クレジットカード

携行品損害補償付きクレジットカード3選!海外旅行トラブルに強い充実クレカはこれだ!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

携行品損害は、クレジットカードの付帯保険のひとつです。
主に海外での旅行や出張中に、スマホやカメラが事故で破損したり、盗難で紛失した際に、所定の手続きを行うことで補償が受けられます。
クレジットカードを複数持っている場合には、カードの枚数に応じた携行品損害の請求も可能です。

ジェイアイ傷害火災保険株式会社が発表した2017年度の「トラブルデータ」によりますと、海外旅行保険の事故件数の中で、携行品損害が占める割合は29.9%。
「治療および救援費用」に次いで第2位となっているほどです。
備えあれば憂いなし。要チェックポイントですね。

ここでは、クレジットカードの付帯保険である携行品損害について解説すると同時に、携行品損害保険が付帯されている、おすすめのクレジットカード3枚を紹介します。

参考資料:ジェイアイ傷害火災保険株式会社「トラブルデータ」

クレジットカードの携行品損害の補償対象になるもの!ならないもの!

まずは、クレジットカードの携行品損害の補償対象になるものとならないものを紹介します。

携行品損害補償は、事故や盗難などが原因による、故障や破損の修理や買い替えのための保険です。
意図的な落下や水没などの破損に関しては対象外となります。ご注意ください。

携行品損害の補償対象になるもの

携行品損害の補償対象になるものとして、代表的な品物は以下のとおりです。

・スーツケース
・カメラ
・デジタルカメラ
・ビデオカメラ
・ノートパソコン
・携帯電話
・スマートフォン
・タブレット端末
・時計
・衣服
・パスポート
・航空券
・滞在先にてショッピングした品物

補償対象になる携行品は、カード会社と提携する保険会社ごとに異なる可能性があります。
必ず保険会社に電話連絡した際に、補償対象品としての保険適用の可否を確認してください。

携行品損害の補償対象にならないもの

携行品損害の補償対象外の携行品には、次のようなものがあります。

・現金
・小切手
・運転免許証
・クレジットカード
・定期券
・コンタクトレンズ
・自動車
・オートバイ
・動植物など

サーフィンやスキューバダイビング、スカイダイビングや登山(ロッククライミング含む)などで破損した携行品に関しては、携行品損害の補償は受けられません。
参考資料:エポスカード「保険金をお支払いできないおもな例/携行品損害」

クレジットカードに付帯される「携行品損害保険」の2つのメリット

クレジットカードに付帯される「携行品損害保険」が適用されることで、次の2つのメリットが得られます。

修理や買い替えにかかる費用が補填される

携行品損害の申請には、1事故あたり3,000円の自己負担額がかかりますが、修理や買い替えにかかる費用が補填されます。
例えば30,000円の修理費用が発生した場合、30,000円-3,000円(自己負担額/1事故)=27,000円が保険会社から指定した口座に入金されるということです。

複数枚のクレジットカードの携行品損害保険が併用できる

携行品損害保険を含む海外旅行傷害保険は、複数枚のクレジットカードの補償額を合わせることも可能です。
クレジットカードの携行品損害保険は、自動付帯または利用付帯のどちらかで設定されています。

自動付帯はカードを所持しているだけで補償される保険です。
一方、利用付帯は、現地までの交通費や宿泊費などをクレジットカードで支払うことが条件となります。

仮にカードA(利用付帯)+カードB(自動付帯)の場合であれば、カードA(利用付帯)にて交通費などを精算することで、カードAとカードBの携行品損害保険の限度額が合算されるということです。

2枚目または3枚目のクレジットカードとして、年会費永年無料のエポスカードをおすすめします。
エポスカードは海外の携行品損害保険が自動付帯となっているため、滞在先で使用しなくても、請求をすることで補償を受けることが可能です。

国内旅行におすすめ!携行品損害保険の追加プラン

クレジットカードの携行品損害保険は、基本的に海外旅行が対象です。
国内の旅行や出張の際には携行品損害保険が適用されません。
もしもの場合を考慮して、追加プランを検討することをおすすめします。

例えばJCB一般カードの場合、「トッピング保険・携行品プラン」に加入することが可能です。
日本国内はもちろんのこと、海外での旅行や出張が保険の対象となります。

トッピング保険・携行品プラン 金額
死亡・後遺障害
※交通事故が対象
100万円(最大補償額)
携行品損害
※自己負担3,000円(1事故につき)
30万円(最大補償額)
月払保険料(保険期間1年) 240円

クレジットカードの携行品損害保険の補償金額と請求に必要な書類について

ここからは、クレジットカードの携行品損害保険の補償金額と、補償の請求に必要な書類を紹介します。

クレジットカードの携行品損害保険の補償金額の例

クレジットカードの携行品損害保険の補償金額は、カード会社やカードの種類によって異なります。後ほど紹介する、おすすめカード3枚の携行品損害保険の補償金額を表にまとめてみました。

カード名 携行品損害保険・補償金額(海外/最大)
セゾンブルー・アメリカン・エキスプレス・カード 10万円(携行品1つにつき)
5万円(パスポート、航空券、乗車券)
30万円(保険期間中)
※自己負担額3,000円
JCB一般カード 10万円(携行品1つにつき)
20万円(1旅行中)
100万円(保険期間中)
※自己負担額3,000円
エポスカード 10万円(携行品1つにつき)
20万円(1旅行中および保険期間中)
※自己負担額3,000円

3枚のクレジットカードにて、海外旅行中の携行品1品あたり、10万円が上限補償金額という点が共通しています。

・1旅行中とは、「○泊○日」の間です。
・保険期間は、保険契約を結んだ期間(1年~)が当てはまります。

自己負担額は、1事故および1携行品につき徴収される金額です。
例えばスマホとカメラを同時に落下事故で液晶画面などを破損した際には、(スマホの修理費用-自己負担額)+(カメラの修理費用-自己負担額)が補償金額となります。

携行品損害補償の請求に必要な書類の例

続いて、携行品損害補償の請求に必要な書類を、おすすめカード3枚を例にして紹介します。

携行品損害保険請求・必要書類
セゾンブルー・アメリカン・エキスプレス・カード ・e-ticketの控え
・保険金請求書(保険会社の所定用紙)
・事故証明書(現地にて取得)
・損害品明細書(保険会社の所定用紙)
・損害額を証明する書類
・その他の書類
JCB一般カード ・パスポートのコピー
・保険金請求書(保険会社の所定用紙)
・事故証明書(現地にて取得)
・損害額などを証明する書類(現地にて取得)
・損害品明細書(保険会社の所定用紙)
・損害額を証明する書類
・その他の書類
エポスカード ・パスポートのコピー
・保険金請求書(保険会社の所定用紙)
・事故証明書(現地にて取得)
・損害額などを証明する書類(現地にて取得)
・損害品明細書(保険会社の所定用紙)
・損害額を証明する書類
・その他の書類

携行品損害補償の請求に必要な書類は、パスポート以外は原本が基本です。
「事故証明書」や「損害額などを証明する書類」のように、現地でないと取得できない書類があります。
詳しくは、携行品損害補償の請求の際、カード会社ごとの提携保険会社に問い合わせてください。

携行品損害補償を含む海外旅行傷害保険が充実したおすすめのクレジットカード3選

ここからは、携行品損害補償を含む海外旅行傷害保険が充実した、おすすめのクレジットカードとして、次の4枚を紹介します。

・セゾンブルー・アメリカン・エキスプレス・カード
・JCB一般カード
・エポスカード

セゾンブルー・アメリカン・エキスプレス・カード


セゾンブルー・アメリカン・エキスプレス・カード(以下、セゾンブルーアメックス)は、26歳の誕生日を迎えるまで、年会費無料で持つことができるクレジットカードです。
26歳以上の方は、初年度年会費無料。2年目以降は3,000円(税抜)の年会費となります。

セゾンブルーアメックスのポイントシステムは、有効期限が設定されていない永久不滅ポイントです。ポイント還元率は0.5%。海外では常に2倍(1%)のポイントをプレゼント。
24歳以下の方は、「セゾンクラッセ」の登録後、海外で6倍(3%)のポイントを受け取ることが可能です。貯まった永久不滅ポイントは、JALやANAのマイルなどに交換できます。

セゾンブルーアメックスに付帯する、海外旅行傷害保険と国内旅行傷害保険の内訳を、以下の表にまとめてみました。

海外旅行傷害保険
(自動付帯)
国内旅行傷害保険
(利用付帯)
傷害死亡および後遺障害
(最大補償額)
3000万円 3000万円
傷害・疾病治療費用(最大補償額) 300万円
賠償責任(限度額) 3000万円
携行品損害(限度額) 10万円
(携行品1つにつき)
5万円(パスポート、航空券、乗車券)
30万円(保険期間中)
※自己負担額3,000円
救援者費用等(限度額) 200万円
入院費用(1日につき/180日まで) 5,000円
手術 5,000円×倍率
※倍率は手術の種類ごとに10倍から40倍を適用
通院費額(1日につき) 3,000円
ショッピングあんしん保険
※購入日より120日間
1事故:100万円
年間上限額:100万円
1事故:100万円
年間上限額:100万円

セゾンブルーアメックスの海外旅行傷害保険は自動付帯、国内旅行傷害保険は交通費や宿泊費などをカードで支払うことが条件の利用付帯です。

JCB一般カード


JCB一般カードは、初年度の年会費が無料のクレジットカード。
2年目以降の年会費は1,250円(税抜)です。ただし、「MyJチェック」の登録と年間50万円(税込)以上の利用が確認できた際には、翌年度の年会費が無料となります。

JCB一般カードのポイント還元率は0.5%。海外では2倍(1%)、提携店舗の「JCBオリジナルシリーズパートナー」や、ネットショッピングモール「OkiDokiランド」にて2倍(1%)から20倍(10%)のポイントを受け取ることも可能です。

貯まったOkiDokiポイントは、ANAやJALやデルタ航空のマイルなどに交換できる他、ショッピングの購入代金として使うことができるようになっています。JCB一般カードの付帯保険を次の表にまとめてみました。

海外旅行傷害保険
(利用付帯)
国内旅行傷害保険
(利用付帯)
傷害死亡および後遺障害
(最大補償額)
3000万円 3000万円
傷害・疾病治療費用
(1事故/最大補償額)
100万円
賠償責任(1事故/限度額) 2000万円
携行品損害(限度額) 10万円
(携行品1つにつき)
20万円(1旅行中)
100万円(保険期間中)
※自己負担額3,000円
救援者費用等(限度額) 100万円
ショッピングガード保険
※購入日より90日間
1事故:100万円
自己負担額:10,000円

旅行傷害保険の適用には、「MyJチェック」への登録が必須です。
海外・国内ともに利用付帯となっています。
渡航費用などをJCB一般カードで支払うことが条件です。

エポスカード


エポスカード年会費永年無料で持つことができるクレジットカードです。
提携国際ブランドはVISA。通常デザインの他、「新テニスの王子様」などのカードデザインも選ぶことができます。

エポスカードのポイント還元率は0.5%。マルイなどの提携店舗や、「たまるマーケット」の利用にて、2倍(1%)から30倍(15%)のポイントを獲得するチャンスが用意されています。
貯まったエポスポイントは、ANAやJALマイル、スターバックスやAmazonのギフト券などに交換する他、ショッピングの支払いに充てることが可能です。
エポスカードの海外旅行傷害保険(自動付帯/補償期間最長90日)を以下の表にまとめています。

海外旅行傷害保険
(自動付帯/補償期間最長90日)
傷害死亡および後遺障害(最大補償額) 500万円
傷害治療費用(1事故/最大補償額) 200万円
疾病治療費用(1疾病/最大補償額) 270万円
賠償責任(1事故/限度額) 2000万円(免責なし)
携行品損害(限度額) 10万円(携行品1つにつき)
20万円(1旅行中および保険期間中)
※自己負担額3,000円
救援者費用(1旅行中/限度額) 100万円

エポスカードは海外旅行傷害保険が自動付帯です。2枚めまたは3枚めのカードとして持つことで、携行品損害補償を手厚くすることになります。

おわりに

ここまでクレジットカードの付帯保険の携行品損害の解説と、海外旅行傷害保険が充実した3枚のカードを紹介してきました。
海外への旅行や出張中にてスマホやカメラなどが故障することは、決してあり得ない話ではありません。
万が一を考慮して、手厚い携行品損害補償を含むクレジットカードを作ることで、リスク回避につなげてください。

PAGE TOP