マイル

JALマイルのお得な使い道を徹底研究!マイルを期限切れになる前に無駄なく効率よく使う方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

JALマイルを貯めている方の多くは「JALマイルの使い道は特典航空券!」と考えているのではないでしょうか。

ですがマイルには残念ながら有効期限があるので、期限内に「特典航空券に換えられるマイルが貯まらなかった!」「希望路線が満席で、なかなか予約できない」「しばらく忙しくて旅行は無理」ということも……。なので特典航空券以外の使い方・使い道もしっかりチェックしておきましょう!

一方「たくさんマイルが貯まったので特典航空券以外にも使いたい」という方もいるでしょう。

せっかく貯めたマイルです。期限切れになる前にしっかりと、そして有効に使いたいものです。

そこで今回は、JALマイルにはどんな使い道があるのかを詳しく解説します。じつは特典航空券との交換以外にも様々な使い道があるのです。「そろそろマイルの交換を」と考えている人は、ぜひ参考にしてくださいね。

JALマイルを貯めるからには、特典航空券との交換を狙いましょう!

JALマイルの使い方は大きく別けると「フライトで使う」「その他の特典に交換する」の2種類。

使い道としては、やはり特典航空券が王道でありお得ですが、JALマイルは航空券以外に座席のグレードアップ、JALサイトでの航空券やツアー代金の決済にも利用可。旅関係で幅広く使えるのは、航空会社のマイルならではのポイントです。

次の旅の計画前には、ぜひ一度、マイルのチェックをしてみてください。

JALマイルを使って飛行機に乗ろう! 国際特典航空券や国内特典航空券に換える

貯めたマイルは、JALグループや提携航空会社の特典航空券に使えます。交換に必要なマイル数は行き先・クラス・時期に応じて異なります。

JAL国際線特典航空券への交換

JALマイルを有効活用するなら、やはり国際線特典航空券が一番です。

交換に必要なマイル数は、エコノミークラスなら片道7,500マイル~・往復15,000マイルから。ビジネスクラスやファーストクラスの特典航空券に交換することもできます。

決められた路線と時期に限り、交換に必要なマイル数が最大15,000JALマイル割引がある「ディスカウントマイル」も設定されています。

⇒ 交換に必要なマイル数についてはコチラ
※ただし国際線特典航空券は、マイル交換の他に「燃油特別付加運賃」や「航空保険特別料金」、行き先によっては出入国税、空港使用料をはじめとする税金・料金や各種手数料が必要です。

ちなみに国際線特典航空券は、JAL便を利用するJAL国際線特典航空券に加えて、ワンワールドやJALの提携会社を利用することも可能

JALが加盟するアライアンス「ワンワールド」の航空会社(アメリカン航空やフリテッシュ・エアウェイズ、キャセイ・パシフィックやフィン・エアーなど)は、現在20社を越えるので、その中に利用したい航空会社があったり、JALが運行していない路線の特典航空券を利用することもできます。

⇒ 提携社特典航空券についてはコチラ

JALグループ国内線特典航空券への交換

国内線の特典航空券は、片道(1区間)利用時は通常期6,000JALマイル~・往復12,000マイル~で利用できます。
またクラス J特典航空券は、普通席特典航空券の必要マイル数に1区間JAL2,000マイルを追加したマイル数で交換できます。

⇒ 交換に必要なマイル数についてはコチラ

国内線特典航空券にもディスカウントマイル期間があり、往復10,000JALマイル~・片道5,000JALマイル~と通常期間より少ないマイル数で交換できます。
⇒ ディスカウントマイル期間とマイル数についてはコチラ

また国際線特典航空券の予約が搭乗日の前日から数えて360日前なのに比べ、国内線特典航空券は2か月前から搭乗日4日前まで。

直前でも空席が見つかりやすいという傾向があります。

「早い時期から旅行日程を決められない」「マイルの有効期限がそろそろ切れてしまう」という人は、国内線特典航空券への交換が得策かもしれません。

「どこかにマイル」は、お得+ドキドキ・ワクワクが味わえる、マイルの使い方

「どこかにマイル」は、往復6,000JALマイルで“日本のどこかに行ける”特典。国内線特典航空券は通常往復12,000JALマイルからですが、「どこかにマイル」は、なんとその半分の6,000JALマイルでいいのです!

予約開始は2カ月前からで搭乗日の4日前まで予約可能。

行き先空港は申込み時に4つの候補がランダムに表示され、申込みから3日以内にメールで通知されるシステム。

行き先が決まるまでのドキドキ・ワクワク感も楽しめます。

羽田空港・伊丹空港・伊丹&関西国際空港から飛んでいるJALグループ国内線(直行便)が対象で、行き先は羽田空港から35空港、伊丹空港発からは28空港。関西国際空港発は東京、札幌、那覇、石垣の4路線が対象になっています。

昨夏には那覇空港や鹿児島空港から南の島のどこかに行ける新バージョン
「どこかにマイル 南の島~那覇・鹿児島発~」も誕生。

こちらも交換に必要なマイルは往復で6,000JALマイル

行き先は表示された3つの候補空港の中から決定しますが、なかなか訪れる機会がない南の島へ、お得に行くチャンスです!

沖縄(那覇)空港からは、奄美大島・沖永良部・与論・南大東・北大東・久米島・宮古・石垣・与那国。
鹿児島空港からは、種子島・屋久島・喜界島・奄美大島・徳之島・沖永良部・与論が設定されています。

「どこかにマイル」は羽田空港、伊丹空港、関西国際空港、那覇/鹿児島発着の離島路線のみに限るのが難点ですが、通常必要なマイル数の半分のマイルで国内旅行を楽しめるのはとっても魅力的です。

⇒ 「どこかにマイル」公式サイトはコチラ

JAL国際線の座席をマイルでワンランクアップグレード

「JAL国際線アップグレード」は、マイルを使ってJAL国際線の座席を、手持ちの航空券よりワンランクアップできる特典です。

対象はJALが運航する国際線で、他社運航コードシェア便はご利用できません。

必要マイル数は以下の通りです。

エコノミークラス → プレミアムエコノミークラス 片道9,000~20,000JALマイル
プレミアムエコノミークラス → ビジネスクラス 片道12,000~33,000JALマイル
ビジネスクラス → ファーストクラス 片道25,000~48,000JALマイル

たとえば日本からヨーロッパの片道なら、プレミアムエコノミーへは20,000JALマイル、ビジネスへは33,000JALマイル、ファーストへは48,000JALマイルでアップグレードできます。

ただし、エコノミークラスからファーストクラスへはアップグレード不可。

つまりグレードアップできるのは手持ち航空券のひとつ上のクラスまでで、利用できるのは搭乗を希望するクラスに空席がある場合のみです。

国際線のアップグレード特典の必要マイル数は、特典航空券との交換に比べ1/3程度と少ないので、かなりお得な使い道。

ただしアップグレードには対象となる運賃での利用が必要で、旅行会社のツアー扱いの航空券や割引運賃の航空券は対象外。特典航空券も残念ながら対象外です。

エコノミークラスでも普通運賃に近いアップグレード対象航空券でないとこの特典は享受できないのでご注意を!

現在、「JAL国際線アップグレード特典 空港当日申し込みサービス ディスカウントキャンペーン」(2020年3月末)が開催中。

その名のとおり、搭乗便出発空港での搭乗手続きの際に申し込める特典ですが、通常より少ないマイル数でアップグレードできます。

⇒ 「JALアップグレード特典」詳しくはコチラ

⇒ 「JAL国際線アップグレード関連マイル早見表」

JALマイルを使った国内線の座席アップグレードは、クラスJと呼ばれる機内前方にある少し広い席の利用です。

国内線特典航空券を予約する際に「クラスJ」を選択します。どの路線も1区間(片道)2,000JALマイル追加で利用できます。

e JALポイントやJALクーポンに交換すれば航空券やツアー購入に使えて便利

JALが発行するポイントやクーポンには、「JALクーポン」「e JALポイント」のふたつがあります。

「JALクーポン」とは、JALグループの航空券やツアー、機内販売、提携するホテルや温泉旅館、提携飲食店、成田・羽田空港の免税店、空港送迎サービス代金の一部または全額の支払に利用できる紙のクーポン券のこと。

旅関係に幅広く使えるのは、さすが航空会社ならではです。

交換に必要なマイル数は10,000JALマイルで、交換単位は10,000JALマイル。

10,000JALマイル=JALクーポン2,000円券×6枚(12,000円相当)になります。

有効期限は引換申込受付日の翌月から起算して13カ月後の月末まで。

ただし旅行会社や旅行社経由(インターネット予約サイト、WEB系の旅行会社含む)での予約の支払いには利用できないので注意してください。

そして、JALクーポンに比べて交換比率や有効期限の面で優れているのが、e JALポイント。

「e JALポイント」は、JALホームページでのJALグループの航空券やツアー代金、JAL国際線特典航空券に含まれる税金の一部または全額の支払いに利用できる電子マネー。1ポイント=1円相当として使えます。

交換に必要なマイル数は5,000JALマイルで、交換単位は5,000JALマイル。

5,000JALマイル=5,000eJALポイント。10,000JALマイル=15,000eJALポイントからは5,000JALマイル単位で交換できます。

一度に10,000JALマイルを交換した場合は、1.5倍になるのでJALクーポンより交換比率が高くなります。

有効期限は特典交換を行った日の12カ月後の月末ですが、マイル交換によるポイント追加で有効期限の更新が可能。その際、有効なe JALポイント残高すべての有効期限が延長されます。

つまりeJALポイントは年に1回、マイル交換を行えば、そのつど有効期限が伸びるので、実質無期限で使えるようになる!これは大きなメリットです。

JALのポイントやクーポンの賢い使い方としては
・貯めたマイルを使って旅行をしたいけど、旅の予定を決める前に期限が切れてしまう
→旅関係にいろいろ使えるポイントやクーポンに交換し、有効期限を12~13カ月伸ばしてから、じっくり旅の計画を練る。

・特典航空券を利用したいけれど、希望の便に空席がない
→同便で一般の空席があればJALクーポンやeJALポイントで航空券を購入する。
ということもできます。

またJALクーポンとeJALポイントは保有している人の配偶者と2親等以内の親族、義兄弟姉妹の配偶者まで利用できるので、家族の航空券やツアー代金などに使うことも可能です。

日常で使えて暮らしに役立つ各種ポイントやギフトに交換

飛行機に乗る予定がまったくないけどJALマイルが貯まっているという人は、他のポイントや特典に交換するのが得策です。

JALマイルには多種多様な交換先があって、その利用範囲の広さも魅力のひとつ。そこで電子マネーや提携企業で使えるクーポンなど、多くの人が日常的に使える交換先をピックアップしてみました。

WAONへの交換(10,000マイル~)

WAONはファミリーマート、マクドナルド、イオンのお店など全国のWAON加盟店で使える電子マネー。JALマイルをWAONに交換するにはJMB WAONカード(年会費無料)の発行が必要ですが、WAONカードがあればJALマイルを使うだけでなく効率よく貯めることができます。

交換単位10,000JALマイルで、10,000JALマイル=10,000WAONポイント。

10,000JALマイル=11,000WAONポイントにアップするうれしいキャンペーンも度々開催されています。

Pontaなど提携会社のポイントに交換するパートナー特典(3,000マイル~)

JALマイルは、WAON以外にもPontaやビックカメラポイント、dポイント、Amazonギフト券など日常的に使える電子マネーに交換することができます。

代表的なモノは以下のとおり。
[dポイント] 交換換単位10,000JALマイル/10,000JALマイル=10,000dポイント
[Amazonギフト券] 交換単位10,000JALマイル/10,000JALマイル=10,000円
[Ponta] 交換単位1,000JALマイルで、3,000~9,000JALマイル交換可/1JALマイル=0.5ポイント、10,000JALマイル=10,000ポイント
[ファミリーマート] 交換単位10,000JALマイル/10,000JALマイル=10,500円
[モスカード] 交換単位10,000JALマイル/10,000JALマイル=10,000円
[ユニバーサルスタジオ]7,000JALマイル=ワンデイパス1枚
[イオンシネマ]10,000JALマイル=映画鑑賞チケット8枚+ポップコーンチケット8枚

「JALミニマイル特典」なら2,000マイルから交換できます(2,000JALマイル~)

「JALミニマイル」は、期間限定で少ないマイル数から交換できる特典

現在は2,000JALマイル、3.000JALマイル、9,000JALマイルの3つのマイル数に合わせて、品物や電子クーポンがラインナップしていますが、キャンペーンなどでより少ないマイル数で交換できることもアイテムも随時登場。

特典内容は月によって変更されますが、1か月の申し込み件数には上限があって、限定数に達した場合は受付終了となるので注意が必要です。

⇒ 特典内容の詳細はコチラ

ほかに2000JALマイルで交換できるものとして、ちょっと面白いのが「自治体ポイント」。1ポイント=1円として、地域の商店・商店街での商品購入、公共施設の利用料、オンラインでの物産の購入などに利用できます。

⇒ 自治体ポイントについてはコチラ

「JALとっておきの逸品」では、100を超えるアイテムから欲しいモノをチョイス(10,000JALマイル~)

「JALとっておきの逸品」はJALマイルを好みの商品に交換ができるサービス。日本や世界各地の食品、ビジネスや旅行をサポートするアイテムなど100を超える商品があるので、欲しいものがきっと見つかるはずです。

グルメ(食料品)、リカー、レディース(婦人雑貨)、ホーム(家庭用品)、ビジネス・トラベル、ヘルス&ビューティ、ホビー&スポーツ、体験ギフトの8カテゴリーがあります。

交換単位は10,000JALマイルからで、商品により必要マイル数が異なります。

期間限定商品に加えて、毎月1日には数量限定商品が登場するので、マイル交換を考えている人は、月初めにチェックするのがおすすめです。

使い道が見つからない時はマイルを寄付という選択も(500JALマイル~)

有効期限を考えると中途半端に余ってしまったマイルは、そのまま無駄にするのではなく寄付するという選択もあります。

「JALチャリティマイル」は500JALマイルから、「JALネクストアスリートマイル」は2,000JALマイルから寄付できます。

JALマイルを効率よく貯めて賢く使うならJALカードは必須のカード

JALマイルを貯めるには、やはり日本航空グループが発行するクレジットカードであるJALカードがあると便利。とくにマイルを貯めて特典航空券での旅行を目指すなら、JALカードは必要不可欠とも言えます。

JALカードにはカード利用時の「ショッピングマイル」以外に、JAL便に乗るたびに通常のフライトマイルに加えて、フライトマイルの最大25%の「フライトボーナスマイル」が付きます。

また毎年、「初回搭乗ボーナス」、「継続ボーナス」などもあり!さらにJALカード会員限定のサービスや特典も用意されています。

今ならJALカードを作ると最大1万マイル以上をもらえるキャンペーンが開催中。

JALカード会員限定交換特典は賢く上手に利用しましょう

JALマイルを賢く使う方法として「JALカード会員限定交換特典」があります。

その1.
JALカード割引として、国内・国際特典航空券必要マイルが割引に!
特典航空券を予約する際、JALカード保有者は往復でディスカウントマイルよりさらに500JALマイル少ないマイルで予約ができます。
4~6月、12月~2月と期間限定ですが、たとえば東京⇔札幌(往復) 通常15,000JALマイル→ディスカウントマイルで12,000JAL→JALカード会員限定交換特典で11,500JALマイルになります。
※割引は往復での予約のみで、片道予約は対象外。

その2.
JALマイルをeJALポイントに交換する際の最小マイル数5,000JALマイルが、JALカード会員なら、3,000JALマイル=3,000ポイント(3,000円相当)から、3,000マイル単位で交換できるキャンペーンを実施中(期間:2020年3月31日まで)。
期限切れが理由でマイル交換を考えている人にはうれしい会員特典です。

ちなみにJALカードの年会費はJALマイルでの支払いが可能(一部、適用外のカード有)。これもJALマイルの使い道のひとつとですね。

JALカードの選び方とそのポイント

JALカードは4つの種別と豊富な提携ブランドがあり、どれがいいのかなかなか判断がつかないという人も多いはず。選ぶポイントはカードを作る目的や自分の生活習慣。どんな時にどんな場所でクレジットカードを使いたいかを考えて選ぶことです。

JALカードおすすめベスト3とその理由


まずは「JAL普通カード」基本的な機能とサービスを提供するスタンダードなカード。

初年度は年会費が無料なので、まずはJALカードの使い勝手を試してみたい、これからJALマイルを積極的に貯めたいという人には、このカードがおすすめです。

年会費=2,160円 家族会員:1,080円 ※入会後1年間 年会費無料
入会搭乗ボーナス=1,000JALマイル
毎年初回搭乗ボーナス=1,000JALマイル
ご搭乗ごとのボーナス=フライトマイルの10%プラス
ショッピングマイルは通常200円=1JALマイル

普通カードよりご搭乗時の獲得マイル数アップ、付帯保険も充実したのが「JAL CLUB-Aカード

普通カードに比べて年会費は割高ですが、飛行機に乗る機会が多い人、クレジット利用が多い人なら、マイルがどんどん貯まるので充分元が取れます。

本会員=10,800円/家族会員:3,780円
入会搭乗ボーナス=5,000JALマイル
毎年初回搭乗ボーナス=2,000JALマイル
ご搭乗ごとのボーナスフライトマイルの25%プラス
ショッピングマイルは100円=1JALマイル

ショッピングマイルは年会費が3,240円かかる「JALカードショッピングマイル・プレミアム」に無料で自動入会となるので、100円=1JALマイルとショッピングマイルが普通カードの2倍になります!

またJAL CLUB-Aカード特典のひとつに「JALオリジナルカレンダー」のプレゼントがあり、カレンダー不要の場合はe JALポイント500ポイントを選択可能。つまりCLUB-Aカードなら、e JALポイントを実質無期限にすることができます。

最後に紹介するのは「JALカードSuica
JAL普通カードの提携カードのひとつで、“空のJALカード”と“陸のSuica”がひとつになり、貯めたマイルは飛行機にも電車にもバスにも使える便利なカードです。

Suicaのオートチャージも使え、貯まったJALマイルをSuicaにチャージすることも可能です。JALカードのサービスに加えてビュー・スイカJCBカードのサービスも利用できます。

年会費=2,160円 家族会員:1,080円 ※入会後1年間 年会費無料
入会搭乗ボーナス=1,000JALマイル
毎年初回搭乗ボーナス=1,000JALマイル
ご搭乗ごとのボーナス=フライトマイルの10%プラス
ショッピングマイルは通常200円=1マイル

JALマイルの使い道についてまとめ!

JALマイルの一番お得な使い方・交換先は、以下の順。

1.国際線特典航空券
2.国内線特典航空券 ※「どこかにマイル」も含む
3.eJALポイント
4.提携ポイントとの交換

JALマイルの数多くある使い方の中でも、やはりお得なのは特典航空券との交換。とくに国際線の上位クラスなら貯めたマイルの価値は一気に上昇します。

国内線は国際線特典航空券と比べると少しお得さは落ちますが、必要マイルが少なく予約も取りやすいので、まずは国内線特典航空券を狙うというのもいいでしょう。忙しい人や前もって休暇を確定させることが難しく、なかなか特典航空券は使いづらいという場合は、e JALポイントへの交換もおすすめです。

日常的に使える提携ポイントとの交換もマイル活用法のひとつ。JALマイルのお得な使い道はあなた次第! 様々な特典の中から目標とする使い道を決めて、あれこれ計画するのもマイルを貯めていく楽しみです。

カード絞り込み検索

記事検索

カード検索

カード絞り込み検索

新着記事

PAGE TOP