クレジットカード

ANAフライングホヌ(A380)で夏はハワイへ!anaマイルでお得に国際線特典航空券を手に入れよう!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

実はいま、ANAの国際線特典航空券の中で「ハワイ」路線がダントツ人気なんです!
それもそのはず、新型機のエアバス380「フライングホヌ」が導入されましたからね~。
520人乗りと席数もたっぷりあり、これまでなかなか取れなかった特典航空券も取りやすくなりました!
貯めていたanaマイルに今年の夏は大活躍してもらいましょう!!

この記事では、ハワイへのマイル旅をA380でシミュレーションしながら、特典航空券のルール解説と、マイルが貯めやすいカードについて紹介していきます!

⇒全部見たい!anaマイルがザクザク貯まるクレジットカード紹介はこちら

ANA特典航空券国際線人気はハワイ!「フライングホヌ」導入で取りやすくなったって本当?

これまで、ANAの国際線特典航空券の中でも「ハワイ」の予約は人気が高く、なかなか予約が取れない路線とされてきました。
しかし、今年から新しい大型エアバス機「A380」が導入され、特典航空券の利用可能額が拡大されました!

A380型機は通称「フライングホヌ」、ハワイ語で「空飛ぶウミガメ」を意味する愛称で、2019年5月から就航が始まりました。
まずは今回導入された「フライングホヌ」の魅力について、たっぷりとご紹介していきましょう。

フライングホヌってどんな飛行機?


(参考:ANA HP https://www.ana.co.jp/ja/jp/hawaii24/airbus380/ )

エアバス社が誇る2階建ての大型機材「A380」に、ウミガメのペイントがされた最新飛行機「フライングホヌ」は、ハワイ語で空飛ぶウミガメという意味なのだそうです。

2階建ての内、1階は全てエコノミークラス、2階がファーストクラス、ビジネスクラス、プレミアムエコノミーとなっており、なんと最大で520名搭乗することができます。

今回はその中でも特にオススメの「ANA COUCHii(ANAカウチ)」について、たっぷりとご紹介していきましょう。

女子旅のオススメは「ANA COUCHii(ANAカウチ)」!

ANA COUCHii(ANAカウチ)は、日本の航空会社の座席としては初めて導入された、ベッドのように利用できるカウチシートです。
レッグレストをあげてフラットにすることで、ゆったり体を休めることができます。写真はフラットにした状態。

カウチシート専用の寝具・シートベルトも準備されているそうですよ。

こちらの座席は、3組座席または4組座席を1組として、エコノミークラス運賃に追加料金で利用することができます。
友達と2人で3席または4席押さえれば、お互いに横になって休めますね。

ANAカウチの追加料金は、以下の通りです。


金額は、利用する時期によって「ローシーズン」または「ハイシーズン」のいずれかとなり、変動料金となっています。


(参考:ANA HP https://www.ana.co.jp/ja/jp/serviceinfo/international/optional_svc/couchii/ )

特典航空券でANAカウチは利用できる?

特典航空券の場合、ANAカウチ部分を含んだ特典航空券は販売されていないため、通常の特典航空券(エコノミークラス)を発券した上で、別途追加申し込みが必要です。

つまり、特典航空券を予約する。そしてANAカウチ部分の追加料金を支払う。これで、ハワイまで広々と座席を利用することができますので、「到着までおしゃべりを楽しみたい」「到着後の体力温存のため、機内ではしっかり休みたい」といった女子会ニーズにうってつけとなっています。

ANAカウチはどこで申し込むことができる?申し込み期限はいつまで?

ANAカウチは、ANAウェブサイト、ANAコールセンターで申し込むことができます。
申し込みは、航空券購入後~便出発48時間前(2日前)まで可能です。
支払い方法は、クレジットカード、またはPaypalのいずれかを選ぶことができます。

ハワイに行くために必要なマイル数はどれくらい?特典航空券のルールとは?

ハワイに行くために、マイルは一体どれくらい必要になるのでしょうか。意外と知らないANA国際線特典航空券のルールについて、知っておきたい基本知識とポイントを押さえていきましょう。

特典航空券、いつから予約できるの?必要マイル数は?

国際線の特典航空券は、旅程の復路搭乗日の355日前(出発日含まず)午前9時(日本時間)から、第一区間出発の96時間前まで申し込むことができます。
申し込みは、往復同時予約および発券が条件となります。

必要マイル数は、ローシーズンで往復35000マイルからです。
(L=ローシーズン、R=レギュラーシーズン、H=ハイシーズン)
<シーズン区分>(参考:ANA HP https://www.ana.co.jp/ja/jp/amc/reference/tukau/award/int/usage.html

<ハワイまでの必要マイル数>

L R H
エコノミー 35000(L) 40000(R) 43000(H)
プレミアムエコノミー 5300(L) 58000(R) 61000(H)
ビジネス 60000(L) 65000(R) 68000(H)
ファースト 120000(L) 120000(R) 129000(H)

片道予約や変更はできる?アップグレードは?

ANA特典航空券は、片道予約はできません
必ず往復予約が必要です。
発券後は、航空券の有効期限内で355日前〜24時間前までであれば、搭乗日と搭乗便の変更が可能です。名義変更やアップグレードなどのクラス変更、区間、経由地変更はできません。

空席待ちはできるの?

空席待ち(キャンセル待ち)は、第一区間出発日の14日前まで、片道につき1便のみ可能です。

乗り継ぎはできるの?

乗り継ぎは、日本国内であれば「乗り換え」として往路・復路各2回まで可能です。
海外発の乗り継ぎは「途中降機(24時間を超える滞在)」となり、目的地以外に1回可能です。日本発で途中降機することはできません。

マイルがザクザク貯まる!おすすめクレジットカード3選

「マイルを貯めてハワイまで行きたいけど、そんなに飛行機に乗らないな・・・」という方でも、マイルをザクザク貯められる方法があります。

それはマイルの貯まるクレジットカードを、入会キャンペーンを活用してタイミングよく作り、カード決済に利用すること!実はこれが一番効率よくマイルを貯められる方法です。

今回はANAカードが実施しているキャンペーンを活用して、マイルをドンドン貯められるカードを3つ厳選してご紹介します。

ANA To Me CARD PASMO JCB<ソラチカカード>

ANA To Me CARD PASMO JCB(通称ソラチカカード)は、ANAと東京メトロのソラチカカードがコラボしたクレジットカードです。

このカードは、JCBの「Oki Dokiポイント」、東京メトロの「メトロポイント」、そして「マイル」の3種類を同時に貯めることができる唯一のカードとして、ANAカードの中でも人気の高い1枚です。

年会費は2,000円(税抜)とお手頃ながら、初年度無料で利用することができるので、まずはANAカードを試してみたい!という方にもピッタリです。

いまなら新規入会またはアップグレード特典として、最大19,600マイル獲得可能なキャンペーンを実施中!
2019年12月31日(火)までにお申し込みの方限定

ANA JCB ワイドゴールドカード

ANA JCBワイドゴールドカードは、年会費が14,000円(税抜)と高額の部類ではあるものの、年会費に見合ったサービスや特典を受けることができる、JCBのステイタスカードです。

ゴールドカード会員として、国内のJCB空港ラウンジサービスを無料で利用できたり、旅行傷害保険や航空機遅延保険などの補償が充実しているので、旅行好きの方にオススメのカードです。また、ゴールド会員専用デスクも利用することができるので、困ったときにも安心。

いまなら新規入会またはアップグレード特典として、最大23,900マイル獲得可能なキャンペーンを実施中!
2019年12月31日(火)までにお申し込みの方限定

ANAアメリカン・エキスプレス・カード(一般)

ANAアメリカン・エキスプレス・カード(一般)は、年会費7,000円(税抜)+「ポイント移行コース」6,000円(税抜)=13,000円(税抜)と年会費が高い部類のカードではあるものの、アメリカン・エキスプレス・カードを持ちたい方にとっては、コストパフォーマンスに優れたカードと言えます。

アメックスといえば、緑色の券面のアメリカン・エキスプレス・カードが有名ですが、年会費だけで12,000円(税抜)となっている上、キャンペーンでもらえるポイントも少なく設定されています。

現在新規入会キャンペーン実施中です!

入会後3ヶ月間のカード利用条件達成で合計35,000マイル相当のポイントが貯まります。
・入会ボーナス:入会するだけで1000マイル
・入会後3ヶ月以内にカード利用額1万円:500ボーナスポイント
・入会後3ヶ月以内にカード利用額30万円:4,000ボーナスポイント
・入会後3ヶ月以内にカード利用額70万円:22,500ボーナスポイント
・カード利用70万円で獲得できる通常ポイント:7,000ボーナスポイント

入会特典に加えて、
さらに最大20,600マイル獲得可能なキャンペーンを実施中!
2019年12月31日(火)までにお申し込みの方限定

いまなら合計で最大55,600マイル獲得のチャンスです!

家族の支払いをまとめたり、大きな買い物をする予定のある方には、一瞬でハワイまでの必要マイル数に到達してしまいますね!

1枚のクレジットカードに生活費を集約!それがマイルを貯めるコツ

今回ご紹介した3つのカードは、どれも基本的に「100円=1マイル」貯めることができます。

例えば、1ヶ月の生活費20万円をすべてカードで支払ったとすれば、20万円=2000マイル、1年に換算すると約24,000マイルを貯めることができる計算となります。

どのカードを申し込んだとしても、キャンペーンでもらえるマイルをプラスすれば、来年には35,000マイルにラクラク到達できそうですね!

まとめ

いかがでしたでしょうか?人気のハワイ路線ですが、大型機材を導入したことでANAの特典航空券が取れやすくなったというのは、ハワイ大好き女子たちにとっては朗報ですよね。

現在は1機のみですが、今後追加で2機、合計3機のフライングホヌの就航が予定されています。

今年の女子旅は、ANAのフライングホヌを予約して、ハワイを存分に楽しんでみてはいかがでしょうか。

カード絞り込み検索

記事検索

カード検索

カード絞り込み検索

FPコラム

アンケート調査

  1. 登録されている記事はございません。
PAGE TOP