イオンSuicaカード

【ETCカード】イオンSuicaカードのメリットデメリットと詳細&申し込み

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
イオンSuicaカード
ポイントサービス名

ときめきポイント:還元率換算で0.5%

貯まったときめきポイントはSuica(電子マネー)に交換可能

イオングループの対象店舗はポイント2倍

ポイント最大還元率 1.3%
年会費(初年度) 無料
年会費(二年目以降) 無料
ETC年会費(初年度) 無料
ETC年会費(二年目以降) 無料
対応電子マネー

イオンSuicaカードは、イオンカードのラインナップのうち、交通系電子マネーのSuica利用に特化したクレジットカードです。

Suicaを便利に使えるクレジットカードが欲しいとき、JR東日本の「ビュー・カード」のラインナップから選ぶだけでなく、イオンをよく使う人にはこちらの選択肢があるわけです。

イオンSuicaカードの場合、クレジットカードの利用で貯まるポイント(ときめきポイント)を電子マネーSuicaに交換できます

なお、この際の交換は、JR東日本の駅に設置のVIEW ALTTE(ビューアルッテ)でおこないますので、JR東日本のエリアに住んでいない人にはお勧めできないカードです。

北海道・九州にお住まいの方には、「Kitaka」「SUGOCA」との提携イオンカードがありますので、そちらのほうがいいでしょう。

イオンSuicaカードの年会費は無料です。ETCカードは、発行手数料無料、年会費無料で1枚申し込めます

都内の移動は公共交通機関を使うことが多くなるかと思いますが、休日にドライブに出かけることがあるでしょう。

そんな時は、無料で付帯することができるETCカードが威力を発揮します。

常にドライブをしているわけではない方にとっては、日ごろお世話になるイオンSuicaカードに付随しているのは便利でしょう。

もちろん、ETCカードの利用にもときめきポイントは付きます。

ETC自体のマイレージとときめきポイントを経由したSuica電子マネーの同時取得が可能になるのです

都内の生活は、イオンSuicaカードだけで十分ですね。

イオンSuicaカードには家族カードはありませんので、発効してもらえるETCカードは、本人の申し込める1枚となります。

イオンSuicaカードをすでにお持ちの方がETCカードを作る場合

イオンSuicaカードをお持ちならばいつでもETCカードを作れます。

イオンカードの公式サイトから、簡単に申し込めます。

申込みにおいては、氏名、生年月日、連絡先電話番号(全てカード情報に登録してあるもの)と、イオンSuicaカードの券面の内容を入力すればOKです。

発行スピードは速く、最短翌日に送付されます。

後述の、クレジットカードとETCカードの同時申込みより、迅速に届く可能性もあります。

イオンSuicaカードをお持ちでない方が、ETCカードを作る場合

イオンSuicaカードを申し込む際、ETCカードも一緒に申し込めます。

年会費も発行手数料も無料ですので、イオンをそれほど使わない方であっても、ETCカードのためにイオンSuicaカードを申し込むのもいいでしょう。

イオンSuicaカードは、こちらのサイトから申し込めます

運転免許証やパスポート等の、顔写真のある証明書を用意しましょう。持っていない場合、佐川急便でのカード受取りができないため、受取りに時間が掛かります。

顔写真のない証明書は、申込みの段階で身分証明書をアップロードする必要があります。

同時に申し込んだ場合、クレジットカード本体が申込から2週間程度で到着し、その後、1週間程度でETCカードが届く場合が多いようです。

モバイルSuica利用で定期券にも替わる|出張にも旅行にも便利な使い方

交通系ICカードとクレジットカードのコンビカードのほとんどは、定期券としての利用ができません。

オールインワンのカードは表示部分の関係で難しいのです。

イオンSuicaカードも同様ですが、モバイルSuicaを利用することで自分のスマートフォンを定期券の代わりにすることができます。

また、定期券として使わない人もSuicaの残高が不足していると改札を通ることができず、青ざめることもあるでしょう。

しかし、イオンSuicaカードならオートチャージ機能があるため、そのような心配は無用です。

ネット上で新幹線などの予約ができる「えきねっと」を使うこともできるので、遠出をする際に便利です。

更に、切符型の旅行商品で旅行をすると旅行保険が付くのも大きな魅力です。

条件付き(切符旅行商品)とはいえ、年会費無料のクレジットカードに旅行保険がついいていることは少ないのです。

出張先などでレンタカーを使う際、JR東日本では「レール&レンタカーきっぷ」が安くて便利です。

しかし、イオンSuicaカードを使えば、レンタカー料金を「レール&レンタカーきっぷ」同様に割引で利用することができます

レンタカーにはETC読み取り機が付いているので、イオンSuicaカードに付いているETCカードを持参すれば、快適なドライブとときめきポイントを得ることができます。

言うまでありませんが、イオンカードとしてのメリットはもれなく付いています。

イオンSuicaカードの概要

ポイントサービス名

ときめきポイント:還元率換算で0.5%

貯まったときめきポイントはSuica(電子マネー)に交換可能

イオングループの対象店舗はポイント2倍

ポイント最大還元率 1.3%
年会費(初年度) 無料
年会費(二年目以降) 無料
ETC年会費(初年度) 無料
ETC年会費(二年目以降) 無料
対応電子マネー
利用限度額 規定による
キャッシング限度額 千円~300万
ショッピング限度額 会員による
最短発行日 2週間程度
国内旅行傷害保険 最大1000万(切符旅行商品に限る)
海外旅行傷害保険 最大500万
ショッピング保険 年間50万円(1品5千円以上が対象、購入日から180日間補償)
紛失盗難補償制度 紛失・盗難の届け日を含め61日前にさかのぼり規定に基づいて補償
申込資格

18歳以上(高校生不可)で電話連絡可能な方。未成年の方は親権者の同意が必要です。

その他サービス

ネットで新幹線などの予約ができる「えきねっと」

モバイルSuicaにすれば携帯電話が定期券になる

Suicaオートチャージ

イオンカードからの切替申込み可能(一部対象外あり)

カード検索

カード絞り込み検索

新着記事

PAGE TOP