納税

軽自動車税をクレジットカードで納付する3つの方法!コンビニ払い可能なカードも紹介

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

軽自動車税をクレジットカードで納付することで、ポイントが貯まるのはもちろんのこと、自宅で納税が完結するメリットがあります。

軽自動車税は各市区町村の専用サイトや、Yahoo!公金支払いを利用することで、クレジットカードを使った納税が可能です。

ここでは、軽自動車税をクレジットカードで納付する3つの方法と、コンビニ払いができるカードなどを紹介していきます。

⇒自動車税はnanaco払いで手数料0円!詳しくはこちら
⇒軽自動車税はnanaco払いで手数料0円!詳しくはこちら

軽自動車税の3つの納税方法とは?

軽自動車税は、毎年4月1日の時点で軽自動車を所有している方に支払い義務が生じる税金です。

2019年の納付期限は5月31日となっています。

軽自動車税の納税方法は以下の3つのパターンから選択可能です。

・各市区町村のサイト
Yahoo!公金払い
・軽自動車税納税通知書(コンビニ払いなど)

各市区町村のサイト

軽自動車税は各市区町村のサイトから納められるケースがあります。

例えば、神奈川県川崎市では、軽自動車税や固定資産税などの支払いができる「川崎市税 納付サイト」を公開中です。

「川崎市税 納付サイト」

「川崎市税 納付サイト」では、VISAとMasterCard、JCBとアメリカンエキスプレスとダイナーズクラブのクレジットカード(提携カードも可)にて、軽自動車税の支払いができるようになっています。クレジットカード納付の決済手数料(税抜)は以下の表の通りです。

軽自動車税などの税額 決済手数料(税抜)
1円から5,000円 35円
5,001円から10,000円 70円
10,001円から20,000円 140円
20,001円から30,000円 210円
30,001円から40,000円 280円
40,001円から50,000円 350円
50,001円から60,000円 420円
60,001円から70,000円 490円
70,001円から80,000円 560円
80,001円から90,000円 630円
90,001円から100,000円 700円

決済手数料は市区町村ごとに異なります。必ずお住まいの自治体の公式サイトから確認してください。

Yahoo!公金払い

軽自動車税は、「Yahoo!公金払い」を利用して納付するやり方もあります。

「Yahoo!公金支払い」

トップページから「軽自動車税」を選んでクリック
もしくは検索窓に地名(○○市など)を入力してください。

次の画面にてお住まいの自治体を選びます。

ここでは北海道→札幌市 軽自動車税の順にクリックしています。

続いてこの画面に切り替わります。

記載されている内容をすべて確認した後、「手数料・注意事項を確認の上、同意する」にチェックを入れましたら、「お手続きはこちら」をクリック。

北海道札幌市の軽自動車税などの税額ごとの決済手数料(税抜)を以下の表にまとめています。

軽自動車税などの税額 決済手数料(税抜)
1円から5,000円 36円
5,001円から10,000円 75円
10,001円から15,000円 112円
15,001円から20,000円 150円
20,001円から25,000円 186円
25,001円から30,000円 225円
30,001円から35,000円 261円
35,001円から40,000円 300円
40,001円から45,000円 336円
45,001円から50,000円 375円

軽自動車税などの税額5,000円ごとに決済手数料も増えていく形です。

こちらの画面が表示されましたら、軽自動車税納付書に記載されている「調定年度」「納付番号」「確認番号」を入力し、「次へ」をクリックします。


画像引用元:札幌市ホームページ

その後は、クレジットカード情報(カード券面に記載されている番号)などを入力→入力内容を確認→「支払い」の順に進んでいくうちに軽自動車税の納付完了です。

軽自動車税納税通知書(コンビニ払いなど)

軽自動車税納税通知書を使うことで、銀行などの金融機関の窓口や、コンビニエンスストアにて軽自動車税を支払うことができます。

基本的には現金での支払いですが、例外的にファミリーマートでは、ファミマTカードによる、軽自動車税納税通知書での納付が可能です。

これらの3パターンの納税方法の他、金融機関の口座振替や、スマートフォンによる「モバイルレジ」があります。

モバイルレジは、インターネットバンキングとの組み合わせで納税ができるツールです。

「モバイルレジ」

軽自動車税の税額

軽自動車税の税額(年)を東京都港区を例にして、「原動機付自転車」と「軽自動車・三輪または四輪」に分けて表でまとめてみました。

種類 税額(年)
原動機付自転車:50cc以下 2,000円
原動機付自転車:50cc超から90cc以下 2,000円
原動機付自転車:90cc超から125cc以下 2,400円
ミニカー20cc超から50cc以下 3,700円
小型特殊自動車:農耕用
(最高時速35キロ未満)
2,400円
小型特殊自動車:その他
(最高時速15キロ以下)
5,900円
軽二輪:125cc超から250cc以下 3,600円
二輪・小型自動車250cc超 6,000円
雪上車 3,600円
種類 旧税率・税額(年) 標準税率・税額(年) 重課税率・税額(年)
軽三輪 3,100円 3,900円 4,600円
軽四輪・貨物自家用 4,000円 5,000円 6,000円
軽四輪・貨物営業用 3,000円 3,800円 4,500円
軽四輪・乗用自家用 7,200円 10,800円 12,900円
軽四輪・乗用営業用 5,500円 6,900円 8,200円

参考資料:港区公式ホームページ「軽自動車税」
軽自動車税は年額です。標準税率は、2015年4月1日以降に新規検査を済ませた軽自動車(三輪/四輪)に適用されます。旧税率は、2015年3月31日以前の新規検査済みの軽自動車(三輪/四輪)。

重課税率は、初めての新規検査から13年以上経過している軽自動車(三輪/四輪)が対象です。

軽自動車税をクレジットカードで支払うことで得られる3つのメリット

軽自動車税をクレジットカードで支払うことで、以下の3つのメリットが得られます。

・自宅で軽自動車税の納付が完了
・クレジットカードのポイントが貯まる
・実質的な支払いを遅らせることができる

自宅で軽自動車税の納付が完了

軽自動車税をクレジットカードで納付するメリットのひとつには、自宅で軽自動車税の納付が完了する点があげられます。

わざわざ銀行などの金融機関やコンビニエンスストアなどに、軽自動車税納税通知書を持っていく手間が不要です。

しかも24時間365日いつでも納付できるため、お仕事やプライベートなどで多忙な方にも向いています。

クレジットカードのポイントが貯まる

軽自動車税のクレジットカード支払いの最も大きなメリットは、カードのポイントが貯まることです。

例えば軽四輪・乗用自家用の10,800円の軽自動車税を、ポイント還元率1%のクレジットカードで納めた場合、108円分のポイントがプレゼントされます。

金額は少ないかもしれませんが、現金で軽自動車税を支払っていては絶対に発生することはないメリットです。

実質的な支払いを遅らせることができる

軽自動車税の2019年の納付期限は5月31日です。

現金で納める際には、前述した10,800円(軽四輪・乗用自家用)をすべて準備する必要があります。一方、クレジットカードで同じように5月31日に軽自動車税を納付した場合、実際に口座から引き落としされるのは、30日後から60日後です。

特に月末は、公共料金や家賃、他の税金の支払いなどが重なることも考えられます。

実質的な支払いを遅らせられることで、余裕のある時にお金を用意することにつながるでしょう。

軽自動車税をクレジットカードで支払う2つのデメリット

軽自動車税をクレジットカード払いにすることで、ポイントが貯まったり、自宅で納付が完了するメリットがありますが、以下の2つのデメリットも存在します。

・納税証明書の発行まで現金払いよりも時間を要する
・決済手数料がかかる

納税証明書の発行まで現金払いよりも時間を要する

軽自動車税の納付をクレジットカードで行いますと、納税証明書(納付証明書)の発行まで2週間から3週間の時間が必要です。

そのため、特に車検を控えている方でクレジットカード払いを選択する場合、軽自動車納税証明書が届いたら速やかに納めることをおすすめします。

決済手数料がかかる

軽自動車税のクレジットカード払いでは、納付金額に応じた決済手数料が発生します。

クレジットカード納付を選択する際には、軽自動車税だけでなく固定資産税などの他の税金の支払いと組み合わせることで、デメリットの減少が可能です。

⇒軽自動車税はnanaco払いで手数料0円!詳しくはこちら

軽自動車税のクレジットカード納付におすすめのカード2選

ここからは、軽自動車税のクレジットカード納付におすすめのカードとして、以下の2つを紹介します。

・楽天ANAカード
・リクリートカード

楽天ANAカード

楽天ANAカードは、年会費無料で持つことができるクレジットカードです。

提携ブランドはVISAとMasterCardとJCBの3種類から選ぶことができます。

楽天ANAカードのポイント還元率は、楽天スーパーポイントを貯めるなら1%(100円:1P)、ANAマイルを貯めるなら0.5&(200円:2マイル)となっています。どちらを貯めるか選びますが、いつでも切り替え可能。

ANAマイレージクラブの機能を持っていながら年会費は年に一度使えば無料。税金を払ったお金でマイルを貯めて旅行しちゃいましょう。

リクリートカード

リクルートカードは、「1.2%の高還元率」が特徴である年会費無料のクレジットカードです。

例えば軽自動車税10,800円の納付にて、129円相当のポイントを受け取ることができます。

提携ブランドはJCBまたはMasterCard、もしくはVISAから選択可能です。

リクルートが提供するポンパレモールの経由で4.2%、じゃらんにて宿泊予約の際には3.2%にポイント還元率がアップ。

貯まったポイントは、コンビニエンスストアのローソンなどで使えるPontaポイントや、Oisix(オイシックス)の有機野菜などと交換できるようになっています。

ファミマTカード

ファミマTカードは、年会費や入会金は無料、提携ブランドはJCB、ポイント還元率は1%のクレジットカードです。Tポイントが使える店舗であれば、ファミマTカードを提示して現金払いをするだけでも200円ごとに1ポイント付与されます。

ファミマTカードで軽自動車税を納付する際には、軽自動車税納税通知書を直接ファミリーマートのレジで支払うことも可能です。もちろんTポイントを受け取ることができます。そして他のクレジットカードと同様、自治体のサイトや「Yahoo!公金支払い」による納付も選択可能です。

おわりに

軽自動車税をクレジットカードで納付する3つの方法と、おすすめのクレジットカードを紹介してきました。

軽自動車税だけでなく固定資産税などの支払いをクレジットカードに変えることで、お得にポイントを貯めることにつながります。是非、参考にしてみてください。

カード絞り込み検索

記事検索

カード検索

カード絞り込み検索

FPコラム

アンケート調査

  1. 登録されている記事はございません。
PAGE TOP