ETCカード

60秒で分かる!ETCカードの作り方・お得な申込方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

高速道路の走行をスムーズにするための必須アイテム、ETCカード。

使いたいけど、ETCカードを作るにはどうしたらいいのか? 作り方や使い方で困っていませんか?

ETCシステムの利用率は、全国で89.6%(NEXCO東日本調べ平成30年度最新値)という高い数字になってます。

ETCカードを最短で作成するために、「ETCカードの作り方」「ETCカードの選び方」「無職・学生でも作れる?」から、

実際に使う時に必要な、「車載器のお得な情報」「高速道路でのETC割引」「ETCカードの履歴の確認」など、ETCカードに関する情報をまとめました。

また、数あるクレジットカードの中でもお得なクレカ選び→ETCカードの作り方→申し込みまでの流れを紹介します。

ETCカード 人気ランキング

  1. ライフカード
    ライフカード
    今が最大のチャンス!15,000円相当のプレゼント中!! 誕生月はポイント3倍! 年会費0円、2年目以降も年会費0円
  2. 三菱UFJニコスVIASOカード
    三菱UFJニコスVIASOカード

    今だけ10,000円相当プレゼント中!
    貯まったポイントは現金でキャッシュバック
    年会費0円、2年目以降も年会費0円

  3. 三井住友VISAクラシックカード
    三井住友VISAクラシックカード
    もれなく最大10,000円キャッシュバック! 低い条件で簡単ゲット! 年会費初年度0円、2年目以降も簡単条件クリアで0円

すでにクレジットカードをお持ちの方で、ETCカードを作りたい方は、以下のリンクから確認して下さい。

目次

ETCカード人気コンテンツ

今さら聞けない!?ETCカードとは? どんなカード?

ずばりこれがETCカード(イーティーシーカード)です。

デザインなどは、各発行会社で微妙に違いますが、大きさはクレジットカードと同じ、見た目もほぼ同じカードです。

「ETC」(イーティーシー)のマークが入っています。

ETCカードとは、車載器に挿入し、高速道路に設置してあるETCシステムを通過した際に、高速料金を自動で決済するための専用のカードです。

なので、クレジットカードとは違って、ETCカードで買い物をしたり、キャッシングしたりすることはできません。

詳しくはこちらのページでも紹介してしていますのでご覧下さい。

現在、ほとんどのETCカードはクレジットカードと同時に申し込み、クレジットカードとETCカードの2枚が手元に届けられます。

インターチェンジで現金のやり取りをしないで、スムーズに通過するために、ETCシステムとETCカードは今や必須のアイテムですね。

ETCカードの時間別・期間限定割引

ETCカードを利用すると通行料金が最大30%割引になるサービスなどがあり、ETCカードで高速道路をお得に使えるのをご存知ですか?(ETC限定の平日朝夕割引、休日割引・深夜割引、期間限定割引などが豊富にあります)。

詳しくはこちらをご覧ください!

ETCカードは3種類から選ぶ!

実はETCカードには3種類あることをご存知でしょうか?ETCカードの作り方にも若干の違いがあります。

1.クレジットカード付帯のETCカード

 

このタイプが現在の主流で、クレジットカードとETCカードが別になっているタイプです。

すでにクレジットカードをお持ちの方は、そのカード会社にETCカードの追加発行の申し込みをすればOKですが、カードを持っていない方は新たにクレジットカードを作ることとなります。

2.クレジットカードと一体型のETCカード

クレジットカードとETCカードが一体となっているものです。

正確にはクレジットカードにETCカード機能を追加したと言えるでしょう。

このタイプ自体あまり発行されておらず、メリットとしてはカードを2枚持つ必要がないという事ですが、ほとんどの方はETCカードを車に挿しっぱなしにする場合が多いので、毎回車載器から抜き差ししなければならないのが不便と感じる方もいます。

3.クレジット機能がないETCパーソナルカード

クレジットカードを持てない人、またはクレジットカードはいらない方のETCカードです。

ETCカードのみの発行となります。

ETCパーソナルカードの特徴は、その作り方。クレジットカードが発行するETCカードではなく、高速道路6会社が共同で発行するETCカードです。

申込書は有料道路のSAなどのインフォメーションで入手できますが、電話で申込書の依頼をすることも可能です。

ETCパーソナルカード事務局 TEL 044-870-7333
(土日、祝日、年末年始除く9:00~17:00)

支払いは口座引き落としで、申し込みは基本郵送になります。

メリットはクレジットカードを作る必要がない事ですが、デメリットが以外とあり、年会費と高いデポジット。

通行料の他に年会費(1,234円)と、保証金(デポジット/最低額4万円)が必要となります。

また、クレジットカード自体の色々な特典も無い為、お得感はぐっと少なくなります。

大きく宣伝をされていないので認知度は低く、ETCカードといえばクレジットカードタイプを思い浮かべる方が多いですが、審査が不要なこういうカードもあります。

※プリペイドのETCカードは現在ありませんので、プリペイドでお探しの方はこちらのETCパーソナルカードをおすすめします。

この3種類のカードを比べてみると、個々に一長一短があります。

ETCパーソナルカード以外は、ETCカードを作る際に、クレジットカードを契約する必要があります。

ETCカードの機能自体は変わらないので、せっかくETCカードを作るならば、様々な特典を付帯しているクレジットカードを選び、そのETCカードを作る事が断然お得となっています。

ETCカードの作り方~申込方法?審査~発行~請求~支払い~履歴までの流れ?

では申し込みの流れをわかりやすく説明していきましょう。

ETCカードはどのクレジットカードでも作れます!

ETCカードは殆どがクレジットカード付帯。なので自分の持っているクレジットカードでETCカードを作れるか心配されている方もいると思います。

ETCカードが発行可能なカードの条件を簡単に説明します。手元にクレジットカードを用意して確認してみてください。

まずクレジットカードには、「国際ブランド」といわれるものが付いています。

・VISA
・Master
・JCB
・Amex
・ダイナース

クレジットカードの端にマークがついていますよね。

これらの会社は、決済システムをクレジットカード会社に提供している、または自社で運営している会社で、各カードについているマークは「この会社の決済システムを使っていますよ」という証です。

クレジットカードと読ばれるものには、間違いなくどれかのマークがついているはずですので、逆にこのマークがないものは、クレジットカードと呼べず、ETCカードも発行できません。

そして以下が、上記決済システム付きのクレジットカードを実際発行してる会社です。

画像は一例ですが、見覚えがある会社名も多いと思います。実際はもっとあるのですが

例をあげますと、

・アメリカン・エキスプレス・インターナショナル
・イオンクレジットサービス株式会社
・株式会社オリエントコーポレーション
・株式会社クレディセゾン
・株式会社ジェーシービー
・ジーシー株式会社
・シティーコープダイナースクラブジャパン株式会社
・株式会社ジャックス
・株式会社JALカード
・株式会社しんきんクレジットサービス
・住信カード株式会社
・株式会社セディナ
・株式会社セントラルファイナンス
・株式会社大和銀カード
・トヨタファイナンス株式会社
・日本信販株式会社
・三井住友カード株式会社
・三菱UFJニコス株式会社
・ユーシーカード株式会社
・ライフカード株式会社
・・・
など、他にもたくさんあります。

これらの会社が発行している、一般的に「クレジットカード」と呼ばれているカードには、全て決済システムが付いているので、全てETCカードが発行可能なわけです。

銀行カードでETCカードが作れる?作成方法を説明

郵便局やゆうちょ銀行、三菱UFJ銀行、三井住友銀行など、今手元にあるクレジットカードでETCカードは作れないか?と思っている方がいると思います。

その他にも、コンビニのファミマでETCカードは作れるのかと考えてる方もいると思います。

実は、作れる方法があります。

一般的なおすすめのクレジットカード(楽天やセゾンカードなど)を含め、銀行やファミマでETCカードがつくれるか、詳しく解説したページがありますので、気になる方はぜひ御覧ください。

ただし、キャッシュカードでETCカードを作成することはできませんので、注意してください。

それでは、一般的なクレジットカード付帯のETCカードの作り方?審査~発行~請求~支払い~履歴の確認までの流れをご説明します。

クレジットカードの申し込み(同時にETCカードも)


ETCカードを受け取る為にはまず、クレジットカード自体に申し込まなければなりません。

クレジットカードを選んだら、申し込みボタンから公式サイトに行き、必要情報を記入します。

この時オプション・サービス登録などの中から、「ETCカード」を選ぶ欄があると思いますので、チェックをお忘れなく!

クレジットカード審査・カード発行

クレジットカードを申し込むと、カード会社で審査が行われ、滞納などの問題がない場合はクレジットカードとETCカードが発行されます。
カード会社によってバラつきはありますが、3?4日から2週間前後で届きます。

万が一、カード会社の審査が通らず、クレジットカードが受け取れなかった場合は、ETCカードの作り方としては、現状ETCパーソナルカードを作るしか方法はありませんので、⇒ こちらでご確認頂ければと思います。

クレジットカードやETCカードを郵送ではなく、直接店頭受取りの場合は、即日発行で当日中に受け取れることも可能なクレジットカードもあります!もちろんETCカードも受け取れますので、お急ぎの方は即日発行や最短期間で作成可能なクレジットカードを選びましょう!

車載器をセットアップする

まだ車載器を選んでない方は車載器を選びます。

そして車載器のセットアップを行います。

セットアップを行わなければ、ETCレーンのバーが開きません。

注意してください!

車載器を取り付ける

セットアップを終えた車載器を車に取り付けます。

取り付けは自分で行うことも、車検や修理を行なっているお店、全国チェーンのカー用品店などに頼むことも可能です。

取り付けの工賃は現状6000円~7000円が相場とされています。※変動する可能性があります。

ETCマイレージとは?|ETCカードを登録してポイント2重取り!

ETCカードの作り方は基本ここまでですが、実は、ETCカードを更にお得に使う事ができます。

それは「ETCマイレージ」というサービスです。

これはクレジットカードの特典とは別に、ETCの利用料金に応じてポイントを貯めることができるサービスです。

ETCカードが届いたら一番に登録する事をお勧め致します!なぜなら・・・

  • ETCマイレージポイントを、高速料金に還元でき、高速料金を更に安くできる!
  • クレジットカードの特典、例えばポイントやマイルといったクレジットカード自体のポイントとは別なので、ポイントが2重取りできる!

からです!これを知っている知っていないではお得度は全然変わってきますので、ETCカードを作ったら「ETCマイレージ」に登録するという事を覚えて置いて下さい。

ETCカードでストレス無しの料金所

車両情報をインプットしたETC車載器に、ETCカードが挿入されていることを確認したら、ドライブに出発しましょう!

ETCカードを差し込む際、向きには注意してくださいね。

インターチェンジはETCカードと車載器のお陰で、減速するだけで通過できるようになります。

ETCカードの利用請求

高速道路や有料道路で、ETCを利用した際の請求は、クレジットカード付帯のETCカードの場合は、クレジットカードと一緒の請求となります。

ETCパーソナルカードの場合は、銀行引き落としで請求されます。

ETCカードの履歴の確認・利用紹介サービス

「ETCカードを利用したけど領収書はどこでもらえるの?」
領収書はネット、SA・PAほか意外なところで発行することができます。

詳しく説明しているこちらをチェックしてみてください。

ETCカードは無職・専業主婦・学生・個人事業主でも作れる?

今日ETCカードが欲しい!即日発行・最短期間で受け取れるETCカードの作成方法

即日発行に対応しているカード会社は限られてしまいますが、ETCカードの即日発効は可能です!

インターネットから申し込みできるのは、セゾンインターナショナルカードと、セゾン・パールカードのみで、Web申し込みの後に即日発効に対応しているセゾンカウンターに行けば、クレジットカードとETCカードを両方受け取る事ができます。

申し込み方法を間違えると即日発行ができなくなりますので、こちらをしっかりご覧ください。

また、イオンの一部店舗では、イオンカードとETCカードを同時にその場で即日発行してもらうことができます(募集カウンターのある店舗のみ)。

無職・フリーターでもETCカードは作れる?

収入のない方の場合は、審査が通らず作れないことがほとんどです。
それでも何とかしたい場合はこちらのカードもあります。

専業主婦でもETCカードは作れる?

職業欄に専業主婦と明記することがポイント。
収入欄は空欄または0でも、ほとんど問題なく審査は通ります。
おすすめは、毎日の買物で利用するスーパーのクレジットカードとETCカード。
ポイントも早く貯まりやすいです。

それでも心配な方はこちらをチェックしてみてください。審査が甘めのクレジットカードを紹介しています。

未成年者でもETCカードは作れる?

学生や未成年者が持てるクレジットカードは限られており、ETCカードが発行できるとなると、さらに少なくなってしまいますが、学生でもETCカードを持つことは可能です!そこでオススメのカードをピックアップしました。

法人・個人事業主のETCカードの作り方は違う?

基本的に個人用のETCカードの作り方と一緒ですが、サービス内容が違う「ビジネス専用のETCカード」があります。
法人割引の制度があったり、車両分のETCカードが発行できたりと、サービスが異なりますので、個人のカードとは別に分けて持つことをおすすめします。

ビジネス専用のETCカードの作り方など、詳しい説明はこちらです。

面倒くさいからクレジットカードとETCカードを1枚にしたい。

2枚持ちが面倒という方。

現在、クレジットカードとETCカードは分けられているのが主流ですが、一体型も用意されています。

ただし、車内に放置するのは大変危険です。

車載器から抜き忘れ盗難にあった場合、悪用されやすいというデメリットがあります。

クレジットカードとETCカードが1枚で済むのは便利ですが、十分に注意が必要です。

いよいよETCカード選び|後悔しないETCカードの作り方3チェック

ETCカード付帯のクレジットカードは、様々な特典が付帯され発行されています。
カードによって違うので、選ぶのにも一苦労してしまいます。
だからといって、適当に選んでしまうのはもったいない!何を優先してクレジットカードを決めたらいいのか、基準にするべきポイントをまとめました。

・ガソリンの値引きやキャッシュバック、ロードサービスがあるもの
・ポイント還元率が高く、ポイント特典やショッピングで得をするもの
・年会費が無料のもの

頻繁に車に乗るならば、ガソリンの割引に特化した特典があるカードを。

買い物を良くするのであれば、ポイント還元率が高いカードを。

逆にあまり車に乗らないのであれば、年会費が永年無料のカードを。

と、いうように自分のライフスタイルに合わせるのが、特典を無駄にせずカードを使える秘訣です。

ガソリン代を1円でも安くする!マイカー通勤だったり高速道路をよく使う方ならばガソリン代は馬鹿にならないですね。ガソリンスタンドの利用分がキャッシュバックされるカードや、ガソリン給油時に値引きを受けられるカードを選びましょう。

ふだんの買い物でもポイントが貯まりやすい!ポイントは買い物で値引きに使えたり、商品券と交換できたりとさまざま。普段使いがとてもしやすいのがポイント。ETCカードは、必ず親カードとなるクレジットカードの追加カードとして発行されるので、ETC利用分も親クレジットカードのポイント付与対象の利用分になります。

無料が一番、年会費!維持費がかからないければ、メリットしかなくなるETCカード。特にあまりETCカードを使わないのであれば、年会費無料のカードを選択すれば損をすることはありません。

Q&A

  1. 発行までどれくらいかかるの?

    カード発行会社によって違います。3?4日から2週間がほとんどですが、長いと1カ月以上かかるものもあります。
  2. 家族カードでもETCカードは作れる?

    通常家族カードでもETCカードは作れますが、一部のクレジットカード会社の家族カードはETCカードを作れません。
    ・楽天カード
    ・KCカード
    ・Yahoo! JAPANカード
    ・ライフカード
  3. デビットカードで作れる?

    現在、ETCカードが作成可能なデビットカードはありません。 ETCシステムは後払いのため、その場で利用金額を引き落とすデビットカードとは、根本的なシステムが違うからです。
  4. ETCカードは自分の車だけしか使えない?

    車載器が搭載されていれば友人の車でも、家族の車でも、レンタカーでも自分のETCカードは使うことができます。 ただし、料金の請求はカードの持ち主のクレジットカードとなります。貸し借りなどには気を付けましょう。
  5. 車載器はどこで買えるの?

    オンラインショップやカー用品で購入できます。車載器自体でETC料金が変わることも、大きく性能が変わることもありません。 ⇒ 選び方についてのポイント
  6. 車載器は買ってすぐに使えるの?

    車載器は買って取り付けるだけでなく、セットアップという作業が必要になります。セットアップは個人ではできないため、認可を受けている業者に頼む必要があります。現在はセットアップされた車載器を売っているお店もあります。→詳しくはコチラで解説しています。

一覧表で比較

カード クレカ最短発行日順年会費(初年度)順ETC年会費(初年度)順
ライフカード
ライフカード
最短3営業日発行無料無料
三菱UFJニコスVIASOカード
三菱UFJニコスVIASOカード
最短翌営業日発送永年無料永年無料
三井住友VISAデビュープラスカード
三井住友VISAデビュープラスカード
最短3営業日初年度無料初年度無料
楽天カード
楽天カード
1週間(通常)永年無料525円(税込み)

おすすめETCカード一覧

カード絞り込み検索

カード検索

カード絞り込み検索

新着記事

PAGE TOP