クレジットカード

病院もクレジットカードが大活躍!メリットは?使えない病院の見分け方&医療費控除についても徹底解説

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

あなたは病院の医療費を支払う際、以下のように困ったことはありませんか?

・医療費が思ったより高額で支払いに苦労した
・緊急搬送で運ばれたものの、費用が手持ちで足りず親族or親戚からお金を借りた
・病院へ行きたい時に銀行ATMがないため、仕方なく手数料を払ってコンビニATMでお金を下ろした

その他にも、手術で高額な医療費が発生した時、または入院費用が急に必要になった時は慌ててしまいますよね?

そんな時、大活躍するのがクレジットカードです!

クレジットカードが使える病院でしたら、急な出費も対応できますしカードにより、ポイント還元やキャッシュバック等の特典まで受けられます。

便利なクレカをどの病院で使えるor使えないか?そして医療費控除についてや事前に確認したいポイント等々、この記事では詳しく解説します。

目次

病院でクレジットカードは使える?使えない?見分け方は?

病院でクレジットカードは利用可能!見分ける2つのポイントとは?


結論を先に述べますと、病院でクレジットカード決済ができるところ、できないところがあります。

例えば、大学病院や総合病院でしたら殆どクレジットカード決済に対応していますが、反対に個人経営の病院や小規模病院では導入していないこともあります。

ただ、クレジットカードが使えれば医療費を支払う際、お金を用意する手間がなくなりますし、クレカごとのポイント還元やキャッシュバック等を受けられます。

ではどうやって、クレジットカード対応/未対応かを見分けるか?その方法は2つあります。

受付確認 病院の受付に対応するクレジットカード、例えば国際ブランドの「VISA」「Mastercard」「JCB」等が提示されています。もし提示されていれば、国際ブランドが付帯するクレジットカードで決済できます。
直接確認 もし、国際ブランドが提示されていない時はスタッフに直接確認しましょう。もしかしたら提示されていないだけで、クレジットカードが使える病院かもしれません。

もし、あなたがいつも利用する病院がありましたら、クレジットカードが使えるか受付確認、または直接確認しましょう。

使えない病院があるのはなぜ?手数料&導入費用に問題あり

病院によってクレジットカードが使える、使えない病院が出てくる理由として「決済手数料」「導入費用」の2点にあります。

そもそもクレジットカードは、決済ごとに加盟店から決済金額の数%の「手数料」を徴収します。

大学病院や総合病院でしたら、数%の手数料を耐える経営基盤はありますが、問題は個人経営や小規模病院です。

たとえ数%でも、手数料を徴収されると利益が減りますし、何よりクレジットカード決済をするシステムの「導入費用」が大きな負担になります。

これら2つの理由があり、クレジットカード決済を導入していない病院があるのです。

クレジットカード使える病院を探す!おすすめの検索ページは?

もし、クレジットカードが使える病院をお探しなら「病院なび」を使いましょう。

病院なびでは「都道府県」「病名」「診療科目」等、幅広い検索項目を揃えると共に「クレジットカード」が使える病院まで検索できます。

その上「住所」「電話番号」「診療時間」「アクセス方法」まで掲載されていますので、病院でクレジットカード決済をしたいと思いましたら、病院なびを活用しましょう。

病院の支払いはクレジットカード一択!おすすめする理由&メリットとは?

手持ちがなくても安心!緊急搬送や救急外来もクレジットカードにお任せ

万一、緊急搬送や救急外来にかかったときも、クレジットカードなら安心です。

現金がないと慌ててしまいますし、夜遅くではATMが閉まっていることも考えられます。

その点、クレジットカードなら手元に現金がなくても支払えますし、わざわざATMに行く手間もありません。

手持ちがなくても安心できるのは、クレジットカードの大きなメリットです。

大金を持ち歩かない|クレカで現金の紛失&盗難被害を防ぎます


保険適用外の治療や手術を受ける時、怖いのが現金の紛失や盗難です。

治療や手術の内容によっては、数万円~数十万円の大金を用意しなければいけませんので、持ち歩くのは危険です。

しかしクレジットカードなら、大金を持ち歩かなくても「限度額内」でしたら、たとえ数万円や数十万円発生しても決済できます。

その上、クレジットカードを紛失してもカスタマーセンターに問い合わせれば「使用停止」やカードにより「不正利用の補償」を受けられますので、現金よりも安心できますよ。

高額支払いもクレジットカードが大活躍|一時増枠で医療費をカバー


医療費が思った以上に発生した時も、クレジットカードにお任せです!

実はクレジットカード「一時増枠」を使うことで、限度額を一時的ですが増やせます。

例えば限度額30万円を50万円に増額、または限度額70万円を100万円に増額等、カード会社の専用ダイヤルに問い合わせれば対応します。

これなら「今月は使いすぎて医療費分が支払えない!」「思った以上に医療費が発生して限度額内では払えない…」と言った時も安心ですね!

ただし、一時増枠は「信用」がある方のみ対応します。

返済の遅延や滞納、金融事故で信用落としている方は対応しませんので、日頃の生活で絶対に信用を落とさないよう注意しましょう。

病院の支払いでポイント還元|カードによってキャッシュバックも受けられます

病院の支払いをクレジットカードに変更すれば、カードごとにポイントやキャッシュバックを受けられます。

貯まったポイントを景品に交換しても良いですし、1ポイント=1円で使えるなら加盟店で利用し、買い物やお食事を楽しみましょう。

病院でクレカ支払いをためらう方必見|ポイント還元の対象&医療費控除等を解説


ここまで、病院の支払いにクレジットカードが使えること、そしてメリットを紹介してきました。

しかし「ポイント還元はどこまで対象?」「医療費控除の対象にならないのでは?」等が分からず、利用をためらっていませんか?

そこで、2つの疑問を解消するためにそれぞれの「Q&A」を作成しましたので見ていきましょう。

ポイント還元 診療費や治療費、手術等の医療費の殆どがポイント還元の対象です。また「VIASOカード」や「REX CARD」と言ったキャッシュバックタイプのクレジットカードも還元されます。
医療費控除 クレジットカード決済でも医療費控除の対象になります。ただし、分割払いやリボ払いで発生する「金利」は控除の対象外です。

以上のように、ポイント還元は殆どが対象であり、クレジットカード決済でも医療費控除を受けられますので安心してクレカを使いましょう。

クレジットカード払いの前に要チェック!病院で確認したい3つのポイントとは?

国際ブランドは大丈夫?VISA/JCB等、使えるカードを確認しましょう

もし、緊急搬送や急を要する事態でなければ、病院で事前に使えるクレジットカードを確認しましょう。

と言うのも、仮にクレジットカードが使える病院であっても、国際ブランドによって決済できないからです。

例えば、A病院はクレジットカードが使えるものの「VISA」「Mastercard」「AMEX」のみ対応ですと、JCBやダイナースクラブは利用不可能です。

またB病院では「VISA」「JCB」のみ利用可能ですと、Mastercard、AMEX、ダイナースクラブが使えません。

「この病院はクレジットカードが使えるから安心!」と思わず、できるなら事前に使えるクレジットカードをチェックしましょう。

クレジットカードの利用は支払い金額で決まる|支払い前に要チェック


もう1つ、注意したいのがクレジットカードの「支払金額」で利用可能/不可能が決まることです。

病院によって様々なパターンはありますが、下記のように提示されていることもあります。

・〇〇円以上のお会計でクレジットカードが使えます
・保険適用外の治療であり、〇〇円以上のお会計でクレジットカードが使えます

したがって、あなたの行きつけの病院がありましたら、クレジットカードが使える金額が設定されているか?確認しましょう。

一括払い以外の支払いは事前確認|分割払い&ボーナス一括払いは可能?


病院の支払いは基本的に「一括払い」です。

分割払いやリボ払い、またはボーナス一括払い等、別の支払い方法に対応していない病院もあります。

もし、一括払い以外の支払いを検討しているなら、あらかじめ病院スタッフへの確認をおすすめします。

※JCB/VISAカード等、一部のクレジットカードは決済後に後からリボ払いに変更するサービスがあります。

病院におすすめのクレジットカードを紹介!日常使いも役立つカードとは?

【楽天カード】医療費の支払い&日々の支払いもOK!ポイント還元率1%の優秀なクレジットカード


医療費の支払いでポイント還元率が高いカードを探している、または楽天市場も利用する方なら「楽天カード」をおすすめします。

このカード最大の特徴が「ポイント還元率」です!

常に「100円=1ポイント」のため、例えば毎月の医療費が1万円かかる場合、1年間で「1,200ポイント」貯まります。

貯まったポイントは、楽天市場や加盟店で「1ポイント=1円」で利用できますので、人によっては年間数万円もお得になります。

その上、楽天市場では楽天カード会員限定の「SPU」によりポイントアップしますし、楽天スーパーセールなら更なるポイントアップが期待できます。

新規発行手数料・年会費無料共に無料ですので、ポイント還元率が高いカードを探している方、楽天市場を利用している方なら楽天カードが良いでしょう。

【REX CARD】ポイント還元率1.25%!キャッシュバックでお得になる魅力的な1枚


続いて紹介するのは「REX CARD」です。

おすすめする理由として、REX CARDの「ポイント還元率&キャッシュバック」にあります。

ポイント還元率は「1.25%」の高還元率であり、仮に医療費1万円の決済なら「125ポイント」1年間で「1,500ポイント」も貯まります。

貯まったポイントは「Jデポ(口座引き落とし時に割引するサービス)」として「1,500ポイント→1,500円分」に交換できます。

そのため、医療費や日々の支払いを含め毎月8万円の決済をREX CARDで行えば、1年間で「12,000ポイント」Jデポに交換すれば「12,000円分」もお得です!

もちろん、新規発行手数料や年化費は一切かかりませんので、ポイント還元よりもキャッシュバックを重視するならREX CARDをおすすめします。

まとめ

最後に、クレジットカードがあれば病院の支払いで慌てたり困ることがなくなります。

例えば、緊急搬送や救急外来を利用した時に手持ちがなくても支払えますし、高額な医療費を支払う際、大金を持ち歩くリスクもありません。

そしてクレジットカード払いなら、ポイント還元やキャッシュバックも受けられますので、現金払いよりもお得に決済できます。

ただ、全ての病院がクレジットカード決済に対応していませんので、いつも通う病院やこれから足を運ぶ病院が対応しているかどうか?事前に確認してから訪問しましょう。

カード絞り込み検索

記事検索

カード検索

カード絞り込み検索

FPコラム

アンケート調査

PAGE TOP