメラ機能を使えば、これから走る高速道路状況をリアルタイムで確認できますので、思わぬ事故やチェーンの付け忘れ等がなくなります。

更に、運転中に「ヒヤリ箇所」を音声で教えてくれる機能も搭載!

主に「本線料金所手前などの渋滞多発箇所で、前方に注意が必要な箇所」「長い下り坂や急カーブなど、スピードの出しすぎに注意が必要な箇所」を音声で教えますので、未然に事故を防げますね!

【渋滞予測カレンダー】東北道の渋滞情報が丸分かり|同時に通る高速道路の情報も入手できます

もっと細かく東北道の渋滞情報を入手したいなら「渋滞予測カレンダー」がおすすめです。

渋滞予測カレンダーとは、NEXCO中日本が用意するサービスであり、中日本の高速道路に限らず全国各地の高速道路で渋滞が発生しやすい日付・時間を予測しています。

冒頭で2019年1月2日の東北道では、久喜IC付近は「14時~21時」上河内SA付近は「15時~19時」で発生しやすいと紹介しましたね?

それでは、渋滞予測カレンダーを使って更に細かく調べてみましょう。

すると、東北道の上りの川口JCT付近で「12時&18時」に渋滞が発生すると予想が出ています。

そして同じく、2019年1月2日の東北道の下りを見ると羽生PA以外にも渋滞が発生しやすいことが分かります。

もちろん、東北道以外の高速道路も渋滞予測カレンダーを使えば簡単に渋滞情報を入手できます。

あなたも出発前や休憩時に確認して、渋滞に巻き込まれないようにしましょう。

まとめ

最後になりますが、年末年始やお正月の東北道は上下線ともに渋滞が予測されており、特に2019年1月2日・3日は上下線で大渋滞が発生しやすくなります。

また時間帯、特に発生しやすいICやJCT等を知らずに通行すると、渋滞に巻き込まれ時間の無駄やストレスが溜まります!

そうならないためにも、これまで紹介してきた内容、そして渋滞予測サイトやアプリを活用して渋滞に巻き込まれない時間帯を見つける。

または、渋滞が発生しやすい時間帯を避けて東北道を利用しましょう。

そうすれば、あなたが渋滞に巻き込まれることはなくなり、快適に東北道を通行できるでしょう。

カード絞り込み検索

記事検索

カード検索

カード絞り込み検索

FPコラム

アンケート調査

  1. 登録されている記事はございません。
PAGE TOP